TwitterはこちらInstagramはこちら

グレを釣る!【磯釣り入門】〜磯釣りって?〜

釣り
スポンサーリンク

底なしの奥深さ”磯釣り”

景色も最高!
自然に挑んでいる感じがします!!

磯のフカセ釣りは個人的には最も面白い釣りの一つだと思っています。

大変だけど面白さは釣りの中でも群を抜いています!

そしてこの釣りは奥が深いですし、磯に渡ることや仕掛け、道具の準備など釣り初心者の方には少しハードルが高いかもしれません。正直、筆者も得意かと言われると怪しいですがそれでも釣れる場合もあります。

しっかりポイントを抑えれば釣れますので頑張ってマスターしていきましょう!

磯釣りって?

まずは磯釣りって?という方に色々紹介していきますねー。

磯釣りのメインターゲット”グレ”

磯釣りで狙う魚のメインターゲットは”グレ(メジナ)”という魚です。磯釣りと言えば大半はこのグレ狙いの釣りを指します。パワフルな引きとそのゲーム性の高さから広い世代にとっても人気の魚種です。

鍋とか最高っ!

そして冬のグレは寒グレと呼ばれとっても美味しいです。

グレのシーズン

このグレ自体は年中釣れますが旬も冬ですし、釣りをするシーズンとしても餌取りが少なくなる冬がベストシーズンですね!

グレ釣りのポイント

グレはどこにでも生息しているのですがポイントとしては磯場を好んで生活していますので防波堤ではなく磯がメインフィールドです。

グレのフカセ釣り

このグレはフカセ釣りで狙います。オキアミと集魚剤を混ぜたコマセで魚を寄せて釣る手法です。

チヌの記事でもフカセ釣りに付いて触れていますので良かったらどうぞ↓

磯釣りのターゲット(グレ以外)

グレ以外にも磯ではたくさんの魚が釣れます。

イサキ、マダイ、シマアジ、チヌ、青物、サンノジ、イガミ(アオブダイ)、イズスミ、タカノハダイ、カワハギ、アイゴなどまあーたくさんの種類の魚が釣れます。何が釣れるかもわからないのが磯釣りの面白さの一つです。

初めての磯は渡船を利用するのがおすすめ!

磯は海岸線にいたるところにありますのでそのまま釣りができそうな磯で竿を出すのもありでしょう。

ただ、磯には危険がいっぱい。足場が悪い、波の干満によって水浸しとかザラです( ;∀;)そこらにある磯はポイントも実際は良く分からない場合がほとんどです…

なので適当にその辺の地磯に行ってみるよりは渡船屋さんを利用して既にポイントとして確立されている場所に渡してもらいましょう!

渡船屋さんで渡れる磯は歩いて渡るのは困難な沖に出ている磯や、昔から実績のある好ポイントに渡してもらえますので是非利用しましょう。

重たい荷物を持って磯を歩かなくてもいいですし、定期的に見回りも来てくれるので安全面でも良いかと思います(^ω^)

渡船屋さんにはいろんなスタイルがありますので調べて電話で確認しましょうね!

磯釣りの準備

さて磯に渡る前に準備です。それぞれ大まかに紹介していきますね!

撒き餌の準備

フカセ釣りに必須なのが撒き餌。オキアミ3kgと集魚剤1袋を基準に釣りする時間を考えて用意しましょう。

筆者は無くなったら嫌なのでいつも多めに用意します!磯に渡ってしまえば買い足しにいけませんからね。

量は一日やるのであればオキアミ6kgと集魚剤3袋くらい使用しています。

これでいつも少し余るくらいです。そしてコマセは激重です(14kgくらいかな?)

フローティングベスト

もう一つ大事なのはフローティングベスト!

自動膨張式もありますがゴツゴツした岩場では破れたりする可能性もありますのでベストのタイプをおすすめします。

道具もたくさん入りますしここに仕掛けなどの細かいものはたくさん入れておきましょう。

ブーツ(シューズ)

靴にもこだわってください。磯の足場は濡れる事も多いですし滑りにくいものが必須。

靴底がフェルトにスパイク(ピン)が付いているフェルトスパイクシューズもしくはブーツがいいでしょう。ラバーも付いているのもあります。

防寒着

後は防寒着ですね。体温を保つ事で体力が奪われません!長時間の釣りですので性能にもこだわりましょう!

その他細かい道具に関してはまた別記事で紹介します。

磯に渡る

出船時刻に渡船屋さんに集合していざ磯へ。

磯に降ろしてもらえる順番は予約順だったり、先着順だったり、希望を聞いてもらえるところや常連優先などほんと色々。笑

船頭さんに聞いておきましょう。

船に乗って磯に船をつけてもらう時は要注意。波の上下で船が動いてバランスが崩れ落水( ;∀;)大事故に繋がる場合もあるので細心の注意を払いましょう!!

無時に到着!

重たい荷物も持ってるのでここが一番大変です。さてようやく釣り開始ですが今回はここまで。

また次回から道具や釣り方など紹介していきまーす。ここまで読んで頂いた方ありがとう御座います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました