TwitterはこちらInstagramはこちら

船からのカワハギ釣りって?【船カワハギ入門】

釣り

関西でも人気上昇中!?船からのカワハギ釣りを紹介します。

スポンサーリンク

餌取り名人のカワハギを攻略!

カワハギは餌取り名人と呼ばれ鈎に掛けるのがとっても難しい魚です。そんなカワハギを上手く鈎にかけて釣る釣りはとってもゲーム性が高くベテランでもどハマりします。

カワハギという魚

全国の海の比較的浅場に生息する魚です。大きさは大型でも30cm程と小型の魚でオチョボ口が特徴的!笑

このカワハギは水中でホバリング(定位)しながら泳いで餌を捕食することができまので餌をとってもかなりアタリがわかりにくく、小さい口で餌の部分だけついばんで食べていく厄介者。故に餌取り名人と呼ばれています。

美味しいカワハギ

カワハギはとっても美味しいです。フグなどに近いしっかりとした食感で煮付けなどと相性の良い身の味。最高です!

肝が大きくなる冬の時期が旬です。1匹から獲れる量は少ないですがこの肝がめちゃくちゃ美味い!!

濃厚な味でこれを甘辛く生姜で煮ると最高。

船カワハギの道具

仕掛けの全体図はこんな感じです。

釣り自体は船釣りの中ではシンプルな胴突仕掛けです。

ロッド

竿はできるだけカワハギ専用竿を使いましょう。使う仕掛けはシンプルですが餌取り名人のカワハギはアタリがかなりわかりにくく、仕掛けの操作も特殊ではあるのでその操作性が良い専用竿が絶対良いです。

専用ロッドの必要性

色々ありますねー

一般的な胴突仕掛けは基本的に動かさない事が多いのですがこのカワハギ釣りは頻繁に動かす必要があります。

仕掛けを動かす事でカワハギにアピールしたりホバリングして餌を捕食しているカワハギのアタリも感じやすくなります♪

しかしながら普通の船竿は柔らかいので力を吸収してしまい操作が伝わらず水中では仕掛けがあまり動いていない状態になってしまいます。

反対にカワハギ専用の竿は竿としては棒の様に硬いので仕掛けの操作がしやすく、穂先は柔らかいのでアタリがわかる様に作られています。

やるなら絶対専用竿です!

リール

リールに関してはベイトリールで軽量であれば基本的に何でもOK!軽量であればあるほど操作はし易い為、軽さを重視したリールを選ぶと良いでしょう。

船カワハギ仕掛け

仕掛けは専用の胴突仕掛けです。専用の鈎のおかげで多少は掛かりやすくなっていますよ!この仕掛けは結構掛かりやすかったです。自分も掛かって抜けなくなった嫌な思い出もあります。笑

また仕掛けは痛み易かったり、鈎先が悪くなるので胴突仕掛け以外にも変え鈎を用意しておきましょう。

オモリ

錘は地域によってそれぞれありますが20号〜30号程度のものを使う所が多いです。

錘の中には光るテープが貼ってあったりして集魚効果を発揮するものがありますのでできるだけそういうものを選んでおく方が良いでしょう。

餌

餌に関してはアサリの剥き身であったり青イソメを使う場合が多いです。アサリの剥き身を使う方が一般的で付けやすいのでそちらで良いでしょう!

アサリを使う前には塩をかけて締めておきヌメリをとっておくのもポイントです。旨味成分とか着色の効果があるものも販売されています。

重要な中オモリ

また、中錘というのも重要なアイテムです。仕掛けの一番上にセットして使います。

これがある事で中錘が支点となり定点で仕掛けが動かせるのでカワハギにアピールしやすく、アタリもでやすくなりますので用意できれば用意しておきましょう( ´ ▽ ` )ノ

カワハギの道具はこんな感じでした!

カワハギの釣り方に関しては別記事でまとめましたので是非参考にして下さいね!

ここまで読んで頂いた方有難うございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました