TwitterはこちらInstagramはこちら

チヌを釣る!〜フカセ釣りって?【フカセ釣り入門】〜

釣り

こんにちは!tsukiです。今回は堤防から手軽にパワーファイトが楽しめる!チヌのフカセ釣りについて紹介していきます!

スポンサーリンク

チヌってどんな魚?

まず、チヌについて紹介していきましょう( ´ ▽ ` )ノ

チヌはクロダイとも呼ばれるタイの仲間で全国の海や河口などに広く生息している魚です!手軽に引きの強い魚が釣れるので結構人気がある釣りです。

意外と美味しい

鯛に近い味です!

綺麗な海で釣れるチヌは臭みも少なく美味しい魚です!

フカセ釣りって?

このチヌもたくさんの釣り方で釣れるのですが今回はフカセ釣りについて紹介していきますね。

フカセ釣りとは撒き餌を撒き魚を集めてその撒き餌と仕掛けを同調させる。そのまま仕掛けを流れに漂わせる(フカセ)釣りというイメージですね。

フカセ釣りの仕掛け

仕掛けの全体図はこんな感じですが仕掛け以外にも必要なものがいろいろあるのがフカセ釣り。

フカセ釣りの必須アイテムを紹介

仕掛け以外にも色々必要なのがフカセ釣り。ちょっと面倒臭いかもですが覚えておきましょう。

バッカン

フカセ釣りには撒き餌が必須です。なので撒き餌を入れておく必要がありますのでバッカンという入れ物を用意しましょう!

これに撒き餌を入れて撒きます。

シャク

餌を撒く為に必要なのがシャクです。デュエルのマジックシャフトは弾力があって遠投性は高いです。低価格なのも嬉しい所。

シャク立て

シャク立てもあった方が釣りがしやすいです。水を入れておくと撒き餌のシャク離れが良くなって撒き餌のコントロールが効きやすいです。

水汲みバケツ

後は水汲みバケツがあった方が良いでしょう。手を洗う、撒き餌の水分調整、釣り場の掃除などなどいろいろ使えます。

フカセの撒き餌について

で、撒き餌撒き餌って散々言ってるけどそもそも撒き餌とはなんでしょうか?

チヌはオキアミという餌が大好きです。なのでチヌのフカセ釣りで使うのはオキアミです。

このオキアミを使っていくのですがこれだけではバラけ易く思ったところに餌を撒くのが困難です( ;∀;)

これをカバーするのが集魚剤。集魚剤と混ぜることでフカセ釣りに最適な撒き餌を作ることができます!

この集魚剤にも集魚効果があったり比重が変わったりいろんな効果があるものが販売されています。

特にチヌは底にある餌を拾って食べることが多いのでチヌの集魚剤は比重が高くオキアミをしっかり沈める効果があるものが多いです。

集魚剤がある事でメリットはたくさんありますので絶対に使いましょう。集魚剤とオキアミの混ぜ方などは集魚剤のパッケージ裏面に書いてますのでそちらを参考に!

撒き餌の分量

基本は集魚剤1袋とオキアミ3kg程度がオーソドックスでこの分量で4〜5時間程は釣りが可能です。

人によって撒くペースは違いますし釣りをする時間も異なりますのでこれより増やしても減らしても構いません。

例えばちょっとだけ釣りしたいって方はオキアミ1.5kg+集魚剤1袋。

一日がっつりやりたい人はオキアミ6kg+集魚剤3袋などなど。

用意できたら釣行前にしっかり混ぜていきましょう。

慣れるまでは結構な重労働だったりします。釣り具店には餌を混ぜるスペースがあるところもありますのでそこでムラなくしっかり混ぜていくのが良いです。(集魚剤の粉っぽいところがなくなるまで)

バッカンの中で混ぜるのも可能ですがちょっとしんどいですね。

マゼラーがあると便利

餌混ぜ用の道具もありますのでそちらも用意しておく必要があります。

混ぜる事ができたら少し水分を足しておきましょう。(撒き餌を軽く握れば団子状になるくらい)

水を入れすぎるとベチャベチャになるので注意です。

現場でも水は足せますので少し水分を少なめにしておくのも良いでしょう。

刺し餌もお忘れなく

撒き餌を用意するのも大事ですが刺し餌を用意するのも忘れずに。

実際に鈎につけてチヌに食べさせるのが刺し餌です。

オキアミが定番ですがそのほかにもコーン、練り餌、サナギなどいろんなものがあります。

アタリ餌は変わる時もありますのでいろいろ試してみましょう。

下準備はこんな感じです!ここまで読んで頂いた方有難う御座います( ´ ▽ ` )ノ

細かい道具や釣り方については別記事で紹介していますのでそちらも参考にして下さい↓

バンドリのフィルムライブに行きました!

キャラがしっかり動いて演奏してライブ感( ´ ▽ ` )ノ

最高です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました