TwitterはこちらInstagramはこちら

【仕掛け】これで釣れる!船タコで使用するタコエギの選び方とおすすめのタコエギ3選

船タコ

関西を中心に大人気の船タコ。

タコエギを使用して手軽に美味しいタコが釣れますが、より上手に釣るにはタコエギの選び方や使い方が重要です。

そこで本記事では元釣具屋の筆者がタコエギの選び方と使い方、おすすめのタコエギを紹介していきます。

タコエギ選びにお悩みの方はぜひ参考にしてください。

釣り方や道具については別記事でまとめていますのでこちらもチェックしてくださいね↓

スポンサーリンク

タコエギの選び方

タコエギ 選び方

タコエギの選び方について紹介。

様々な状況に対応するため、沢山のエギを用意しておくことをおすすめします。

重さ

オモリを使用するため、タコエギ単体の重さにこだわる必要はありません。

むしろエギを2個接続する場合などは重さをばらけさせておく方が、エギが互い違いに動いてアピール力もアップします。

号数に関しては小型のタコが多い場合や潮がキツく抵抗が大きい場合は小さめのものがあると良いです。が、こちらも神経質に選ぶ必要はありません。

カラー

定番カラーは「黄色」。

1個は持っておきたいカラーで、アピール力が高いためか反応が良いです。

その他には赤と緑も実績の高いカラーで基本はこの3色で釣れます。

色は日によってアタリカラーが異なるので系統が異なるカラーを複数用意しておきましょう。

tsuki
tsuki

水深や潮の色、天候による光量次第で見え方が変わるので有効なカラーは日によって違います。

タコの活性にも左右されると言われていて、あれこれ悩むとキリがないので実績が高い上記3色を選んでおけば間違いなしです。

タコエギタイプとスッテタイプ

タコエギより軽いスッテタイプのものは、海中を漂ってアピールします。

ロッド操作をしなくてもタコにアピールしてくれるのでより初心者向けと言えます。

針も細軸で全方向にあるので掛かりやすくなっています。

tsuki
tsuki

タコエギと一緒に使って動きのバリエーションを出してみるのも良いですよ!

タコエギの使い方

船タコ エギ

タコエギの基本的な使い方を確認しておきましょう。

定番は2個付け

専用のスナップを使用して2個接続して使用するのがアピール力が高くおすすめです。

3つ接続できるタイプもあってアピール力はさらに高くできるものもあります。

遊漁船によっては禁止されているところもあるのでご注意を。

カラーローテションが大事

タコエギ カラー

タコエギを2個接続する場合は違う系統のカラーを選びます。

タコを釣りながら片方ずつカラーを変えていくとその日のアタリカラーがある程度絞れてきます。

反応が良いカラーを見つけたら同系統のカラーに変更してアピール力アップを図りましょう。

タコエギおすすめ3選

筆者おすすめのタコエギをピックアップしました。

以下のタコエギであれば間違いないです。

【ハリミツ 】蛸墨族

関西船タコの超定番エギ。

リーズナブルで豊富なカラーラインナップとブレードも付属しているのでアピール力も高いエギ。

大きめのフックで根掛かりもしにくく、初心者の方でも使いやすいエギです。

【ダイワ】快適船タコエギ SS

基本性能は前述の蛸墨族とほぼ同じですが、フッ素コートのサクサスフックが採用され軽いフッキングでも刺さりやすいのが特徴。

小さめの3号サイズもラインナップされていて小型のタコが多い時期にも有効です。

【デュエル】タコやん 船スッテエサ巻

どんな方向から触れられても掛かりやすくなっているスッテタイプのモデル。

エサ巻き使用が想定されているので、エサを巻いた時に安定しやすい平らな背面が特徴。

エサ巻きワイヤーも標準装備です。

アピールアップアイテム

タコエギ 集寄

タコエギ以外にもアピール力をアップさせるアイテムの使用で釣果アップ。

他の人と差をつけたい方におすすめ!

【オーナー】船タコブレード

エギと道糸の間に接続する集寄です。

スリムで潮の抵抗を受けにくく、アタリがボケないのでおすすめ!

もちろんアピール力も十分あります。

【ハヤブサ】集寄カニラバ

エギのアイ部分やオモリに簡単取り付けできるスカート。

ヒラヒラ動いてアピール力は抜群です。

アピール力が釣果の鍵!

船タコ

乗合船では他の人と同じように仕掛けを落としていくので、如何にして自分の仕掛けが目立つかが釣果への近道です。

適切なカラー選択とアピール力アップアイテムでタコを寄せましょう。

ぜひ、本記事を参考にしてたくさんタコを釣ってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました