TwitterはこちらInstagramはこちら

落とし込み(アンダーベイト)って?【落とし込み入門】

釣り
スポンサーリンク

大物を狙うスリリングなゲーム!

こんばんは!今回は最高にスリリングな釣り”落とし込み釣り”について紹介していきまーす。

筆者も大好きなこの釣り。運要素は強いですがだからこそ初心者の方でも手軽に大物が釣れる釣りなんです。

この記事ではまず落とし込み(アンダーベイト)とは?という紹介と道具について解説していきます。

落とし込み(アンダーベイト)って?

船から手軽に大物が釣れる落とし込み釣りは食物連鎖を利用した釣りです。落とし込み釣りやアンダーベイト、北陸方面ではタテ釣りとも呼ばれていますね!

釣り方の流れとしてはまず船で小魚の群れを探す。

そしてその小魚を釣りそのまま群れの下に落とし込んでいく。

すると小魚を追っかけていた大物が釣れるという極単純な釣りです!

狙えるターゲット

この釣りで狙えるのは魚を捕食している魚全てです。何が来るかは上げてみなければわかりません。代表的なターゲットを紹介していきます。

ブリ(ハマチ・メジロ)

パワフルで人気のターゲットです。

カンパチ(シオ)

ブリよりさらにパワフルで筋肉質な感じの魚です。食感もブリと比較すると歯応えがあります。

ヒラマサ

ブリより面長な感じが特徴の魚です。持久力と瞬発力も高い魚です。味も上品な旨味で筆者的には青物の中でも一番美味しいかな?と思っています。

根魚類(ハタ系)

底付近を狙ってみるとオオモンハタやキジハタ、時にはクエなど美味しい高級根魚も釣れます!青物類の反応が悪い時は底付近も狙ってみると良いでしょう。

サワラ、マダイ、ヒラメ、マゴチなど

青物や根魚以外にも魚を捕食するような種類であれば何でも釣れます!デカい魚がてんこ盛り( ´ ▽ ` )ノ

小魚を掛けて落とすだけでこんなにたくさんのターゲットが釣れるんです。

本命のアタリを待つ瞬間はドキドキ!

小魚を掛けた時はドキドキ!大型の魚も多く掛かるのでやり取りもたまりません。

専用のサビキでベイト(小魚)を掛ける

この釣りでは基本サビキを使用して小魚を掛けていきます。

もちろん大型魚に対応できる様に糸が太めの専用仕掛けです。

アジやイワシなどを掛けてゆっくり底近くまで落していく。

常にフレッシュなアジやイワシを掛けていくのが上手に釣るコツですよ!

大型の乗合船より小型の船の方が◯

また、大型魚というのはそんなにたくさん数はいません。なので人数が多い船に乗ると必然的にヒット率が下がります。

遊漁船選びも大事な要素の一つです!

落とし込み釣りの道具

さて、この釣りで推奨される道具について紹介していきます。

仕掛けの全体像

仕掛け全体はこんな感じです。地域によって使用するオモリは異なりますので注意。

ロッド・リール

ロッドは大物とのやり取りが可能なモデルが良いでしょう。

また、前述したようにも地域によって様々な重さを使うので対応できる負荷が広いものがおすすめ!

シマノ・ライトゲームシリーズのモデラートは軽量ですが大物共バッチリやり取りできるので最高です。(BB、SS、CI4+、リミテッドなどランク有り)

筆者はリミテッド モデラートのH225を愛用しています。このクラスになってくるとカーボンの質も違うのでやり取りの安心感は違いますね!

筆者はこのロッドとフォースマスター800の組み合わせでブリぐらいなら対応可でした。タックルとしても軽量で非常に扱い易いです。

しかしながらもっとやり取りに余裕が欲しい方であればもう少しパワーを上げたタックルもいいでしょう。

日本海のタテ釣りではこのへんのガチンコロッドの使用率が高めでびっくりしました。ただ、大型が来てもやり取りは余裕そうでしたね( ・∇・)

この辺りのロッドとタックルバランスが良いのはシマノのビーストマスター2000辺りや

ダイワのシーボーグ500くらいです。ここまで揃えられるのであればかなり安心してやり取りできます。(ここまで行くと初心者向きからタックルとは呼べませんが)

とはいえリールに関しては小魚の群れを早く掛けたいのと大物とのやり取りが楽になる電動リールが絶対におすすめです。

PEラインは3〜4号を200m、リーダーは10号以上は欲しいですね!

仕掛け

仕掛けに関しては種類は色々。基本的に仕掛けが細くて鈎数が多いものはベイトが良く掛かります。

デメリットは細いと切られる、鈎数が多いと扱いにくく、トラブり易いと言った所。

使っているサビキのタイプなどでも小魚の掛かりは変化するので、色んな状況に合わせる為にたくさん用意しておきましょう。

あると超便利!”探見丸”

その他筆者的にあると超便利なのはシマノの”探見丸”です。

対応している遊漁船であれば魚探と連動し、船縁で確認でき流のでどこに小魚の群れがいるか一目瞭然!

小魚を掛けやすくなるのでかなり効率の良い釣りが実現できますよ。

アンダーベイトでは絶対に持っておきたいアイテムですね!もちろん他の船釣りでも出番もありますので余裕がある方は用意しておいて損はないでしょう。

道具については以上でここまで読んで頂いた方有難うございます。

参考にして頂けると幸いです♪

落とし込みの釣り方

実際の釣り方は別記事にて紹介していますので是非ご覧ください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました