TwitterはこちらInstagramはこちら

【仕掛け】イカメタルリーダーの選び方とおすすめ仕掛け5選を紹介!

イカメタル

イカメタル仕掛けに使用するリーダーには、エダスの長さや仕掛けの種類などさまざまなものがあります。

状況に応じた適切なものを選んで使用するとよい釣果に繋がります。

本記事では元釣具屋の筆者がイカメタル仕掛けの選び方や厳選したおすすめアイテムを紹介。

仕掛け選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

イカメタル仕掛けの種類

イカメタル 仕掛け 種類

イカメタルの仕掛けには

  • オバマリグ
  • オモリグ
  • 鉛スッテのみ

大きく分けて上記の3種類のタイプが存在します。

各仕掛けの違いを理解しておきましょう。

オバマリグ

イカメタル オバマリグ

一般的なイカメタルの仕掛けです。

仕掛けの下部にオモリの役割担う鉛スッテを接続し、エダスの部分にはドロッパー(

エギまたはスッテ)を接続します。

トラブルが少なく扱いやすい仕掛けで、基本はオバマリグだけで十分です。

オモリグ(中オモリ仕掛け)

イカメタル オモリグ

リーダーにオモリを接続して、オモリからエダスを長めに出す仕掛けです。

エギをゆっくり沈下させることができ、ナチュラルにアピールができます。

波が高い時や低活性時、大型狙いに実績が高く、スピニングタックルで遠投することで、広い範囲を探れる仕掛けです。

鉛スッテのみ

イカメタル ひとつ

エダスを設定せずに鉛スッテだけで誘う方法です。

余計な仕掛けがない分、沈下速度が速く、トラブルも少ないので、手返しは抜群。

船下で釣れない場合は遠投もでき、広い範囲を手返しよく探れます。

イカメタル仕掛けの選び方

基本のイカメタル仕掛けを選ぶポイントは

  • エダスの長さ
  • エダスの号数
  • エダスの数

以上の3点を確認しましょう。

エダスの長さ

イカメタル エダス 長さ

エダスの長さは1〜3cm程度の短めは高活性用、10cm以上の長めは低活性用です。

短いエダスはスッテをキビキビと動かせるため、アピール力が高く、感度もよい特徴があります。

長いエダスは速い潮流でも仕掛けを安定させやすく、速潮時や低活性時、波が高い時に効果的です。

リーダーの太さ

イカメタル リーダー 号数

エダスの太さは、2号〜4号程度のものが適切です。

エダスは細いほど感度がよくなりますが、細すぎると絡んだ時にほどきにくい場合もあります。

迷ったら3号程度のものを選んでおきましょう。

エダスの数

イカメタル エダス 数

基本はエダス1本ですが、仕掛けによってはエダスが2つのものも販売されています。

アピール力が増し、最大でトリプルヒットも狙える欲張り仕様です。

数釣りに有効ですが、遊漁船によっては禁止されているところもあるため、注意しましょう。

おすすめのイカメタル仕掛け5選

イカメタル おすすめ 仕掛

おすすめのイカメタル仕掛を集めました。

仕掛選びの参考にしてください。

【ダイワ】オバマリグSS スタンダード

スタンダードなオバマリグタイプのイカメタル仕掛けです。

回転性能に優れるスイベルが採用され、糸ヨレを防ぎます。

エダスが移動式で、状況に合わせた微妙な調整が可能です。

tsuki
tsuki

迷ったらコレでOK!

【サンライン】イカメタル仕掛 SV-Ⅰ エステル

エステルライン仕様のイカメタル仕掛けです。

小さなアタリも感知する高感度。

エステルラインは適度なハリがあるため、絡みも少ないです。

tsuki
tsuki

エステルラインながら強度に優れるSV-Ⅰが採用されているので、普通のエステル仕掛けよりラインブレイクも少ないです。

【ハヤブサ】イカメタルリーダー ダブルスペック

ダブルエダスタイプのイカメタル仕掛けです。

回転ビーズ仕様で仕掛けの絡みを防ぎます。

少しでも数を釣りたい方におすすめです。

tsuki
tsuki

高活性時におすすめ!

タカ切れで無くすと痛いけど….。

【がまかつ】イカメタル リーダー マルチ

エダスの長さを自由に設定できる便利な仕掛けです。

その日の状況に応じて、仕掛け1個でショートもロングもできます。

なんちゃってオモリグ仕掛けも作れます。

tsuki
tsuki

さまざまな用途で使えるので、筆者も基本コレ1個だけでやってます。

【ハリミツ】墨族オモリグリーダー シングル

オモリグ専用の仕掛けです。

伸びが少なくハリのあるホンテロン仕様で、絡みが少なく感度抜群。

強度の高いスイベルと絡み止めパイプなど付属品も充実しています。

tsuki
tsuki

長さは1mがスタンダード。

慣れていない方は、短めの60cmが扱いやすいです。

仕掛けを使い分けてさまざまな状況に対応しよう!

イカメタルはオバマリグだけで十分楽しめますが、仕掛けを使い分けるとさらに楽しめます。

船下でよく釣れている場合はオバマリグ、オバマリグで釣れない場合は、オモリグや鉛スッテ単体をキャストして探り、釣れる個体を探しましょう。

イカメタルの道具や釣り方などは別の記事でまとめていますので、ぜひこちらも参考にしてください↓

tsuki
tsuki

にほんブログ村ランキングに参加しています。

これからもより質の高い記事の更新を目指しますのでクリックで応援宜しくお願い致します↓

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました