TwitterはこちらInstagramはこちら

タイラバって何?タイラバの道具【タイラバ入門】

釣り

今回は人気上昇中のタイラバについて紹介していきます。手軽な操作でタイが釣れる為、ビギナーの方にも人気の釣りです。

スポンサーリンク

タイラバって?

まずはタイラバって何?というお話から。

タイラバとはタイを釣るルアーの一種でオモリとラバー製のスカートのセットの事を指します。一風変わった見た目ではありますがこのタイラバが海中で生命感を出して思わずタイが喰らいついてしまうという釣りです。

操作としてはこのタイラバを海底まで落として巻き上げて来るだけ!特別な誘いは必要なく簡単です。

タイラバで釣れる魚

タイはもちろんタイ以外の魚も不思議と反応します。

シーバスや青物

根魚はもちろん

超高級魚シロアマダイ!!

アマダイなんかも狙えちゃいます!

魚には何に見えているのか判りませんがこのスカートの動きは絶妙な生命感を演出してくれるようで様々な魚が反応して釣れます。

掛かるまでのドキドキ感が堪らない

この釣りで大事なのは我慢。特にタイは何度も何度も噛む様にしてタイラバ捕食してきます。

鈎とオモリが分離しているこの仕掛けはアタリがあってもすぐにアワセてはいけません。構造上速アワセでは力が上手く鈎に伝わらず鈎が掛からない、そしてタイに違和感を与えてしまうという現象が発生します。その為、タイ本格的に食い込むまではアワセず巻き続けるのがこの釣りのコツ。

アタリがあって掛かるまでのドキドキ感は堪りませんよ♪

タイラバのタックル

タイラバの仕掛けの全体図はこんな感じです。比較的シンプル。道具について以下でそれぞれ解説していきます。

ロッド

竿は専用ロッドが好ましいです。タイラバのロッドは柔らかい竿が多いのが特徴です。

専用ロッドのメリットとしては

  • 波が高くてもロッドが跳ねにくくタイラバの動きが安定し易い
  • 軽量でタイラバに扱い易い長さ
  • ロッドが柔軟で細いラインを扱える
  • タイがバイトした時に違和感を与えにくい

以上の事から専用ロッドがおすすめで硬め竿はあまり向いていません。ただ上記に当てはまるような竿であれば使用も可能です。短めで柔らかい船竿なども良いでしょう。

リール

リールは軽量のベイトリールがおすすめです。スピニングでタイラバという選択肢もない訳ではないですが初心者の方はまずベイトリールにしましょう。

ベイトリールを使用するメリットとしては

  • 巻いて落とす動作がスムーズにできる
  • 一定のスピードで巻き易い

という感じです。

できればカウンター付きがオススメ!

また、ベイトリールの中でもカウンター付きのリールであればアタリがあった層が把握し易いのでできればカウンター付きが良いです。タイラバが流れている位置も把握し易いです。

PEライン・リーダー

PEラインは細めであればあるほど有利。0.6号〜0.8号あたりが目安です。

リーダーはフロロカーボンの3号〜4号が定番です。1ヒロ(1.5m)程接続しておきましょう!

タイラバ

タイラバは種類がたくさんあります。細かい選び方についてはまた別記事で紹介します。一先ずはタイラバのヘッドの重さやスカートは選択肢を複数用意しておきましょう。

タイラバの細かい選択についてはまた別記事にするとしてとりあえず重さとスカートは色々選択肢を用意しておきましょう。

タイラバのヘッドにはグラム数が色々あって最適なものは釣り場によって変わってきます。大阪湾では60gや80gを使う釣り場が一般的には多いかなと言ったイメージですが潮流が速い状況ではそれ以上のものが必要になってくる場合がある為、必ず複数用意しておきましょう。

道具などに関しては簡単ですがこんな感じです。

釣り方に関しては別の記事でまとめていますので是非参考にして下さい↓

今回は以上ですここまで読んで頂いた方有難うございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました