TwitterはこちらInstagramはこちら

【リール】イカメタルリールの選び方とおすすめのスピニングリール3選・ベイトリール3選を紹介!

イカメタル

イカメタルでたくさんイカを釣るには適切なリール選びが重要です。

本記事では元釣具屋の筆者がイカメタルのリールの選び方とおすすめの機種を厳選して紹介します。

ぜひ、リール選びの参考にしてください!

スポンサーリンク

イカメタルリールの選び方

イカメタル ベイト スピニング

イカメタルではスピニングでもベイトでも釣れます。

それぞれのメリットを把握した上で必要なものを選びましょう。

スピニングリールのメリット

イカメタル スピニング

イカメタルリールでスピニングを使用するメリットは「フォールが速い」、「遠投性能が高い」、「レバーブレーキも採用できる」の3つです。

以下で詳細をみていきましょう。

仕掛けを沈めるのが速い

スピニングリールは構造上ベールを開けて糸をどんどん送れるので、抵抗が少なく仕掛けを沈めるのが速くなります。

特に軽い鉛スッテを使用する時に便利。

遠投性能が高い

ベイトリールと比較するとキャスティングしやすく、遠投性能も高いです。

少し投げる必要がある中オモリ(オモリグ)の釣りや遠投して探りたい時にはスピニングがおすすめ。

レバーブレーキリール

イカメタル レバーブレーキ

レバーブレーキリールであればローターの逆転を使ってラインをコントロールできるので、テンションフォールや誘い下げなどさまざまなアクションができます。

レバーブレーキリールは高額なモデルも多いですが、イカメタルを面白くしてくれるので超おすすめです。

ベイトリールのメリット

イカメタルでベイトリールを採用するメリットは「巻き上げ力が高い」、「糸の出し入れがスムーズ」、「カウンター付きリールが採用できる」の3つです。

以下で解説していきます。

巻き上げ力が高い

ベイトリールはハンドルの回転方向とスプールの回転方向が同じでパワーロスが少なく、巻き取り力が高い特徴があります。

重たいスッテを使う場合、深場での巻き取りなどに便利です。

糸の出し入れがスムーズ

クラッチを切るだけでラインを放出でき、ハンドルを巻くとクラッチが上がるのでスピニングリールよりテンポよくラインコントロールできます。

細かいタナの操作におすすめです。

カウンター付きリール

イカメタル カウンター

イカメタルには必須と言ってもよいくらいにカウンター付きリールは便利です。

釣れたタナの再現が簡単にできるので、連続ヒットに持ち込みやすく、釣り慣れていない初心者の方には特におすすめです。

サイズ(番手・糸巻き量):スピニングリール

イカメタル スピニング サイズ

スピニングリールのサイズは2500〜3000番サイズのものを選びましょう。

0.6〜0.8号のPEラインが200m以上巻き取れて、ケンサキイカとのやりとりにも十分な巻き上げ力があるサイズです。

大きなリールは重くて操作性が悪いため、おすすめではありません。

サイズ(番手・糸巻き量):ベイトリール

イカメタル ベイト サイズ

ベイトリールのサイズはシマノでは100〜200番程度、ダイワでは100〜150番程度を選びましょう。

スピニングと同じく小型で軽量なものがおすすめです。

ハンドルは長めのものが巻きとりやすいです。

ギア比

ギア比はハイギアモデル(H・XH・HG・XGなど)がおすすめです。

1回転あたりの巻き取り量が多い高めのギア比は、いろんな層を探っていくイカメタルで有利です。

巻き取りが思いデメリットはありますが、大型のケンサキイカでなければ気になるレベルではありません。

おすすめのスピニングリール3選

イカメタル スピニング おすすめ

スピニングリールでおすすめのモデルを3機種厳選しました。

筆者が釣具店に勤務していた時はリールの仕入れもしていましたので、その辺のランキング記事よりは信用してもらって大丈夫です。

【シマノ】エクスセンスLB C2000MDH

レバーブレーキタイプの上級機種です。

コンパクトなボディで操作性は抜群、レバーブレーキで多彩なアクションを演出できます。

上級者には超おすすめのモデルです。

セフィアSS C3000SDH HG

ダブルハンドル仕様のエギング専用モデルです。

軽量なローターのおかげで回転は軽く、防水性能が高いため、潮噛みを防ぎ回転性能を維持します。

ドラグは瞬間的にドラグ力を変えられるラピッドファイアドラグ採用で大型イカの引きにも対応。

【ダイワ】レブロス LT3000S-CH-DH

リーズナブルな価格帯の入門モデルです。

低価格ながらかなり軽量なリールで操作性は抜群です。

1万円以下のイカメタルスピニングリールを探しているならこれ1択です。

おすすめのベイトリール3選

イカメタル ベイト おすすめ

ベイトリールでおすすめの3機種を厳選しました。

カウンター付きリールがメインです。

【ダイワ】ティエラ 100XH

カウンター付きベイトリールの上級モデルです。

軽量な素材を採用されていて自重はカウンターリール最軽量の165g!

少し値段はしますが、とにかく軽いカウンターリールを求めている方はこのモデルがおすすめです。

【シマノ】バルケッタプレミアム 150DHXG

フォールレバー搭載の高機能カウンターリールです。

レバーを調整することでスッテのフォールスピードを微調整してスローフォールで誘えます。

イカメタルはもちろん、タイラバやライトジギングにもおすすめの1台です。

【シマノ】グラップラーCT 150HG

軽量なカウンターリールです。

ロングクランクハンドル採用で楽な巻き取りが可能です。

必要十分な機能と軽さのリールで、2万円の予算で迷うならこのリール1択です。

適切なリールでイカ釣りを楽しもう!

遠投などや軽いスッテを手返しよく扱うにはスピニング、タナを把握し丁寧に探るならカウンター付きのベイトリールを選びましょう。

釣り方にあった適切なリールを選べばよい釣果に繋がりますよ!

ぜひ、本記事を参考にして自分にあったリールを選んでください。

イカメタルの釣り方やその他の道具については別記事でまとめていますのでこちらも参考にしてください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました