TwitterはこちらInstagramはこちら

タチウオ釣りの裏技!?【タチウオ 沈め探り釣り】

釣り

今回はタチウオ釣りの裏技を紹介していきます。

「沈め探り釣り」という釣り方で食い渋りに強い釣り方です。本記事では必要な道具や釣り方を紹介していきますのでぜひ、タチウオ釣りの参考にしてください。

堤防からのタチウオ釣りはそれぞれ釣り方別に記事をまとめていますので興味がある方はこちらも参考にして下さいね↓

  1. タチウオを釣る!〜ウキ釣り入門〜
  2. タチウオを釣る!〜テンヤの引き釣り入門〜
  3. タチウオを釣る!〜ワインド入門〜
  4. タチウオを釣る!〜ルアー入門〜
スポンサーリンク

沈め探り釣りって?

タチウオ 沈め探り釣り

基本スタイルはタチウオの電気ウキ仕掛けの電気ウキとオモリを外し、ケミホタルとエサの重みだけで釣りをする手法です。ノーシンカーやフカセとも呼ばれる釣り方でもあります。

以下でこの釣りのメリットやデメリットを確認しておきましょう。

沈め探り釣りのメリット

沈め探り釣り タチウオ

マスターすればかなり強い釣りです。メリットをまずは見ていきましょう。

広い層を探れる

ウキが無く全遊動の状態の仕掛けは表層から底まで沈んでいくので全ての層にアピールが可能。

タチウオが釣れる層が定まらない場合にかなり有効な仕掛けと言えます。

沈下速度が自然

オモリが無く自然なスピードでエサが沈んでいくため、タチウオの喰いも良くなります。

余計な負荷も掛かりにくくタチウオが違和感を感じにくいため喰い渋りにも強いと言えます。

沈め探り釣りのデメリット

どんな時でも釣れる方法ではありますが弱点もあります。しっかり把握しておきましょう。

飛距離が出しにくい

ケミホタルとエサのみでは仕掛けの重量が軽く、細めのPEラインなどを使用しないと飛距離をだすことができません。太いラインを採用している場合は巻き替えが必要です。

手返しが悪い

表層から底まで沈めてゆっくり探る釣りなのでタナが決まっている場合には効率は悪くなります。

また、アタリがあってからも電気ウキの釣りのようにしっかり喰い込ませる間を与える必要があるため、ルアーやテンヤの釣りと比較するとどうしても釣り上げるまでが遅くなります。

沈め探り釣りのタックル

タチウオ 沈め探り釣り 仕掛け

沈め探り釣りに最適な道具をそれぞれ紹介していきます。是非、参考にしてください。

ロッド

この釣りに向いているのは2号の磯竿で3m〜3.6m前後がおすすめ。軽い仕掛けを扱うのに適したしなやかさとタチウオを抜き上げるのに適度なバットパワーです。

サビキ竿とかもありかもしれません。

メバリングロッドや柔らかめのシーバスロッドもOK!

メバリングロッドなども代用可能ですが大型のタチウオの抜き上げなどは注意しましょう。他には柔らかいシーバスロッドも使えます。

リール

PE0.8号が150m程度巻けるリールであれば何でもOKです。タチウオとのやり取りも考えると2500番前後のリールが適正です。

ライン

軽い仕掛けを扱うためPEラインは0.6号〜0.8号程度を150m用意しておきましょう。感度・強度・飛距離としてはこれくらいが適正です。

リーダーは4号程度を1.5m接続、タチウオの歯で傷ついたら即交換しましょう!

仕掛け

ケミホタルであれば50サイズか75サイズが良いでしょう。イエローがタチウオでは定番です。

仕掛けは一般的なタチウオのエサ釣り仕掛けであれば問題ないです!

カツイチ タチウオ 沈め探り

カツイチから専用設計仕掛けが販売されていますが現在は品薄状態!?(2020/3時点)

遠投可能で強風時も使える!ハピソン「かっ飛びボール」・「かっ飛び太刀魚仕掛けセット」

タチウオ かっ飛びボール

ケミホタルを重量のあるかっ飛びボールに変更することで遠投が可能になります。

タチウオ 沈め探り釣り かっ飛びボール

強風時でも使える!筆者的にもお気に入りで超おすすめ。

仕掛けとセットになったものありますのではじめての沈め探り釣りにはこれが良いです。

エサ

エサはキビナゴでもサンマの切り身でもOK!

キビナゴの方が咥え込みやすいのでできればキビナゴにしましょう。塩で締めておくとエサもちもアップします。

沈め探り釣りの釣り方

タチウオ 沈め探り釣り 釣り方

沈め探り釣りでの釣り方の流れやコツを解説していきます。ぜひ、参考にしてマスターしてください。

キャスト

キャストは全力で投げないのがコツです。7割くらいの力で竿のしなりをしっかり使って投げましょう。

全力で投げるとエサに負荷が掛かり過ぎて千切れたりします。

着水後は仕掛けを張る

仕掛けが着水した後は少しリールを巻いて仕掛けを張っておきましょう。これをすることで仕掛けが絡まらずに綺麗に沈んでいきます。

糸を少しずつ出す

仕掛けが沈むのに合わせて少しずつ糸を出してあげましょう。ベールを開けて指で軽く抑えながら沈下速度と流れのスピードに合わせてパラパラと糸を送っていくイメージです。

この時穂先から海に伸びているラインの角度はノの字くらいが丁度良い角度で綺麗に糸を送りやすいです。

アタリ

サミングがかなり重要です!

アタリは糸を送っている間に発生します。タチウオが咥えて走れば糸の出て行く速度が速くなります。その場で咥えて動かない場合は糸が出て行くのが止まったりすることで判断が可能です。

出て行く糸を指で軽く抑えるサミングを行って糸のでる速度をしっかり確認しましょう!

アワセ

アタリが出てもすぐにはアワセずしばらく待ちましょう。しばらく走り続けるようならしっかり咥え込んでいると判断してアワセの準備。糸フケをリールでゆっくり巻き取り仕掛けと竿を一直線にしておきます。

そしてゆっくり竿をあげてタチウオの動きを穂先で感じるようにします。ガツっと重みが乗ったタイミングでアワセると上手にフッキングすることができますよ!

やりとり

後は竿を立ててやりとりです。タチウオは急に引かなくなったりするので油断しないこと。

大型は重量があるため無理な抜き上げも禁物です!

まとめ:渋い時は沈め探り釣りで決まり!

以上がタチウオの沈め探り釣りの釣り方でした。手返しは悪いですが電気ウキの釣りやテンヤの釣り、ルアーより自然な状態でエサを沈めることができ広い層も探れるので釣れる確率はかなり高い釣りです。

実際筆者も釣り場で自分だけこの釣り方で連発した記憶も何度かあります。

威力はある釣りですのでぜひチャレンジしてみてください!

今回は以上です。ここまで読んで頂いた方有難うございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました