TwitterはこちらInstagramはこちら

【仕掛け】タチウオのウキ釣り仕掛に必要アイテムや仕掛けの選び方とおすすめ仕掛けを紹介!

タチウオ(エサ釣り)

タチウオは電気ウキを使った夜釣りで釣るのが定番です。

オーソドックスな半遊動のウキ釣り仕掛けですが、必要な小物は多めで初めての方には少し難しく感じかもしれません。

本記事ではタチウオのウキ釣り仕掛けに必要なアイテムを元釣具屋の筆者が解説します。

ぜひ、タチウオのウキ釣りを始める際の参考にしてください。

スポンサーリンク

タチウオのウキ釣り仕掛け

タチウオ ウキ釣り 仕掛け
相変わらず雑な図だ…笑

半遊動のウキ釣り仕掛けは海釣りのウキ釣りではオーソドックスな仕掛けです。

作り方を覚えておけば他の釣りにも応用できますので、ぜひ構成を覚えておきましょう。

ウキ止めゴム

道糸に取り付けウキペットを止めるゴムです。(ウキペットに関しては後述)

ウキ止めゴムの位置を調整することでウキ下の長さを決めることができ、狙いたい層に仕掛けを留めることができます。

扱う道糸に合わせた規格のものを選びましょう。

tsuki
tsuki

ウキ止めゴムは取り付けが簡単ですが、ガイドに引っかかり易い弱点があります。

ウキ止め糸とシモリ玉

ウキ止め糸はウキ止め糸と同じ役割を持つアイテムです。

単品ではウキペットをすり抜けてしまいますので、シモリ玉とセットします。

ウキ止め糸

ウキ止め糸はウキ止めゴムより小さくガイドに引っ掛かることはありません。

道糸に括りつけて結び目を作って使用します。

ずれやすいので釣りをしている間も位置をマメに確認しましょう。

シモリ玉

シモリ玉はウキペットを通す前に道糸に通しておきます。

シモリ玉はできるだけ小さいものの方が潮流などの余計な抵抗を受けずに済むのでおすすめです。

道糸に通るサイズでできるだけ小さめの規格を選びましょう。

tsuki
tsuki

ウキ止めはウキ止め糸+シモリ玉もしくはウキ止めゴム単品で使用します。

電気ウキ

電気ウキは夜釣りで必須のアイテムです。

基本は2〜3号程度の浮力を選べば問題無しです。

個人的には白色発光が明るく見やすいですが、他のカラーでも問題なく自分が見やすいと感じたカラーを選びましょう。

ウキの浮力(号数)などの選び方については別の記事でまとめていますので、詳しくはこちらで↓

電気ウキの電池

電気ウキは電池がなければ発光しません!

ウキの種類によっては乾電池やリチウム電池など使用するものも異なります。

パッケージにはどの電池を使用するか書いてありますので買い間違えない様にしてくださいね!

tsuki
tsuki

買い間違えないように注意してください!笑

発光体(ケミホタル)

夜間での集魚効果や仕掛けの位置を確認するために必要なのが発光体です。

パキッと折ると光りますので、光らせて仕掛けの少し上あたりにつけて下さい。

付ける位置としてはオモリとウキの間で、オモリからウキの長さ分以上の間隔を空けておくと仕掛けがウキに絡むのを防ぐことができます。

tsuki
tsuki

カラーはさまざまなものがありますが黄色が定番です。

集魚ライト

発光体の代わりに電池式の集魚ライトもおすすめです。

ケミホタルなどの発光体のように使い捨てではないため釣行の頻度が高い方にとっては経済的!

ケミホタルより重量があるため、ウキの浮力に注意しましょう。

tsuki
tsuki

できるだけ小さめのものがおすすめです。

オモリ

発光体の下にはスナップ付きのオモリが仕掛けの交換もしやすくおすすめです。

ウキの浮力に合わせたものを選びましょう。

ウキの浮力が3号ならオモリは2号〜3号くらいが適切です。

タチウオの仕掛け

タチウオ 仕掛け

タチウオの仕掛けは各メーカーより様々な種類が発売されています。

定番のものの特徴を確認しましょう。

水平仕掛け

タチウオ 水平仕掛け

水中で餌を水平に保ってくれる仕掛けです。

水平姿勢は餌としても自然な姿勢で食い渋りにも効果が有ります。

鈎を均等にかけるためキャスト時の負担が掛かりにくく、餌が取れたりしにくいため初心者の方におすすめです。

1本鈎

タチウオ 1本鈎

鈎数が少なくタチウオの喰いが良い仕掛けです。

活性が低い場合は特に有効ですがフッキングが難しいため、速アワセは厳禁。

少し待って完全に喰いこませてからアワセるようにしましょう。

段差仕掛け

タチウオ 段差仕掛け

垂直に2段鈎が付いている仕掛けです。

垂直方向で力が掛かり易くフッキングし易いのが特徴。

高活性時におすすめです。

タチウオ仕掛けおすすめ3選

タチウオ おすすめ 仕掛け

初心者にもおすすめのタチウオ仕掛けを厳選しました。

仕掛け選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

【がまかつ】つらぬきタチウオ

フロロカーボンハリス仕様で喰い渋りに効果抜群の仕掛けです。

ハリス止めでエサを貫いてエサ付けするタイプで手返しも抜群。

シンプルで釣れるオールラウンドに使える仕掛けです。

【ヤマシタ】太刀魚仕掛け1本針

シンプルな1本鈎の仕掛けです。

鈎数が少なく掛かりにくいですが、その分太刀魚に違和感も与えにくく低活性時におすすめ。

ワイヤーもしなやかで喰い込みもよい仕掛けです。

【ハリミツ 】タチウオ 水平W

違和感なく喰わせる水平タイプの仕掛けです。

太めのワイヤーで強度も抜群。

夜光のワイヤーと夜光玉でアピール力も高くおすすめです。

セット仕掛けおすすめ3選

タチウオ おすすめ セット

ウキ釣りに慣れていない方はセット仕掛けから始めるのがおすすめです。

誰でも簡単にセットできますので、まずはセットから仕掛けの作り方を覚えましょう。

【冨士灯器】太刀魚セット

ウキ釣り仕掛けに全て必要なパーツが揃ったセットです。

状況に合わせて1本鈎と水平鈎が選べます。

迷ったらこれを選んでおけば問題無しです。

【冨士灯器】タチウオ遠投仕掛セット

乾電池式の電気ウキが付属した仕掛けセットです。

ウキに重みがあり飛距離は抜群。

カラーチェンジできる機能もあり混雑した釣り場でも見間違いにくくできるので、おすすめです。

【ささめ針】うきうき堤防太刀魚セット

電気ウキではなくウキにケミホタルを付けて使うタイプのセットです。

電気ウキを使用しない分リーズナブルな価格に抑えられています。

道糸に接続するだけですぐに使える点も非常に便利です。

一度覚えてしまえばウキ釣り仕掛けは簡単!

ウキ釣り仕掛けは慣れるまでは複雑ですので、構成はきちんと覚えておきましょう。

慣れないうちはセット仕掛けを使って仕組みを覚えるのがおすすめです。

ウキ釣り仕掛け以外の道具や釣り方などは別の記事でまとめていますので、こちらも参考にしてください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました