TwitterはこちらInstagramはこちら

タチウオを釣る!〜ウキ釣り仕掛け解説〜

釣り

今回は電気ウキで狙うタチウオについて、中でも仕掛けに焦点を当てて詳しく解説していきます。それぞれパーツ毎に役割とおすすめアイテムを紹介しますよ。

釣り方やロッド・リールに関しては別の記事でまとめていますのでこちらの記事も参考にしてください↓

スポンサーリンク

ウキ釣りの小物類

タチウオ ウキ釣り 仕掛け
相変わらず雑な図だ…笑

タチウオのウキ釣りは半遊動のウキ釣り仕掛けで狙います。初心者の方には少し複雑ですのでどのような構成になっているのか一つ一つ確認していきましょう。

ウキ止めゴム

道糸に取り付けウキを止めるゴムです。ウキ止めゴムの位置を調整することでウキ下の長さを決めることができ狙いたい層に仕掛けを留めることができます。

扱う道糸に合わせた規格のものを選びましょう。大抵はパッケージに記載されています。

扱い易く初心者におすすめですがガイドに引っ掛かり易い弱点もあります。

ウキ止め糸とシモリ玉

ウキ止めゴムと同じ役割を持つウキ止め糸というアイテムもあります。道糸に結び付けることで使用でき、ウキ止めゴムより小さくガイドに引っ掛かることはありません。

しかしながら、単品ではウキ(ウキペット)を通り抜けてしますため、シモリ玉を噛ませて使用します。

ウキ止め糸がシモリ玉に引っ掛かり、シモリ玉がウキ(ウキペット)に引っ掛かることでウキが止まります。

シモリ玉はできるだけ小さいものの方が余計な抵抗を受けずに済むのでおすすめ。こちらも道糸に合わせた規格のものを選びましょう!

電気ウキ

タチウオ釣りで大事なのが電気ウキ。

ウキは号数と呼ばれる規格が表示されていて、浮力を示します。数字が大きくなるほど浮力は高く、重たいオモリを使用できるようになります。

号数などの選び方については話が長くなるため、別の記事でまとめています↓

一先ず1つ選ぶのであれオールラウンドな3号程度の浮力にしておきましょう。色は自分が見易いと感じる色にしましょう。個人的には夜間であれば白が一番見易いです。

電池はお忘れなく!

電気ウキを使用する際は電池をお忘れなく。ウキの種類によっては乾電池やリチウム電池など使用するものも異なります。

パッケージにはどの電池を使用するか書いてありますので買い間違えない様にしてくださいね!!(←割とよくある!?笑)

発光体(ケミホタル)

夜間での集魚効果や仕掛けの位置を確認するために必要なのが発光体です。パキッと折ると光りますので光らせて仕掛けの少し上あたりにつけて下さい。

黄色が定番カラーです。

付ける位置としてはオモリとウキの間にセットしておきます。オモリからウキの長さより長めの間隔を空けて接続してください。この間隔を保つことで仕掛けがウキに絡むのを防ぐことができます。

集魚ライト

発光体の代わりに電池式の集魚ライトもおすすめです。発光体のように使い捨てではないため釣行の頻度が高い方にとっては経済的になりますよ♩

オモリ

発光体の下にはスナップ付きのオモリが定番。ウキの浮力に合わせたものを選びましょう。ウキの浮力が3号ならオモリは2号〜3号くらいが適切でしょう。

タチウオの仕掛け

タチウオの仕掛けは各メーカーより様々な種類が発売されています。定番のものだけそれぞれの特徴を確認しておきましょう。

水平仕掛け

水中で餌を水平に保ってくれる仕掛け。水平姿勢は餌としても自然な姿勢で食い渋りにも効果有り。

また、鈎を均等にかけるためキャスト時の負担が掛かりにくく、餌が取れたりしにくいため初心者の方におすすめ。どの方向からタチウオが食べてもフッキングし易く誰にでも釣りやすい仕掛けです。

1本鈎

鈎数が少なくタチウオの喰いが良い仕掛けです。活性が低い場合は特に有効ですがフッキングが難しいため、速アワセは厳禁。しっかり喰いこませてからアワセるようにしましょう。

段差仕掛け

垂直に2段鈎が付いている仕掛けです。垂直方向で力が掛かり易くフッキングし易いのが特徴。

高活性時におすすめです。

簡単セットでウキ釣り仕掛けを覚えよう!

ウキ釣り仕掛けの各種小物をそれぞれ紹介してきましたが、慣れない初心者の方にとっては少し複雑に感じることでしょう。

それぞれバラバラに用意していると買い忘れなどにも繋がるので慣れないうちは全て入っているセット仕掛けを用意するのがベストです。

セットの仕掛けを使用していく間に仕掛けに構成や作り方についても慣れてきます。

まずはセット仕掛けでスタート。はじめの釣行で不足している小物などを買い足して次回の釣行へという流れでタチウオ釣りの知識もだんだんついてくることでしょう。

ぜひ、本記事を参考にしながらタチウオのウキ釣りにチャレンジしてみてください。

また、タチウオはウキ釣り以外にもたくさんの釣り方で楽しむことができます。それぞれ別の記事でまとめていますのでチェックしてください↓

  1. タチウオ釣りの裏技!?【タチウオ 沈め探り釣り】
  2. タチウオを釣る!〜テンヤの引き釣り入門〜
  3. タチウオを釣る!〜ワインド入門〜
  4. タチウオを釣る!〜ルアー入門〜

今回はここまでです。読んで頂いた方ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました