TwitterはこちらInstagramはこちら

落とし込み(アンダーベイト)の釣り方【落とし込み入門】

釣り
スポンサーリンク

落とし込み(アンダーベイト)の釣り方

こんばんは!前回は落とし込み(アンダーベイト)について簡単な紹介と道具の解説をしてきました。

さて、今回は釣り方について紹介していきます。

↑落とし込みの概要と道具についてはこちらの記事で!

落とし込み釣りは前回でもお話した様にまずは小魚を掛ける必要があります。

イワシなら大チャンスです。

船では船頭さんが魚探で魚群を探して操船してくれます!

ポイントに到着すれば魚群が多い水深を教えてくれますのでそちらを参考にしながら仕掛けを沈めていきます。

魚が掛からなければもう一度あげて落とす操作を繰り返し。

掛かりにくい場合はゆっくり竿を操作するのもありです。

とにかくまずは小魚を掛ける事!

そこに重点をおきましょう。

ベイトを掛けたら

やっとの思いで小魚を掛ける事ができたならそのままゆっくり仕掛けを群れの下に落としてあげましょう。

激しく操作をしてしまうと小魚が弱ったり鈎から外れてしまう場合があるので注意。

小魚が掛かっている場合は竿先がプルプルして竿先に感触を感じます。

この感触を感じて餌の弱り具合も確認しておきましょう。

あまり動かないのであれば再度小魚を掛け直しておくのが良いです。

小魚を掛けた状態で群れの下に落とせば後はターゲットが掛かるのを待つだけ!

本命が掛かるまで

魚が掛かる前は小魚も必死に逃げるので大暴れします。

前アタリが出れば戦闘準備。

早くアワセる必要はありませんのでしっかり竿が引き込まれてからアワセの動作に入りましょう。

相手は大型の魚が多いので無理なやり取りは禁物ですがゆっくりやっても他の釣り人の仕掛けと絡んで魚が獲れない場合もあるので可能な限り短期決戦でいきましょう!

船までよって来たら網で掬ってもらって無事ゲットです。

以上が釣り方の流れでした。

準備の注意点

釣りとは別ですが準備時に注意しておいた方が良い事を紹介しておきます。

仕掛けは多めに!

この釣りの注意点は小魚の群れの移動が早いのでポイント移動は多い釣りです。

出来るだけ早く小魚を掛けて魚が釣れる状態にしておく必要があります。

また、他の人とオマツリして絡まった場合は仕掛けを解きますが、解いている時間も勿体無い!

船頭さんによっては仕掛けを切る指示をされる方もいるので仕掛けの用意は多めに持っておきましょう。

大きめのクーラーボックスを用意しましょう!

後は、大きい魚が多いのでクーラーボックスも大きめのものは用意しておきましょうね!

35Lクラスのクーラーボックスでもブリクラス1匹とハマチクラス5匹程でパンパンでした。笑

憧れの大物をゲット!

以上が落とし込み釣りの紹介でした。如何でしたでしょうか?筆者のメインフィールドの和歌山で主に秋のシーズンに本格化してくる釣りです。魚の活性も高くパワーファイトが沢山楽しめますので是非参考にしてチャレンジしてみて下さい。

ここまで読んで頂いた方有難うございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました