TwitterはこちらInstagramはこちら

【海上釣堀入門】脈釣り(ズボ釣り・探り釣り)の適切な道具選びと釣り方を紹介!

波止釣り
スポンサーリンク

海上釣り堀では半遊動のウキ釣り仕掛けを使用するのが一般的ですが、ウキを使わないミャク釣りと呼ばれる釣り方も有効です。

ズボ釣りや探り釣りとも呼ばれ、オモリを打たないもしくは軽めのガン玉などを使用し、エサをゆっくり落として、ウキ釣りに反応しないような個体を狙います。

本記事ではミャク釣りに必要なアイテムと簡単な釣り方などを解説。

海上釣堀でミャク釣りをしてみたい方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

海上釣堀の脈釣りって?

海上釣堀 脈釣りとは

脈(ミャク)釣りはウキを使用せずエサの重さだけで、もしくはオモリの重みでゆっくりエサを落とし込んで魚を狙う方法です。

活性が低い個体や上から落ちてくるエサにしか反応しない個体に有効で、ウキ釣りよりもイケスの際を探りやすいのも特徴。

ズボ釣りや探り釣りとも呼ばれていて、厳密な境界線はなく呼び方には地域差もありますが、ズボ釣りは重たいオモリを使用してぶっ込み釣りのように置き竿で魚を狙う方法、探り釣りは置き竿にしない方法を指す傾向があります。

脈釣りのメリット

海上釣堀 脈釣り メリット

ウキ釣りとは異なるアプローチができる脈釣りのメリットを確認しておきましょう。

強みを知っておけば適切な場面で使用できます。

繊細なアタリがとれる

脈釣り アタリ

穂先部分でアタリをとるため、わずかなアタリでも違和感を感じてアワセられます。

ウキやクッションゴムなど余分なアイテムを使用しない分、アタリがダイレクトにでやすいです。

慣れるとラインの変化で、喰い上げや居食いなどウキ釣り仕掛けではとりにくかったアタリが取れますよ。

探れるタナが広い

脈釣り タナ

ウキがないため、水面から底まで自由に探れます。

釣れるタナが頻繁に変わる状況ではかなり有利。

表層などで見えている魚を狙う見釣り(サイトフィッシング)もやりやすいです。

低活性な個体に有効

脈釣り 喰いこみ

脈釣りでは、上からゆっくり落ちてくるエサを自然に演出できます。

ウキ釣りと比べてナチュラルな状態になるので、スレた個体に有効。

一定のレンジにあるウキ釣りの仕掛けよりも見切られにくいです。

ウキや重量のあるオモリなど余計な小物が付いていないため、魚の喰い込みもよく、吸い込みが弱い低活性な個体を狙う場合にも有効。

脈釣りのデメリット

海上釣堀 脈釣り デメリット

脈釣りにはデメリットもあります。

以下の点に注意しておきましょう。

慣れが必要

脈釣り アタリ

穂先でアタリをとるタイミングは慣れないと難しいです。

掛け損ねないように常に穂先に集中しなければなりません。

手返しが悪い

脈釣り 手返し

ボトム付近や釣れるタナが決まっている場合は、手返しが悪くなります。

特に軽いオモリを使用している場合は沈むまで時間がかかるため、効率の悪い釣りを展開してしまう点に注意。

釣れるタナが把握できている場合は、重めのオモリなどで速く落とし込み、釣れるタナの少し前からブレーキをかけて誘い下げましょう。

根掛かりに注意

脈釣り 根掛かり

ミャク釣りは根掛かりしやすい釣りです。

仕掛けを沈め過ぎるとイケスのネットに掛かるため、注意してください。

タナ取りオモリとラインのマーキングなどで、あらかじめイケスの水深を把握しておきましょう。

海上釣堀の脈釣り(ズボ釣り)タックル

海上釣堀  ミャク釣り タックル

ミャク釣りに必要な道具を解説します。

タックルはウキ釣りよりシンプルです。

ロッド

海上釣堀ミャク釣り専用ロッドがおすすめです。

穂先が繊細でアタリがとりやすく、短めで操作性が高い設計になっています。

専用ロッドでなくてもできますが、ウキ釣り用と2タックル用意しておいて使い分けるのがおすすめです。

tsuki
tsuki

大阪漁具の海上釣堀脈釣FGはリーズナブルで入門におすすめ。アタリも十分に判るモデルです。

脈釣りに適したロッドの選び方やおすすめロッドに関しては、以下もぜひ参考にしてください↓

リール

リールは、フォール中のアタリがとりやすいベイトリールがおすすめです。

クラッチを切ってでフォール、サミングしながら仕掛けを落としこめます。

細かいタナを把握でき、ヒット時の再現性を高められるカウンター付きリールが特におすすめです。

tsuki
tsuki

シマノのバルケッタBBもしくはダイワのスパルタンICあたりがリーズナブルでさまざまなライン長の入力ができるため、おすすめです。(電池交換も可)

リールの選び方やおすすめリールは以下↓

ライン

フロロカーボンの2〜3号程度がおすすめです。

鈎を結ぶだけで仕掛けができるため、すぐに準備できます。

フロロカーボン以外ならPEラインの1〜2号程度にフロロカーボンのリーダー3〜4号を1ヒロ(約1.5m)結束しておきましょう。

tsuki
tsuki

グランドマックスFXは筆者もさまざまな釣りのハリスやリーダーに使用しています。結束強度がほんとに強いです!

仕掛け・おすすめアイテム

海上釣堀 脈釣り 仕掛け

基本の仕掛けはハリスとハリ、エサだけで釣りができます。

エサ取りが多い場合や底を狙う場合は中通しオモリやガン玉を打って仕掛けの落ちるスピードを調整しましょう。

以下おすすめアイテムを集めました↓

【ささめ針】海上釣堀 脈釣り用

脈釣り用の仕掛けです。

掛かりよく、シラサエビなどの活きエサに使いやすい中軸のソイメバルを採用。

50cmと短めな全長設定で、絡みにくく使いやすいです。

【ささめ針】カン付き海上釣堀 ケイムラ RK-11

カン付きタイプのフックで結束に便利。

素早く結べるため、時合いも逃しません。

【フジワラ】ゴムコートガン玉

ゴムコートでハリスへのダメージを軽減します。

ズレにくい点も便利です。

脈釣り(ズボ釣り)の釣り方

海上釣堀 脈釣り 釣り方

脈釣り(ズボ釣り)の釣り方を解説します。

基本のポイントをおさえておきましょう。

タナ取り

釣りを始める前にタナ取りオモリでイケスの水深を把握しておきましょう。

イケスのネットにハリが掛かるトラブルを防止できます。

誘い

基本は仕掛けをゆっくり落とし込むだけです。

底ギリギリまで沈めてアタリがなければ上から探り直しましょう。

釣れているタナがあれば、しばらく同じタナで待っているのも有効です。

アタリ・アワセ

アタリは仕掛けを落とし込んでいる最中に発生することが多いです。

落とし込んでいる最中にラインの動きが止まるアタリ、穂先に伝わるアタリなど違和感を感じたらアワセましょう。

穂先のアタリはさまざまなアタリ方があるため、判断が難しいですが、慣れないうちはあまり速合わせせずに竿が引き込まれるまで待ってからアワセましょう。

やりとり

ミャク釣り用ロッドは短くタメが効かないのと、ベイトリールもスピニングと比較するとドラグ性能が劣るため、慎重なやりとりを心掛けましょう。

できるだけドラグは締めすぎないようにして、急な突っ込みによるラインブレイクに対応できるようにしておいてください。

ウキ釣りで釣れないなら脈釣りの出番!

繊細な仕掛けの脈釣りはウキ釣りより魚に与える違和感が少ないため、魚がよく反応する場合があります。

もちろんウキ釣りがよく釣れる場合もありますので、状況に応じて使い分けましょう。

ウキ釣りで狙う海上釣堀の釣り方などについては別記事でまとめていますので、ぜひ以下記事も参考にしてください↓

tsuki
tsuki

にほんブログ村ランキングに参加しています。

これからもより質の高い記事の更新を目指しますのでクリックで応援宜しくお願い致します↓

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました