TwitterはこちらInstagramはこちら

ひとつテンヤの釣り方【ひとつテンヤ入門】

釣り

今回はひとつテンヤの釣り方について紹介していきます。ひとつテンヤの概要や道具に関しては別記事にてまとめていますので是非そちらも参考にして下さい↓

ライトタックルでマダイとのパワフルなやり取りが楽しめる釣りです!

スポンサーリンク

ひとつテンヤの釣り方

ひとつテンヤの釣るポイントとしてはテンヤを如何にして魚の目の前に持っていけるかというのが大事な要素です。それぞれ釣るためのポイントを解説していきます。

テンヤの重さ

ひとつテンヤにおいては魚のいる層を把握してできるだけ長くアピールしてやる事が必要です。魚のいる層に届けるためにはテンヤの重さを考慮する必要があります。また、出来るだけ長くアピールするというのも重さが重要な要素です。ベストな重さ選択をするために速めに判断する必要があります。

テンヤが重すぎる場合

テンヤが船から真下に落ちていって糸の角度がまっすぐであれば潮が流れていないか船も流れていないといった状態、もしくは潮流に対してテンヤが重すぎる状態。

テンヤが重すぎると沈むスピードが速いので魚の前を素通りしてしまう場合があります。こういう時はできるだけゆっくり魚の前を落ちていく様に軽くしましょう!

テンヤが軽すぎる場合

テンヤが真下に落ちない場合はラインに角度がつきます。潮流があったり船が流れている場合ですね。テンヤが軽すぎる場合は船から正面にラインが伸びていったり船の下にラインが入っていったりします。

軽すぎると魚より上を流れます。
糸が伸びすぎて他の人とも絡まりやすいです。

底にテンヤがついている状態がわかればこの状態でOKですが底につくより流れていく速度が速い場合は糸がどんどん伸びて行くので他の釣り人と絡まる”オマツリ”状態になるかテンヤがどんどん流れていって魚の層に届いていない状態になってしまいます。

糸が伸びすぎているなら一度仕掛けを回収して落とし直すかテンヤの重量を少し重くしていきましょう。

軽すぎず重すぎずが理想

流れが逆でもこんな感じが理想です

まとめると着底が判る範囲で重すぎないギリギリの重さの選択がベスト!

ひとつテンヤの基本操作

適正な重量のテンヤで釣りが可能になったら竿の操作でテンヤを動かしてあげます。基本のアクションは大きく竿をあげてテンヤの重さを感じながらゆっくり下げていく。

テンヤができるだけゆっくり漂う様に操作するのが良いです。

アタリ〜アワセ

魚が喰いつくタイミングは大体このゆっくり竿を下げてテンヤを落としていく動作中です。アタリがあったらコツコツっと竿先に反応がありますので糸フケをとってアワセましょう!

またテンヤのタイプによってアワセのタイミングは変えた方が良いという事も紹介しておきます。

固定式の場合は速アワセ

ひとつテンヤとして一般的な固定式のタイプは鈎と錘が一体になっているのが特徴です。こちらのテンヤであればアタリがあればそのままアワセの動作にすぐ入ってOK!シャープにアワセましょう。

遊動式はワンテンポ遅く

コツがいるのオモリ部分と鈎の部分が分離している遊動式のテンヤ。このタイプはすぐに合わせても力が伝わりにくく掛かりにくいです。

少し待って魚がしっかり咥え込んだタイミングで大きくアワセていきます。タイミングとしてはコツコツというアタリがあってから竿が引き込まれるくらいでアワセていくのが良いです。

これらのポイントを抑えておくと釣果アップできると思います。

餌の交換はマメに!

エビの頭が取れやすいです

餌をマメに変えるのも重要です。アタリがあった場合は大体餌がボロボロになっているので様子をみてすぐ変えましょう。エビの頭が取れている場合はアピール力も減り喰いも悪くなります。

ワームの使用もアリ

魚の活性が高い場合はどんどんエサがボロボロになっていきます。アタリが多い場合などはワームに変更して手返しを上げる戦略も良いでしょう!

やり取りは慎重に!

やり取りは細めのラインを使用しているためできるだけ慎重に行っていきましょうね。ドラグの調整が大事です。

繊細な仕掛けで大物とのやり取りはスリリングでめちゃくちゃ楽しいですよ!是非、チャレンジしてみて下さい。

以上ひとつテンヤの紹介でした。ここまで読んで頂いた方有難うございます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました