TwitterはこちらInstagramはこちら

【船タコ入門】船からのタコ釣りに必要なタックルと釣り方

船釣り

タコは船釣りでも人気のターゲットで、関西では明石エリアを中心に多くの釣り人に親しまれています。

タコエギなどの擬似餌で、手軽に美味しいタコがたくさん釣れることから、人気が高いです。

本記事では、元釣具屋の筆者が船からのタコ釣りに必要な道具や釣り方について解説していきます。

船からのタコ釣りをされる方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

船からのタコ釣りって?

船 タコ釣り

船のタコ釣りは、写真のようなタコエギを使って狙うのが主流です。

近年は少なくなりましたが、ひと昔前はオモリを取り付けた板にエサを巻き付けるテンヤを使った釣りも人気でした。

どちらでも釣れますが、エサを使わない手軽さから、近年はタコエギを使うのが定番となっています。

船タコの釣れる時期

船タコ 時期 シーズン

船タコのベストシーズンは、6〜8月頃。

産卵後に孵化した新仔が積極的に捕食活動を行って成長している時期で、小型のタコの数釣りが期待できるシーズンです。

多い時では30〜40杯、100杯以上の釣果がでることもあります。

関西の人気エリア明石では、明石ダコとも呼ばれる人気のブランドタコがたくさん釣れるので、平日でも満船の日が多いくらい人気が高いです。

船タコのタックル

船タコ タックル 仕掛け

船タコ釣りに適したタックルを紹介します。

タックル選びの参考にしてください。

竿

オモリは、50号程度の負荷に対応できる2m前後のロッドが最適。

タコに対応できるバットパワーとタコのアタリが判りやすいしなやかな穂先を備えた専用竿がおすすめです。

専用ロッド以外では硬めの船竿やジギングロッド、タチウオテンヤロッドも代用できます。

以下の記事で、船タコに適した竿の選び方なども紹介してますので、参考にしてください↓

リール

リールは、巻き上げ力に優れるベイトリールを選んでください。

大きさは、PEラインの2号が最低100m以上巻ければ十分です。

ボディが強くて、ドラグ力も高いものがおすすめ。

船タコリールについては、以下↓

PEライン・リーダー

船タコは深場で釣る事が少ないので、PEラインは2号~3号を100mもあれば十分です。

深場の場合は、150m以上巻いておいた方が良いですが、明石方面では基本の水深が10〜30m程の浅場なので、あまりたくさん巻いておく必要はありません。

仕掛けにPEラインを直結するのは、結束強度が弱いので、リーダーを接続しましょう。

8〜10号程度を1ヒロ(約1.5m)で十分です。

船タコの仕掛け

船タコ 仕掛け

船タコの基本的な仕掛けには

  • タコエギ(スッテ・テンヤ)
  • ツインスイベル
  • オモリ
  • 集寄

以上のアイテムが必要です。

各アイテムを確認しておきましょう。

タコエギ(スッテ・テンヤ)

タコエギのカラーは黄色が定番で、赤や緑も実績が高いです。

潮の色や水深、天候によってエギの見え方やアタリカラーは異なります。

複数のカラーを用意して、その日の状況に対応しましょう。

エギだけでなくスッテやエサを巻くテンヤなども状況に応じて使い分けられるとより好釣果に繋がります。

ツインスイベル

タコエギなどを複数接続するアイテムです。

複数接続することで、アピール力やフッキング率をアップ、カラーローテションもしやすくなります。

大きさのバリエーションもありますが、個人的には開けやすくて強度に優れる大きめのもので良いと思います。

オモリ

オモリは、40〜60号程度。

遊漁船によって重さの指定がある場合やその日の状況で決めることもあるので、確認おきましょう。

鉛のオモリでも釣れますが、派手でアピール力があるものが良いです。

船タコ集寄

リーダーの先には、集寄と呼ばれる仕掛けを目立たせるアイテムも接続しておきましょう。

あまり大きなものは抵抗が大きく、アタリもボケるので、コンパクトなものがおすすめ。

必須アイテムではありませんが、乗合船など仕掛けが多い状況では、少しでも自分の仕掛けをアピールさせたいところです。

船タコの釣り方

船タコ 釣り方

船タコの基本的な釣り方を紹介します。

底を狙うだけなので、アタリさえ判れば、ビギナーの方でも簡単ですよ。

着底

船タコ 着底

乗合船の船頭さんから合図があれば、リールのクラッチを切って仕掛けを落としていきます。

落としている最中は、ベイトリールのスプールを軽く指で押さえるサミングを行い、バックラッシュを防いでください。

底に着くとラインの放出が止まるので、リールを巻いて余分な糸フケを取りましょう。

誘い

船タコ 誘い

竿先を上下に動かして誘います。

タコは底にいるので、なるべくオモリは底から離れないようにしてください。

ロッドを大きく動かすとオモリが底から離れてしまいますので、小さく揺するように動かします。

アタリ

船タコ アタリ

誘いをしている間に竿先の戻りが悪くなることがあります。

これがアタリのサインで、海中ではタコがエギを押さえつけているイメージです。

判りにくい場合は、少し止めるとゆっくり動くような感触があります。

止め過ぎるとタコはそのまま離してしまうこともあるので、注意してください。

アワセ

船タコ アワセ

アタリが判ってもすぐにアワセる必要はありません。

リールをゆっくり巻いて糸フケをとってから、大きな幅でロッドを振り上げてアワセます。

タコが底にへばりつく隙を与えないよう、一気に引き剥がすイメージで行うと良いでしょう。

やりとり

船タコ やりとり

タコの重みがあれば、そのまま一定の速度で巻き続けてください。

ゆっくり巻いたり、ポンピングでのやりとりをするとタコが抜けて、逃げられてしまいます。

船近くまで来たらそのままリーダーを持って抜き上げ、大きなサイズは玉網を使いましょう。

小さいサイズであれば竿で抜き上げても大丈夫ですが、周りの釣り人に気をつけてください。

タコのキープ方法

船タコ キープ

釣る度に締めてクーラーボックスに入れるのは効率が悪いので、ネットに入れてイケスで活かしておくのが定番です。

タコ専用ネットが扱いやすく便利ですが、100均のランドリーネットなども代用できます。

ネットがないと脱走してしまうので、必ず用意しましょう。

船タコで釣るコツ

船タコ コツ

船タコで釣果をアップさせるコツを紹介します。

釣れない時は、実践してみてください。

カラーローテション

船タコ カラーローテーション

エギのカラーは、自分や周りの釣れ方を見て頻繁に行ってください。

釣り始めの時はできるだけ、対照的なカラーを2つ付けて、釣れる傾向を探るのがおすすめ。

どちらかに偏る場合は、それがアタリカラーです。

集魚アイテム

船タコ 集魚

臭いや味がつけられるスプレーなどの集魚アイテムも効果的です。

タコは吸盤に味覚があるので、臭いや味があることで、エギを抱く時間が長くできます。

エギを抱いている時間が長いとアタリも判りやすくなるので、釣果アップに効果的です。

キャストで広範囲を探る

船タコ キャスト

アンダーハンドキャストで少し投げて、広範囲に探るのもおすすめです。

ただし、エサや海水、タコのぬめりなどで手が滑りやすくなっているので、十分注意してください。

オモリがついたタコエギは想像以上に重たく、バックラッシュや糸絡みなどが起こる強い負荷が掛かります。

そのままタックルを海に落としてしまうパターンは、船のタコ釣りではよくあるシーンなので、気をつけましょう!

タコエギで美味しいマダコを手軽にゲット!

船タコ 料理

船のタコ釣りは、コツさえ掴めば初心者の方でも沢山釣ることができます。

釣れたマダコは、スーパーで販売されている外国産のタコより、歯応えや旨味があり絶品です。

興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました