TwitterはこちらInstagramはこちら

高級魚アマダイの釣り方【アマダイ入門】

釣り

こんばんは!しばらく更新ペースを落としていましたがまたボチボチ更新していきます。

まだまだネタは尽きません。

今回は筆者も好きな魚種のお話です。

スポンサーリンク

高級魚アマダイを釣ってみよう!

アマダイの中でも幻のシロアマダイ

日本海などではグジと呼ばれる高級魚のアマダイ。その味は白身の中でもとても上品で塩焼きなどは最高に美味しい魚です。

個体の数は多く無くたくさんは釣れませんがしっかり基本を押さえておけば遊漁船でしっかり釣れます。

本記事では日本海メインでのアマダイの釣り方を紹介していきます。

レンタルボートなどの釣りでも応用ができると思いますので是非参考にしてみて下さい!

以下はレンタルボートの記事です↓

アマダイってどんな魚?

かわいい…。

ちょっと変わった見た目をしていてつぶらな瞳が可愛らしい魚です。味、価格共に高級魚の位置付けで扱われています。種類もアカアマダイ、シロアマダイ、キアマダイといますが釣りの対象魚となるのはほとんどがアカアマダイです。水深30~150m程の砂泥帯に生息しています。

アマダイ釣りの道具

天秤仕掛けがスタンダード

高級魚アマダイを釣るには特別高価な道具は必要有りません。ただ、出来るだけ最適なものを選んでおく事でゲットできる確率はアップです!是非、参考にして下さい。

ロッド

ロッドは2m前後で60号程のオモリが扱い易いものが良いでしょう。胴調子よりは先調子の方が向いている釣りです。船竿全般なら割と何でも可ですが紹介したライトゲームのモデラートは様々な釣りに使用できるので特におすすめ!150号まで対応できる汎用性の高さで筆者も色んな船釣りはこれ1本ですね。メインはアンダーベイト、船タチウオ、そしてこのアマダイ釣りに使っています。

他にはタチウオ用の竿なんかもおすすめですね!

リール

日本海では比較的重ためのオモリを使用する事が多いので回収時に楽な電動リールが特に良いです。

シマノのフォースマスター400は電動最軽量で巻き上げパワーも十分♪電動であればこの機種が良いです。

高くて買えないよという方は手巻きの軽量ベイトリールでも対応可能ですよ!

PEラインは2号を200m程巻いておきましょう!

仕掛け

基本的には天秤仕掛けで胴突仕掛けを使用する事も有ります。天秤は30cm程度のもので十分です。

エサ

餌はオキアミはが定番。尾羽を切って尻尾から刺します。できるだけ真っ直ぐ刺しておく事で海中で回転するのを防止しましょう。

アマダイの釣り方

雨でも嬉しい1匹

基本の釣り方を忠実に行っておけば割と簡単に釣れます!以下で解説しますので是非参考にして下さい。

誘い方

仕掛けの着底が判ればゆっくり竿を大きく上げます!上げる所まで上げたら竿をスッと下げてオモリが勢い良く落ちる様にします。ストンと落ちたオモリが海底で砂煙を捲き上げるイメージでこの操作を行います。

この砂煙が重要でアマダイはこれに興味を持って近づいてくる性質がありますのでこの動作をしっかりマスターして繰り返し行いましょう。

アワセから釣るまで

アタリは先程述べた動作でゆっくり竿を上げる時にコツコツっと小さなアタリがでる場合が多いです。ここでしっかりアワセを行いましょう。思っているよりしっかりアワセないと天秤仕掛けでは仕掛けに力が伝わりにくく掛かりませんので!

魚が掛かればゆっくり巻き上げましょう♪ めちゃくちゃ引きは強くはありませんが大きく首を振っている感じがすれば多分アマダイです。

難しい釣りではありません!

3~4匹釣れればまずまずか

釣り自体はそんなに難しくありません。ただ、本命の個体数が少なく数が釣りにくいのは事実です。紹介した基本の動作を行っていれば本命のゲット率は上がりますので是非試して下さい。

キダイも美味しい

また、外道が結構釣れるので退屈はしない釣りです。外道の種類としてキダイや根魚類、イトヨリなどどれも美味しい魚なのでこちらの釣りも楽しんじゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました