TwitterはこちらInstagramはこちら

チヌを釣る!〜道具編【フカセ釣り入門】〜

釣り

こんばんは。tsukiです! 前回はフカセ釣りについて簡単に紹介しました。

今回はそのフカセ釣りに必要な道具についてもう少し細かく説明していきますね。

スポンサーリンク

フカセ釣りの道具

チヌのフカセ釣り仕掛けの全体像はこんな感じです。

ちょっと複雑かも知れませんが頑張って覚えていきましょう。

ロッド

竿は磯竿を使いましょう。仕掛けがウキ釣り仕掛けは長くなるので長い磯竿がおすすめです。5m前後くらいですね。号数は1号前後の柔らかい竿がおすすめです。

チヌ専用モデルも出てます。鱗海AXはチヌフカセのエントリーモデルでは一番しっかりした竿です。この価格帯でしっかりスクリューシートなのは嬉しいですね。

リール

リールはスピニングリールの2000番〜3000番くらいがおすすめ!磯釣りと兼用するならレバーブレーキリールもおすすめです。

レバーブレーキリールって?という方は後日また紹介しますのでそちらをご参考に!

小物類諸々

ロッドリール以外にもたくさんのアイテムがあります。一つ一つ解説していきますね( ´ ▽ ` )ノ

道糸

道糸はナイロンライン1.5号〜2号を150m以上。初めてなら2号くらいではじめましょう。

ウキ止め・シモリ玉・ウキペット

ウキを使うにはウキ止め糸とシモリ玉が必要です。シモリ玉の前にウキ止めをつけましょう。

シモリ玉はできるだけ小さめの方が良いです

棒ウキやカン付きの円錐ウキと道糸の接続にはウキペットも必要です。(中通しの円錐ウキの場合不要です)

ウキ

近辺の防波堤などでは棒ウキをメインに使ってみましょう。アタリがわかりやすいです。浮力は3B〜5Bくらいが標準的です。

遠矢ウキ

棒ウキではこの遠矢ウキシリーズがとてもおすすめです。飛距離も出ますし感度は抜群!

棒ウキとしては群を抜いて使いやすいと個人的に思っています。しかし現在は品薄状態。釣具店で見かけたら買っておくと良いです。

絡まん棒・サルカン

ウキの下には絡まん棒ですね。絡まん棒とハリスの距離はウキの長さより長くして下さい。

これをすることでウキがハリスに絡むのを防げますので。

サルカンを結んでハリスと接続します。

ガン玉のセッティング

ハリスは1〜2mくらいでその中間にガン玉(オモリ)をうつ感じです。

ガン玉の重さや打つところが滅茶苦茶重要だったりするのですが初心者の方にはハードルが高いのでまずは中間のところにうってみましょう。

3Bのウキなら3Bのガンダマをハリスの真ん中くらいに打てば良いかな。

もしくはサルカンの上に3Bのガン玉1個と鈎の少し上40cmくらいのところに5号くらいの小さめのガン玉を打つセッティングも良いでしょう。

釣り場の水深や流れによってここのセッティングはコロコロ変えていくのでこれなら絶対釣れるというのはありません( ;∀;)

鈎はチヌ鈎の2~4号くらいが無難です。

鈎は基本的にこの掛かりすぎチヌ一択でOKです。それくらい掛かりやすいです。茶色のカラーも食い渋り時に効果を発揮します。

慣れないうちはカン付きといって鈎のチモト(根元)に穴が空いているものが結びやすいかもしれません。

刺し餌

刺し餌もいろいろあります!

定番のオキアミ。

コーンは黄色がアピールになったり餌取りに強いなどの特徴があります。オキアミと一緒に刺すのもOK

練り餌も種類豊富。こちらも餌取り対策に有効。重たいので本命の層まで早くいきます。

サナギも餌取りに強いです。練り餌に比べると軽いのが特徴です。

いろいろ紹介しましたが始めのうちはオキアミ一択でも十分です。

その他

玉網も必須アイテムです。チヌは重量があるので柔らかい磯竿で抜き上げるのは困難ですので網も用意しておきましょう。長さは長い程どんな釣り場でも使えますがその分重たくなります。

良く行く釣り場に合わせた長さにしましょう。

後は、前記事でも紹介したバッカンや水汲みバケツ、シャクなどを揃えておけば準備はOK!

前記事も是非参考にして下さい↓

また別記事で釣り方について紹介しています。こちらも是非参考にして下さい↓

今回は以上です。ここまで読んで頂いた方、有難う御座います。

肉ばっかり食べてた週末でした( ´ ▽ ` )ノ


コメント

タイトルとURLをコピーしました