TwitterはこちらInstagramはこちら

【ひとつテンヤ入門】ひとつテンヤって?ひとつテンヤに必要な道具と釣り方を解説!

船釣り

ひとつテンヤはオモリ付きのハリにエビを付けてタイなどの魚を狙う釣りです。

仕掛けはシンプルでゲーム性も高く、初心者からベテランまで楽しめます。

本記事では元釣具屋の筆者がひとつテンヤに必要な道具や釣り方を解説。

ひとつテンヤを始めたい方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ひとつテンヤって?

ひとつテンヤとは

ひとつテンヤはエビでタイを釣る昔ながらの釣法です。

使用するのはテンヤと呼ばれるオモリとハリが一体になったもので、エビを取り付けて使います。

タイ以外もエビを好物としている魚は多いため、さまざまなターゲットが狙え、アタリも多く楽しい釣りです。

ひとつテンヤのターゲット

ひとつテンヤ ターゲット

ひとつテンヤで狙えるターゲットはさまざまな魚種がいます。

どんな魚が釣れるか確認しておきましょう。

マダイ

ひとつテンヤ マダイ

ひとつテンヤのメインターゲットはマダイです。

引き味も強く、味も美味しい人気の魚種。

マダイ以外のレンコダイやチダイ、ヘダイなどタイ系はよく釣れます。

根魚

ひとつテンヤ 根魚

ボトム付近を探ると根魚もよく釣れます。

ガシラやキジハタ、オオモンハタなどが代表的なターゲットです。

根掛かりに注意して丁寧に探りましょう。

青物

ひとつテンヤ 青物

ハマチやメジロなどの青物もターゲットです。

群れが回遊してくるとよくヒットする場合があります。

引きは強いため慎重にやりとりしましょう。

ひとつテンヤの釣れる時期

ひとつテンヤ 釣れる時期 シーズン

ひとつテンヤは年中釣れます。

特に釣れやすいのはマダイが産卵で浅場を回遊する春の時期と活性が高い秋の時期です。

海域などによって釣れる魚種などは変わるため、遊漁船の釣果情報なども確認しましょう。

ひとつテンヤに必要な道具

ひとつテンヤ タックル

ひとつテンヤに必要なタックルや道具を確認しておきましょう。

船釣りの中でもかなりシンプルでお手軽なタックルです。

ロッド

ひとつテンヤは2m前後で10〜20号程度のオモリが扱いやすい専用ロッドがおすすめです。

高い操作性とタイの引きに負けないバットパワーが特徴。

専用ロッドでなくてもエギングロッドやティップラン、イカメタル、タイラバのロッドなども代用できます。

tsuki
tsuki

メジャークラフトのクロステージは1万円前後のリーズナブルな価格ながら高性能で入門におすすめです。

適切なロッドの選び方とおすすめ機種を別記事でまとめています↓

リール

リールは軽量で操作性重視の2500〜3000番程度のスピニングリールを選びましょう。

ギア比はハイギアモデルのものがおすすめ。

仕掛けの回収スピードが上がるため、エサの付け直しなど手返しアップに繋がります。

tsuki
tsuki

ダイワのレガリスが軽量で操作性が高くひとつテンヤ入門におすすめです。

リールの選び方やおすすめ機種を以下記事でまとめています↓

PEライン

PEラインは0.6〜0.8号を200m巻いておけば十分です。

価格を重視するなら4本撚りのものを選びましょう。

8本撚りのラインは少し値段は上がりますが、直線強度が高いため、おすすめです。

リーダー

リーダーはフロロカーボン製のリーダーを1ヒロ前後(1〜2m程度)結束しておきます。

号数は3〜4号程度のものを選びましょう。

テンヤ

テンヤの号数はポイントなどの水深や潮流に応じたものが必要で必ず底とりができるものを選びましょう。

重過ぎる場合は喰いが悪くなるため、底がとれる範囲でギリギリ軽い重量のものを選ぶのが重要です。

利用する遊漁船で使用する頻度が高いものを中心にバリエーションを揃えておきましょう。

エサ

エサは生きたエビや冷凍エビ、ワームなどが使えます。

喰いのよさでは生きたエビを使用するのが最もおすすめですが、販売されていないところも多いため、冷凍のエビを用意するのが現実的です。

ワームは喰いが悪いですが、活性の高い時は手返しアップに有効な場合もあります。

ひとつテンヤの釣り方

ひとつテンヤ 釣り方

ひとつテンヤの釣り方を紹介します。

ライトタックルでスリリングなやりとりが楽しい釣りです。

エサの付け方

エビは尻尾の部分を落として取り付けます。

親針を尻尾を切った部分から通し刺しして、孫バリは殻の部分と背中を固定するように刺します。

できるだけエビの姿勢はまっすぐになるように刺して回転しないようにしましょう。

着底

ひとつテンヤ 着底

着底するまでテンヤを落とし込んでいきます。

スプールから余分な糸を出して落としていくと軽いテンヤでもスムーズなフォールが可能です。

ラインが出ていくのが止まったら着底した合図ですので誘いに移ります。

誘い

ひとつテンヤ 誘い

着底後は素早く2〜3回巻いて底を切ってから誘います。

誘いはゆっくり竿を上げて下げるを繰り返しエビがフワフワと漂っている様子を演出。

時にはジャークを混ぜて跳ねるようなアクションをするのも有効です。

アタリ・アワセ

ひとつテンヤ アタリ

アタリは誘い上げている時やフォール時などさまざまなタイミングで発生します。

アタリを感じたら大きい幅でアワセる動作をしましょう。

固定式のテンヤの場合は速めのフッキング、遊動式の場合はワンテンポ遅らせてゆっくりめにアワセるのがおすすめです。

やりとり

ひとつテンヤ やりとり

ライトタックルを使用するため、やりとりは慎重に行いましょう。

ドラグの調整はマメに行い焦らず魚の体力を奪ってください。

エビでタイを釣る!

ひとつテンヤ マダイ

ひとつテンヤはまさにエビでタイを釣るという言葉を体現した釣りです。

ライトタックルでマダイのパワーを感じれるスリリングなやりとりが病み付きになります。

タックル自体はシンプルで初心者の方も始めやすいので、ぜひチャレンジしてみてください。

当サイトで紹介したアイテム等を探されている方は、Amazon Primeに登録してAmazonから探すのが断然おすすめです!

  • お急ぎ便で荷物が早く届く!
  • TV番組、アニメ、映画がめっちゃ見れる!
  • PrimeMusicで200万曲以上聴き放題!
  • PrimeReadingで対象の本漫画読み放題!
  • AmazonPhotosで写真の保存可能!

月額500円ですが、30日間無料でいつでも解約可能。

prime会員以外のamazonやyahoo、楽天などは配送が遅くなることもあるため、負担でなければ入っておくのがいいです!

ショッピング以外のコンテンツも充実しててかなり便利ですよー↓

Amazonプライム

tsuki
tsuki

にほんブログ村ランキングに参加しています。

これからもより質の高い記事の更新を目指しますのでクリックで応援宜しくお願い致します↓

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました