TwitterはこちらInstagramはこちら

タチウオジギングの釣り方【ジギング入門】

釣り

今回はジギング入門にも最適なタチウオジギングについて紹介していきます。獰猛なタチウオはバイト数も多く本格的なジギングと比較するとアタリも多い為、初心者の方でも楽しめます。

スポンサーリンク

タチウオジギングって?

そのままですがジギングでタチウオを狙う釣り方です。本格的なジギングと比較するとライトタックルで楽しめます。大阪湾ではシーズンも長く多くの釣り人に親しまれている釣り方です。

タチウオは個体数も多く比較的数釣りが楽しみ易い釣りです。とは言えタチウオ特有の難しさもあります。

タチウオは捕食が下手でフッキングさせるのが難しい、そして牙が凄いのでリーダーなどを簡単に噛み切っていく厄介者。

こんなタチウオを攻略する為に進化していったのが”タチウオジギング”です。

タチウオジギングのタックル

ライトジギングにタチウオ対策を施したものです

タチウオジギングの仕掛けはこんな感じです。

基本は通常のジギングと変わりませんがタチウオ攻略の為に少し工夫が必要です!

ロッド

ロッドは専用のロッドが販売されています。専用ロッドの特徴として通常のジギングロッドよりかなり柔らかです。タチウオ自身の捕食が下手な為、ジグが動き過ぎる硬いロッドより柔らかめのロッドが良いです。

その他はライトジギング用のロッドやタイラバ用のロッドでも代用可能です。

リール

リールはフォール中のアタリも多い為、フォールのアタリがとりやすいベイトリールがおすすめです。

タチウオのヒットしたタナを把握しておくにはカウンター付きリールも良いでしょう。グラップラーCTのロングハンドルとフォールレバーによる誘いもできるのでタチウオジギングならコレですね!

PEライン・リーダー

PEラインは1.5号〜2号程度を200m以上巻いておきましょう。タチウオの歯によるタカ切れ対策の為、多めに巻いておくのを意識して下さい。

リーダーのタチウオ対策

リーダーに関しては前述した通り牙が凄いので8号以上を接続します。細めのリーダーを接続しているならその先に30cm程度太めおリーダーをセッティングするダブルリーダーもおすすめです。

もしくはワイヤーリーダーという選択肢もあります。フロロカーボンのリーダーと比べて圧倒的に切れにくいというメリットと食いが悪くなる、ジグの動きが悪くなるというデメリットもあります。

ジグ

ジグは地域にもよりますがメインで筆者よく釣行する大阪湾では150g前後です。

カラーはタチウオ専用のジグでは夜光(グロー)が入っているものやパープル系が定番です。もちろん一般的なジグのカラーでも釣れますよ。

アシストフックのタチウオ対策

アシストフックに関してもタチウオ対策を施す必要があります。

通常のアシストラインでは切られるリスクが高いのでワイヤーを採用している専用のものをセットします!

リアフックはトリプルフックを

リアフック(後ろ側の鈎)にはトリプルフックをセットしておきます。タチウオは捕食が下手ですのでトリプルフックで引っ掛けて釣ってしまおうという事です。

タチウオジギングの基本操作

次は釣り方について。タチウオ釣りでは激しいアクションは必要ありません。ジグを下ろしたら巻き上げて止めるを繰り返しているだけでもアタリがあります!

また何度かジャークをして止めるパターンでもOKです。

アタリがあったタナを把握

アタリがあったタナはできるだけ正確に把握しておくと次の1匹にも繋がりやすいです。PEラインの色で把握しておくかカウンター付きリールで確認しましょう。

止める動作を加える

ジャークなどの動作の間に止める動作を加えるとそのタイミングでコンっとアタリがあります。アタリがあれば即アワセを入れてタチウオを掛けましょう( ´ ▽ ` )ノ

巻き上げは等速でゆっくり

タチウオが掛かったらゆっくり一定で巻き続けていきましょう。掛かり所が悪ければすぐ鈎が外れてしまったり、無理に巻くと身が切れてしまったりするのでゆっくり一定で巻き上げる事が重要です!

タチウオバサミは必需品!

船のタチウオ釣りにはタチウオバサミも必ず用意しておきましょう。鈎を外す際などに大暴れされると牙で手を切ったりしてしまいますので( ;∀;)

筆者も流血沙汰の経験が何度かあります…..他の釣りでも使えるし用意しておくのが良いですよ!

以上がタチウオジギングの釣り方でした。ここまで読んで頂いた方、有難うございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました