TwitterはこちらInstagramはこちら

海上釣り堀での釣り方【海上釣り堀入門】

釣り

手軽に高級魚が釣れる海上釣り堀は初心者からベテランまで大人気!今回は海上釣り堀での道具や釣り方について紹介していきます。

スポンサーリンク

海上釣堀って?

海上釣り堀は海の上の生簀に魚が放流されていてお金を払う事で釣りができる施設です。魚の密度が高いため、釣れる確率はやはり高いです。

海上釣堀のターゲット

爆釣もあるかも!?

海上釣堀では堤防からでも中々お目にかかれない高級魚が満載!代表的なターゲットを紹介していきます。

マダイ

海上釣堀では最も多く放流されている魚です。ダンゴエサやエビなどが有効で中層や底付近を狙うと良く釣れます。エサを多く与えられている海上釣堀のマダイは脂も良く乗っている個体が多いです。

ハマチ(ブリ・メジロ)

強烈な引きの青物はキビナゴや魚の切り身など魚系のエサに反応する事が多いです。釣堀では最もパワフルなやり取りが楽しめます。

シマアジ

とても美味しい高級魚。良型の個体は沖に出ても中々釣れませんが釣堀でなら比較的簡単に釣れます!表層付近を泳いでいることが多く、上記の2種と比べると少し釣りにくいです。

その他

その他釣り堀によってはクエ、ヒラメ、マグロ、トラフグ、サーモン、ソイ、イシガキダイ、イシダイなどなど…近辺では釣れない様な高級魚や大型魚がバンバン釣れちゃうかも!?

海上釣堀のシステム

釣り堀は予約制だったり予約無しで入れるところもあります。施設によってシステムも異なる場合がありますのでホームページや電話で確認しておきましょう!

オープンから釣りをされる場合はスタッフさんの合図があるまで釣り禁止です。仕掛けを作っておきましょう。

色々ある釣堀のルール

施設毎にルールは異なりますが良くある例として以下

  • スタッフより開始の合図があるまで仕掛けを入れない
  • 1本鈎のみ使用可
  • 撒き餌の禁止
  • ライフジャケットの着用
  • 釣り座の指定
  • 竿の長さの指定   などなど

施設によって変わりますので釣行時はしっかり確認しておきましょう。

青物が釣れたら

青物は非常に引きが強くイケス内を走り回ります。周りで釣れている場合は一旦仕掛けを上げておきトラブルになるのを防ぎましょう!また、自分に掛かっている場合は周りの方に知らせてあげるのもマナーです。

海上釣堀のタックル

海上釣堀での道具を簡単に紹介!

ロッド

ロッドは海上釣堀専用のものが扱い易いです。釣堀のイケスの範囲内で使用するには丁度良い長さと幅広い対象魚対応できる硬さがあります。オールラウンドに使用できるのはMクラスの3.6m前後が基準。

青物用の竿は硬く大物の引きにもしっかり耐えることができます。大型も狙いたい方は硬めの竿を用意しておきましょう。ダイワのシーパラダイスシリーズがコスパ的に抜群で海上釣堀では間違いないロッドです。デザインもかっこいい…..

リール

リールに関してはスピニングリールの4000サイズあたりが適正です。少し大きめのリールでないと大型青物とのやり取りもかなり辛くなります。他の釣り人もいるので早めに魚をあげることができるような道具にしておきましょう。

PEライン

PEラインは3号~5号を50m程巻いておけば十分です。遠投等もする事はないためあまり長さは必要ありません。

仕掛け

仕掛けはセットの仕掛けが慣れないうちは便利です。

仕掛けにはマダイ用と青物用があります。鈎の大きさや糸の太さが異なるため上手に使い分ける事で釣果アップに繋がります。

替えの鈎は多めに持っておくと安心です。

タナ取りオモリは必須?

忘れてはいけないのがタナとりオモリというアイテム。ウキから下の設定をきっちりしておかないとイケスの網に引っ掛かります。

時間帯で変わる海の潮位によっても水深は変わりますのでマメにタナはとりましょう。タナを把握しておくことで魚へのアプローチも格段にし易くなります。

海上釣堀の釣り方

海上釣堀では魚がたくさん泳いでいますが漠然と仕掛けを入れているだけでは喰わないこともあります。抑えておくべきポイントをいくつか紹介しておきます。

まずはマダイを狙う

タナ取りがきっちりできたらまずは底から少し浮かせたところでマダイから狙っていきましょう。最も釣り易い魚ですが他の釣り人からしても条件は同じです。釣られやすい魚がイケスからどんどんいなくなっていくためいつでも釣れると思っていたら大間違いです。笑

他の難しい魚を先に狙って外してから後からマダイも釣れなくなっては悲惨です。

イケスの角は好ポイント!?

場所選びも重要で四角形のイケスの場合は角に魚が溜まりやすいと言われていますので空いているのであれば角に陣取りましょう。

四角全てに魚が溜まっている訳でなく潮の当たる向きなどいろんな要素で変わってきますが当たれば一人だけ釣り続ける事もできる場合ありです!

エサの使い分け

魚にもエサの好みがあります。様々なエサを使い分けていくことで釣果が上がりますので是非色々試してみて下さい。

ダンゴエサ

オーソドックスなのはダンゴエサ。マダイから青物、シマアジまで何でも釣れるので筆者も絶対持っていく餌です。まずはダンゴエサからスタートして魚の反応をみましょう。

喰いが悪い時は色を少し変えてあげるだけで反応が変わる場合もあります。特にマダイイエローは喰い渋り対策に定評アリ。

むきエビ

マダイの大好物のエビ。ダンゴエサに飽きている個体に有効で青物も結構反応してくれます。サブで持っていきたいエサですね!

その他

青イソメやマムシ、鶏のササミなど様々なエサに反応します。

青物に有効なエサ

キビナゴは青物に効果抜群です。表層を泳いでいる青物などを見かけたらオモリをつけずにキビナゴを目の前に落としてみて下さい。意外と喰います。笑

トラフグ狙いにも効果アリ。

カツオのハラワタも強力なニオイで魚を誘います。

活きたアジやウグイなども効果抜群ですがバケツなどが必要なのと保存ができないのが難点です。

シマアジに有効なエサ

高級魚シマアジには少しばらける要素の強い”しまあじ”というダンゴ餌や

シラサエビ、オキアミが効果抜群です。これらの餌で少し浅い水深を狙ってみるのが良いですよ♪

その他の魚にもそれぞれ状況によって最適な餌が異なります。一度スタッフさんなどに聞いてみるのもありでしょう!

釣れない時は?

釣れない時は上記で紹介したエサのローテーションとタナの変更で反応が変わる場合があります。イケスの中といえど海の中ですので常に状況は変わることを想定して柔軟に対応しましょう。

釣堀には大型クーラーを

釣り堀は大きい魚が大量に釣れる場合もありますので大きめのクーラーボックスも忘れずに。重量もかなりのものになるはずなのでキャスター付きが便利ですよ!

初心者でも手軽に楽しめます!

施設によっては竿やリールのレンタルをされているところもあります。仕掛けもエサも現地調達で釣れた魚は捌いてくれるサービスもある至れり尽くせりな施設もありますので気軽に足を運んでみて下さい。

以上が海上釣り堀での釣り方の紹介でした。ここまで読んで頂いて有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました