TwitterはこちらInstagramはこちら

【仕掛け】アマダイ釣りの仕掛け解説とおすすめ仕掛け3選を紹介!

アマダイ釣り
スポンサーリンク

高級魚のアマダイは、食味が良く船釣りで人気のターゲット。

タイラバやスーパーライトジギング、胴付仕掛けでも釣れますが、天秤仕掛で海底付近を漂わせて釣るのが定番です。

本記事では、元釣具屋の筆者がアマダイ釣りの仕掛けとおすすめ仕掛けを紹介します。

仕掛け選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

アマダイ釣りの天秤仕掛け

アマダイ 仕掛

アマダイ釣りの天秤仕掛けには

  • 天秤
  • オモリ
  • 仕掛け

以上3つのアイテムが必要です。

天秤

アマダイ 天秤

天秤は、30〜50cm程度の長さが扱いやすいです。

形状はどんなものでも問題ありません。

ストレートタイプが、若干感度も優れていて、おすすめです。

オモリ

アマダイ オモリ

オモリは遊漁船で指定された号数を選びましょう。

基本は、60〜80号程度のオモリを使うところが多め。

形状はどんなものでも釣れますが、細長い形状より下部の面積が大きく砂煙を巻き上げやすい丸型や六角型形状がおすすめです。

カラーは何でも構いませんが、集魚効果のある夜光系が人気。

仕掛け

アマダイ 仕掛

仕掛けは、2m前後のアマダイ専用仕掛けを選びましょう。

ハリスは3〜5号程度のもので、2本鈎や3本鈎が定番。

慣れてないうちは、トラブルが少ない2本鈎がおすすめです。

アマダイ釣り仕掛けおすすめ3選

アマダイ 仕掛 おすすめ

アマダイ釣りにおすすめの天秤仕掛けを集めました。

仕掛け選びの参考にしてください。

【オーナー】ケイムラ甘鯛 2本 F-6247

ロングシャンクでオキアミが真っ直ぐ刺せ、Wケン付きで餌持ちも優れる針を採用した仕掛けです。

オキアミケイムラカラーのナチュラルな発光でアマダイにアピール。

ハリスと幹糸はシーガー仕様で、強度も安心です。

【がまかつ】アマダイ仕掛 誘いコヅキ 2本鈎 FA107

海底を小突いて、煙幕でアマダイを寄せるコヅキ釣法に完全対応。

軽量な回転ビーズが採用され、エサが自然に漂います。

割ビシが付属しており、潮流が速い場合も対応。

【ささめ針】実船 アマダイ ケイムラ&フロートビーズ FSM82

ケイムラフック仕様で、アピールの高い仕掛けです。

フロートビーズ付きのフォールスピードを調整し、海中でフワフワ漂うアピールができます。

ガン玉も付属していて潮流に合わせ仕掛けの安定性を調整可能です。

アマダイ釣りおすすめ専用フックと関連アイテム

アマダイ 針
チモトは痛みやすい

天秤仕掛けは自作も可能で、ハリス切れが起こった時の予備としてもハリや小物などを用意しておくのがおすすめです。

アマダイにおすすめの専用鈎その他の関連アイテムを集めましたので、参考にしてください。

【オーナー】OH 甘鯛(Wケン)

Wケン付きでエサの保持力が抜群。

エサが自然と目立つケイムラオキアミカラー仕様。

中軸で強度もあるため、大型とのやりとりも安心です。

【オーナー】インブライト 甘鯛

オキアミ夜光色のアマダイ専用鈎です。

海中で発光し、濁り潮や深場、曇天時などに有効。

前述のOH甘鯛同様の中軸仕様です。

【まるふじ】ルミックスダンサー

ハリスに通して使用するアイテムです。

エビやプランクトンの生物発光を再現した素材を採用。

強いアピールが可能です。

【フジワラ】ゴムコート ガン玉セット

潮流が速い場合はハリスにガン玉を付けるのも有効です。

安定性が高まり、底付近をトレースしやすくなります。

本命が当たらない場合などに試してみてください。

【ささめ針】揺らぎ玉

浮力で仕掛けを浮かせることができるアイテムです。

潮が緩い場合は、少し浮かせて漂わせるのが有効。

夜光仕様でアピール力をアップさせる役割もあります。

適切な仕掛けで高級魚アマダイをゲットしよう!

甘鯛 仕掛

アマダイ仕掛選びに迷ったら、とりあえずは2m前後で2本針の専用仕掛けを選んでおけば、ほぼ問題ありません。

外道やアマダイとのやりとりでチモトは痛みやすいので、予備の仕掛や針は多めに用意しておきましょう。

潮流に応じてガン玉やフロートを使い分けられると好釣果に繋がりやすいです。

基本的な釣り方や仕掛以外のアイテムに関しては、以下の記事でも紹介してますので、ぜひ参考にしてください↓

tsuki
tsuki

にほんブログ村ランキングに参加しています。

これからもより質の高い記事の更新を目指しますのでクリックで応援宜しくお願い致します↓

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました