TwitterはこちらInstagramはこちら

【船タコ入門】タコエギで釣る船タコの道具・釣り方

船釣り

関西では明石方面を中心に人気の船タコ。

タコエギなどの擬似餌を使用して手軽に美味しいタコがたくさん釣れることから、ビギナーからベテランまで多くの人に親しまれています。

今回は元釣具屋の筆者がタコエギを使用した船タコ釣りでの必要な道具や釣り方について解説していきます。

これから始めようかと考えられている方などはぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

船タコって?

船タコ 乗合船

その名の通り船から釣るタコ釣りです。

明石方面の”明石タコ”はブランドタコとして特に人気で目当てで乗船される方は多いです。

人気故にハイシーズンであれば平日でも満船になっている事は多々あります。

タコエギの使用が人気

船タコ タコエギ

近年の船タコは写真のようなタコエギを使用するのが定番になってきています。

餌を使用しなくて良いので手返しが良く、カラーバリエーションで様々な状況にも対応できるので釣果も出やすいです。

ひと昔前まではエサを板に巻き付けて釣るテンヤが主流でしたが、ここ数年乗合船に乗っているほとんどの方がエギを使用しています。

船タコの釣れる時期

船タコ シーズン

船タコのベストシーズンは大阪湾では6月〜8月頃です。

産卵後孵化したタコが積極的に捕食活動を行って成長している時期で小型のタコの数釣りが期待できるシーズンです。

多い時では30〜40杯、中には100杯以上の釣果がでることもあります。

船タコのタックル

船タコ タックル

船タコ釣りに必要な道具(仕掛け)をそれぞれ解説していきます。

アイテム選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ロッド

オモリは50号程度の負荷に対応できる2m前後のロッドが最適。

タコを底から引き剥がすことができる硬さ、タコがエギに乗っかっている重みが判断できる穂先の柔らかさが必要で両方を兼ね備えている船タコ専用ロッドがおすすめです。

専用ロッド出なくても硬めの船竿やジギングロッドでも対応はできます。

船タコロッドの選び方とおすすめロッドについて紹介しています↓

リール

リールは巻き上げ強度のあるベイトリールでPEライン2号が100m以上巻ければ十分です。

ドラグ力が高いものがフッキングも決まりやすくおすすめ。

ジギング用のリールも強度があり十分に代用可能です。

PEライン・リーダー

船タコ自体は深場で釣る事が少ない為、PEラインは2号~3号を100mもあれば十分です。

深場の場合はもう少し巻いておいた方が良いですが、明石方面では基本の水深が10m〜30m程の浅場なのであまりたくさん巻いておく必要はありません。

PE直結では結束強度が弱いのでリーダーを接続し、8~10号くらいを1m程接続しておきましょう。

船タコ集寄

リーダーの先には集寄というアイテムも接続しておきましょう。

仕掛けにプラスしておく事でアピール力がアップし、タコエギ単品で使用するよりもタコが集まり易くなります。

乗合船では他の人のアイテムよりこういうものでアピール力を少しでもアップさせておくのがおすすめ。

オモリ

オモリは遊漁船によって重さの指定がありますので、予約時等に確認しておきましょう。

40〜60号程程度のものが標準です。

一般的な鉛のオモリでも釣れますが、派手でアピール力があるものが良いです。

タコエギ

タコ釣り専用のタコエギは複数のカラーを用意しましょう。

カラーをローテションすることでその日のアタリカラーを見つけられます。

黄色が定番。

複数接続するには専用のスナップを用意しておくと便利です。

タコエギの選び方やおすすめアイテムを別記事でまとめていますのでこちらも参考にしてくださいね↓

船タコの釣り方

船タコの釣り方の流れを確認しておきましょう。

底をしっかり狙えるようになれば基本はOKです。

着底

乗合船の船頭さんから合図があればリールのクラッチを切って仕掛けを落としていきます。

底に着けば糸が出るのが止まるのでハンドルを巻いてフケている余分な糸を取りましょう。

誘い

竿先でチョンチョンと操作し、エギを動かして誘います。

この時オモリを底から離さないようにしましょう。

ロッドを大きく動かすとオモリが底から離れてしまいますので、小さく揺するように動かします。

アタリ

ロッドを操作している間に竿先の曲がりの戻りが悪くなることがありますがこれがアタリのサインです。

イメージとしてはタコが上からエギに覆いかぶさっている状態でこのタイミングをしっかり見分けられるようになりましょう。

アワセ

アタリがあったらすぐにアワセる必要はありません。

ハンドルをゆっくり巻いて糸フケをしっかりとってから大きい幅でロッドを振り上げてあわせます。

タコが底にへばりつく隙を与えないように一気に引き剥がすイメージで行うと良いでしょう。

やりとり

タコの重みがあればそのまま巻き取りましょう。

ゆっくり巻いたり、ポンピングでのやりとりをするとタコが抜けますので一定の速度で巻き続けます。

船まで近づいてきたら抜き上げます。この時モタモタすると船縁に引っ付かれる場合もあるので注意です。

船タコで釣るコツ

船タコで上手に釣るコツをいくつか紹介します。

ぜひ、参考にして沢山釣ってくださいね!

エギを底から離さない

釣り方でも紹介しましたが、エギをできるだけ底から離さないのが一番のコツです。

タコは海底を歩くように底を移動しているので、底以外で釣れることはほとんどありません。

竿先で海底の変化を感じながら少しずつ移動させてアピールしましょう。

エギのカラーローテーション

エギを2つ使用する場合は対照的なカラーを選びましょう。

どちらのエギに掛かっているかでアタリカラーを見つられます。

ある程度傾向が絞れてきたら同系統のカラーにしてアピール力をアップします。

エギにエサを巻いてみる

ワイヤーを使ってサンマの切り身やキビナゴを巻いてみましょう。

餌が存在する事でタコが触る時間が長くなりますのでチャンスが増えます。

スプレーで臭い付け

エギにタコの大好きな臭いをつける事ができるスプレーもあります。

エサと違って保管できるのでこちらもアリですね。

タコのキープ方法

生簀にそのまま入れておくとタコは簡単に這い出てきます。

ネットに入れておく事で対策できますので用意しておきましょう。

釣れる度に締めてクーラーに入れるのも有りですが時短を考えるとこういうアイテムも用意しておきましょう。

tsuki
tsuki

洗濯ネットとかでも代用できますよ!

タコエギで美味しいマダコを手軽にゲット!

コツさえ掴めば初心者の方でも沢山釣ることができます。

釣れるマダコはスーパーで売っている外国産のものより歯ごたえのある食感と上品な甘みがありとても美味しいですよ!

ぜひ、本記事を参考にして沢山釣ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました