TwitterはこちらInstagramはこちら

はじめてのレンタルボート【レンタルボート入門】

釣り

今回は自由度抜群!レンタルボートの釣りを紹介。小型の船を1隻レンタルして自分で操船して好きな魚を狙うというちょっと贅沢な釣りです。

自分でプレジャーボートを所持している方やゴムボート、カヤックの方にも共通している所もあります。自分で船に乗って釣りがしたいと言う方には参考になると思いますので是非チェックして下さい。

スポンサーリンク

レンタルボートの魅力

魅力的なのは自分でポイントを探して釣る喜び、ターゲットは定まっていないので釣り方も自由と遊漁船にはない魅力が有ります!!

釣り方が決まっていない為、状況に応じて最適な釣り選択できるのも魅力です。

レンタルボートでできる釣り

色々釣れます

基本的にはどんな釣りでもOK!ジギング、タイラバ、ひとつテンヤ、のませ釣り、エギング、サビキなど。とにかく自由です( ´ ▽ ` )ノ

レンタルボートに乗るまで

初めてでどうしたら良いかわからないという方に細かい所も説明しておきます。筆者は昔、沖に出れば釣れるだろうと考えてレンタルボートに乗ったのが船釣りデビューでした。笑

レンタルボートの免許

まず必要なのはレンタルボートの免許です。免許不要の2馬力のレンタルボートなども存在しますが本格的なものをレンタルするのであれば免許が必要です

免許は2種類

  • 1級小型船舶
  • 2級小型船舶

1級と2級で異なるのは航行可能な範囲。2級であれば5海里(約9km)、1級なら制限なし(厳密には異なりますが)の違いです。

近海だけであれば2級で余裕があれば1級があった方が良いですね!

免許は2級であれば費用は10万円前後で2日間くらいで取れます。1級であれば費用は14万円前後で4日間くらいが目安です。筆者は学生の頃バイトしまくってサクッと1級をとりました。内容自体は難しく有りませんので予算と期間と相談しましょう。

お住まいの地域の「船舶免許」で検索すれば金額やコースのプランがわかります。

レンタルボート屋さんへ

免許が取得できたなら次はレンタルボート屋さんへ。電話で予約して船を借ります。

金額は大体2万〜3万くらいが目安でしょうか。船のサイズなどにもよりますが定員6名の船に2~3名で乗って一人1万前後と言った所です。(定員一杯で乗ると窮屈かつ危険です)

情報収集をお忘れなく!

段取りができたならいざ出船。航行中注意するべきは周りの船の動向や定置網などの位置。事故などのトラブルには細心の注意を払いましょう!

定置網の位置などはレンタルボート屋さんがアナウンスしてくれる場合が有ります。また、同時に実績のあるポイントなども教えてもらえるので情報は聞けるだけ聞いちゃいましょう。

レンタルボートでの釣り方

いざ海に出たのは良いがどこでも釣れる訳ではありません。いくつかのポイントを抑え海からいろんなヒントを得てあの手この手で釣っていきましょう!

魚探は心強い味方

船釣りをするにあたって一番良いのは魚探がある船です。搭載されている船があれば迷わず選びましょう。

魚探を眺めて操縦していると底がゴツゴツしている場所やフラットな場所、ピンポイントで盛り上がっている場所(漁礁)などなど。小魚の群れは魚探で赤くたくさん映る事もあります。

それぞれ海中の様子がイメージし易くなるので魚探は小まめに見て釣り方を合わせて対応していきましょう。

タイラバ ・ひとつテンヤで五目狙い

レンタルボートで最もお手軽なのはタイラバやひとつテンヤ。ドテラ流しで探っていくのがおすすめです。ドテラ流しというのはエンジンを切って風まかせで船を流して広い範囲を探っていく方法です。

釣りしながら操船するのも大変なのでまずはこの方法で遊ぶのが初めての方にもおすすめ。船を流しながらなのでアンカーも打たなくて大丈夫ですよ!

この釣り方ではタイや根魚、青物、アマダイなどいろんな魚が狙えます。地域にもよりますが水深40m~60mの底がフラットな砂泥地帯であれば割とどこでも通用する釣りですのでまったり風任せでやってみましょう。

ある程度流したらまた、船のエンジンをかけて少し移動してコースを変えて流すのを繰り返していきます。

詳細な釣り方は別記事でまとめています。是非参考にして下さい。

ジギング

シーバスや青物のチャンスです

魚探などに反応があれば回遊魚などの群れがいるチャンスです!それを追いかけている魚もいるかもなのでジギングをそのタイミングで試しても良いでしょう。

また、海ではナブラが起きる事もあります。(小魚群れが水面まで追い詰められ捕食されている状態)

海面がザワザワしているならそこにルアーを投げ入れて青物などが釣れるチャンスも訪れますよ( ^ω^ )

海底の変化を探そう!

魚探を見ていると海底の起伏が有りがゴツゴツしている場所も見る事ができると思います。

高級魚アコウも狙える

そういった場所には根魚が多い傾向なので底を中心に釣りをしていくと釣果が望めます。釣り方はタイラバ やひとつテンヤでOKです。

タイラバ やひとつテンヤで反応がない場合は魚探を頼りにまずはサビキでアジ、イワシなどの小魚を確保してそういう場所でのませ釣りをするのも効果的でしょう!

通う程釣果アップ!

こんな感じで状況に合わせていろんな釣り方ができるのがレンタルボートの魅力です。さらに釣果をあげるには同じフィールドに通うのがコツです。この場所にこういう魚がいるというのが段々わかってくるので戦略の幅が広がります!

めちゃくちゃ面白いので是非チャレンジしてみて下さい。

今回はここまでです。読んで頂いた方、有難うございます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました