TwitterはこちらInstagramはこちら

【リール】中深海ジギングリールの選び方とおすすめ5機種を紹介!

ジギング

中深海ジギングは重量のあるジグを使って重たいジグを操作する釣りです。

適したリール選びが深場での釣りを快適にしてくれます。

本記事では元釣具屋の筆者が中深海ジギングに適したリールの選び方とおすすめリール5機種を紹介。

リール選びにお悩みの方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

中深海ジギングリールの選び方

中深海 ジギング リール 選び方

中深海ジギングのリールを選ぶ点で重要なのは

  • 番手(糸巻き量)
  • ギア比
  • 手巻きor電動

以上の3点を考慮して選ぶとよいでしょう。

サイズ(番手・糸巻き量)

中深海 ジギング リール サイズ

深場での釣りですので、基本は巻き取り力のあるベイトリールを選びましょう。

番手はPEラインの1〜1.5号程度を600m以上巻き取れるサイズが適しています。

シマノでは1500〜2000番程度、ダイワでは15サイズ程度が最適です。

ギア比

中深海 ギア比

ギア比は1回転あたりの巻き取り量が多いハイギアタイプのものが基本です。

ジグの回収で手返しが上がり、スローピッチジャークのアクションにも適しています。

巻き取りの重さが気になる方はあえてパワーギアモデルを選択するのもありでしょう。

手巻きor電動

中深海 電動

手巻きリールは電動リールより軽量で操作性がよいため、ジャークなどの操作が快適にできます。

基本は手巻きリールで問題ありません。

電動リールはリール自体の重量が重たく誘いはしんどいですが、回収はかなり楽で便利です。

中深海ジギングおすすめリール5選

中深海 おすすめ リール

中深海ジギングにおすすめのリールを集めました。

リール選びにお悩みの方はぜひ参考にしてください。

【シマノ】トリウム 1500HG

コストパフォーマンスに優れた剛性の高い本格ジギングベイトリールです。

防水システムのXプロテクト採用で海水の侵入を防止し、長期間回転性能を維持します。

リーズナブルな価格で中深海ジギング入門におすすめのモデルです。

ギア比自重最大ドラグ力糸巻き量巻き取り長さ参考価格
6.3435g7kgPE2号-500m97cm21,000円前後

【ダイワ】キャタリナ 15H-SJ

巻き取りやすいアルミ製の樽型ノブを標準装備したジギングリールです。

ドラグにはスムーズな滑り出しのATD(オートマチックドラグシステム)採用で身切れなどを防止します。

ギアは精度の高いハイパーデジギア採用で滑らかかつパワフルな巻き心地です。

ギア比自重最大ドラグ力糸巻き量巻き取り長さ参考価格
6.4485g8kgPE1.5号-600m99cm33,000円前後

【シマノ】オシアジガー 1500HG

高機能な本格ジギングベイトリールです。

マイクロモジュールギアとインフィニティドライブで別次元の回転性能を実現。

剛性が高いながらも軽量、防水性能もバッチリなリールですので、迷った時はこの1台で間違いなしです。

ギア比自重最大ドラグ力糸巻き量巻き取り長さ参考価格
6.4405g7kgPE2号-500m97cm44,000円前後

【シマノ】フォースマスター 800

コンパクトで手持ちでも操作しやすい電動リールです。

PE1.2号-600m巻き取れるので中深海ジギング対応。

巻き上げ力の高いモーターで不意の大物とも安心してやりとりできます。

ギア比自重最大ドラグ力糸巻き量巻き取り長さシマノ巻き上げ力実用巻上持久力参考価格
4.4545g11.5kgPE3号-300m61cm59kg7kg60,000円前後

【シマノ】ビーストマスター 1000EJ

高トルク、高回転のギガマックスモーターを採用した電動ジギング専用リールです。

高めのドラグ力、強化ギアシステムで深場での大物とのやりとりも安心。

価格は高めですが、タッチドライブによる誤操作の防止や魚探機能など多機能でおすすめです。

ギア比自重最大ドラグ力糸巻き量巻き取り長さシマノ巻き上げ力実用巻上持久力参考価格
5.3700g15kgPE3号-400m70cm68kg9.5kg100,000円前後

適切なリールで快適なジギングを楽しもう!

中深海 キンメダイ

中深海ジギングは深場で重量のあるジグを操る負荷の掛かる釣りですので、剛性の高いベイトリールがおすすめです。

予算や釣り場の状況などを考慮して適切なリールを選んでください。

中深海ジギングに使用するリール以外のアイテムや釣り方などは別の記事でまとめていますのでそちらも参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました