TwitterはこちらInstagramはこちら

グレを釣る!【磯釣り入門】〜道具編/磯竿とリール〜

釣り

フカセ釣りに必要な道具をご紹介!今回はロッドとリールに焦点を当ててお話していきます。

別記事で磯のフカセ釣りをはじめる前にと言った感じの内容も紹介していますので是非参考にして下さい↓

スポンサーリンク

磯釣りの道具

磯釣りの仕掛けはざっとこんな感じです。今回はロッドとリールをそれぞれ解説していきながらおすすめモデルもご紹介♪

磯竿

まずは磯竿。磯は足場の高いところが多くそのような場所では磯竿のような長い竿でないと仕掛けの操作ができません。

この長さは手前の障害物に潜り込む魚などとやり取りするのにも絶対必要な長さですので基本は5m〜5.3mあたりの規格を選んでいきましょう。

磯竿はケチらない方が良い!?

安価なものでは1万円以内で手に入る竿もありますがこういう竿は竿の素材(カーボン)が微妙なものが多いのと重量が重いものが多いのも事実です。

この辺りのデメリットについて説明していきますね( ´ ▽ ` )ノ

高額の竿というのは素材であるカーボンの巻き方やグレードなどこだわって作られています。

これは魚を掛けた時、つまり竿が曲がった時に元に戻ろうとする力が強いので魚をあげてくるのが楽になります!

手前は障害物だらけ

磯では障害物が多いので出来るだけ速く魚を浮かせてくる事ができるような竿がベストですね。

次に重量なのですが長い竿は一日持っているとかなりの重さを感じ疲れてきます。ここで軽量な竿だとだいぶ負担が違うということですね!

安価な竿でも釣りができますが釣りをより快適に楽しむ為に出来るだけ高いモデルを選びましょう。笑

価格帯別おすすめ磯竿

筆者的におすすめのモデルをピックアップしておきます。

ちょっとこだわるなら(2万〜3万円台)

だいたい2万〜3万くらいの磯竿であれば及第点でしょう!

ラディックスがコスパ良いです!

本格的に(4万〜6万円台)

ちょっと気合いがいる値段ですがこの価格帯であればスペックは十分です!

超高価格!?(10万円以上〜)

ここまではエキスパートの方でも中々持って無いですよね….

その内イソリミテッドは買ってインプレしたい…..。笑

スクリューシートがおすすめ!

上位モデルであれば大体採用されているのが回して締めるタイプのスクリューシート。

パッチンして止めるのがプレートシート

プレートシートに比べてリールをしっかり固定できるのでガタつきは少ないです。ここも見ておくポイントでしょうね!

金額が高ければ高い程、軽量で高強度かつ諸々のスペックが高くなってきます。特に大きい魚を獲りたいならこだわってください。

筆者はシマノ ベイシス1.5-500を愛用中♪

リール

続いてリールです。磯釣りではレバーブレーキリールというのが主流です。

レバーブレーキリールについて

普通のスピニングリールでも磯釣りは可能ですがレバーブレーキが磯釣りには最適ですのでこちらも用意しておく事をお勧めします。

このレバーを握っておく事で糸は出ない握らないと糸が出て行く仕組みになっているリールです。

この機能によって魚とやり取りしている際はギリギリまで竿をたててやり取りする事ができるので常に魚に最大の負荷を掛けておく事ができます。

普通のスピニングリールのドラグを使ったやり取りではドラグが緩いと糸を出され続けて根(障害物)に潜られ糸が切れます…

糸が出ないようにドラグを締めすぎると糸に負荷がかかりすぎてラインブレイクも発生します…

レバーブレーキを駆使して限界まで竿を立てて溜め続けて魚を弱らせる。うっ、ヤベっ!ってくらい魚が引いたらレバーを離して少し糸を出してまた竿を立てる感じです。

慣れるまでは少し時間が掛かりますが魚をたくさん釣ってマスターしていくしかありません。笑

外道でも何でも練習と思ってやりとりしておくと良いです。

おすすめリール

レバーブレーキリールも少しお高いです。

エントリーモデル

エントリーモデルでもしっかりしたものは2万円くらいから。

ダイワのニューモデル”シグナス”はコスパ抜群でおすすめです!

中級モデル

筆者も愛用中のハイパーフォース!この価格帯でスットブレーキ採用。やり取りの際とっても快適です。

上級モデル

この価格帯のリールまで用意する必要は無い気がします。使っている人に怒られそうですが….

玉網も忘れずに!

磯は高い足場で釣りをする事が多い為、長めの玉網が必須です。5m以上の玉網は用意しておきましょう。

高額の玉網は採用されているカーボンが良い為、軽量で伸ばした時もシャキッとしていて魚を掬う時のブレが少ないです。余裕がある方はここもこだわっておくのが良いです。

磯の道具はやっぱり高い。笑

他の釣りと比較すると磯釣りの道具は高いですね…

まあ揃えて後悔はないと思います。磯釣りは面白いので!!笑

さてさてその他道具もたくさんあります。その他の細々した物は別記事にて紹介していますので是非参考にして下さいね↓

ここまで読んで頂いた方有難うございます( ´ ▽ ` )ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました