TwitterはこちらInstagramはこちら

【仕掛け】イカメタルリーダーの選び方とおすすめアイテムを紹介!

イカメタル

イカメタル仕掛けに使用するリーダーにはエダスの長さや仕掛けのスタイルなどさまざまなものがあり、適切なものを選んで使用するとよい釣果に繋がります。

本記事では元釣具屋の筆者がイカメタル仕掛けの選び方や厳選したおすすめアイテムを紹介。

仕掛け選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

イカメタル仕掛けの種類

イカメタル 仕掛け 種類

イカメタルの仕掛けには

  1. オバマリグ
  2. オモリグ
  3. 鉛スッテのみ

の大きく分けて3種類のタイプが存在します。

仕掛けの種類のよって特徴と使いどころが変わるため、各仕掛けを理解しておきましょう。

スタンダード(オバマリグ)

オバマリグ

鉛スッテとエダスにドロッパー(浮きスッテもしくはエギ)を使用する基本的な仕掛けです。

トラブルも少なく扱いやすいのとダブルヒットも狙いやすい優れた仕掛けです。

基本はこのタイプの仕掛け1択で釣りは十分成り立ちます。

オモリグ(中オモリ仕掛け)

オモリグ

オモリからエダスを長めにとってエギをゆっくり沈められる仕掛けです。

潮が速い場合に潮に乗せて水平姿勢を維持させながら自然にアピールできるのも大きなメリットです。

ゆっくりした誘いになるため、大型の反応がよかったり低活性時によく釣れたりするのも特徴です。

鉛スッテのみ(ひとつスッテ)

ひとつスッテ

エダスを設定せずに鉛スッテだけで誘う方法です。

余計な仕掛けがついていないので沈むのも速く手返しは抜群。

船下で釣れない場合は遠投もでき、広い範囲を手返しよく探れます。

イカメタル仕掛けの選び方

基本のイカメタル仕掛けを選ぶポイントは

  1. エダスの長さ
  2. リーダーの太さ
  3. エダスの数

以上の3点を確認しましょう。

市販されている仕掛けの場合はリーダーの太さは問題ありませんので、エダスの長さだけチェックしておけば基本OKです。

エダスの長さ

イカメタル エダス 長さ

エダスの長さは1〜3cm程度の短めは高活性用、10cm以上の長めは低活性用です。

短いエダスはスッテをキビキビと動かせるため、アピール力が高く、感度もよい特徴があります。

長いエダスは仕掛けを安定させることができ、エギが動きすぎるのを嫌がる低活性時に効果があります。

リーダーの太さ

イカメタル リーダー 号数

リーダーの太さは2号〜4号程度のものが適切です。

細めのリーダーは感度がよくおすすめで、無理なやりとりをしなければ切れることも稀です。

自作する場合は仕掛けの全損を防ぐために、幹糸を太め、エダスをワンランク細いものにしましょう。

エダスの数

イカメタル エダス 数

仕掛けによってはエダスが二つのものも販売されています。

アピール力が増し、最大でトリプルヒットも狙える欲張り仕様です。

数釣りに有効ですが、遊漁船によっては禁止されているところもあるため、注意しましょう。

おすすめのイカメタル仕掛け

【ダイワ】オバマリグSS

スタンダードなオバマリグタイプのイカメタル仕掛けです。

エダスが移動式で微妙な調整が可能で、回転性能のよいスイベル採用でライントラブル激減。

迷ったらこの仕掛けでOK!

【ハヤブサ】イカメタルリーダー ダブルスペック

ダブルエダスタイプのイカメタル仕掛けです。

回転ビーズ仕様で仕掛けの絡みを防ぎます。

少しでも数を釣りたい方におすすめです。

【がまかつ】イカメタル リーダーオモリグ

大型ケンサキ狙い向けのオモリグ仕掛けです。

大型にも安心の太ハリス採用。

透明パイプで糸絡みの発生も軽減され使いやすい仕掛けです。

仕掛けを使い分けてさまざまな状況に対応しよう!

イカメタル仕掛けはオバマリグだけでなく鉛スッテのみの使用やオモリグでも楽しめます。

スッテなどを変更するだけでなく仕掛けにもこだわって刻々と変わる状況に対応しましょう。

ぜひ、本記事を参考にして適切な仕掛けを選んでください。

イカメタルの道具や釣り方などは別の記事でまとめていますので、ぜひこちらも参考にしてください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました