TwitterはこちらInstagramはこちら

ひとつテンヤって?【ひとつテンヤ入門】

釣り

今回はひとつテンヤについて紹介していきます。エビでタイを釣るという言葉通りの釣りです。ゲーム性が高く、アタリも多い釣りで楽しいですよ!

スポンサーリンク

ひとつテンヤって?

大漁!

まずはひとつテンヤという釣りについてお話していきます。オモリがついた鈎にエビをつけて魚を釣るというシンプルな釣法でその歴史は古く江戸時代に遡ると言われています。

エビは弱いので現地で用意してもらうのが良いです

エビは海の魚にとって大人気のエサで釣れる魚種が多彩、アタリが多いという面白い釣りです。

ひとつテンヤのターゲット

ひとつテンヤで狙える多彩な魚種を紹介!

マダイ

ひとつテンヤの代表的なターゲットはマダイ。大型の個体は1m近くに成長するものもいてその引きは強烈!

根魚

ハタ系の根魚もエビに良く反応します。オオモンハタやアコウなどが代表的なターゲット。食味も良く釣れたら嬉しいですね。

その他

釣れる魚種は多種多彩です。青物やヒラメ、時にはサメなんかも来ます。笑

ひとつテンヤのタックル

ひとつテンヤの道具などを紹介!

仕掛けの全体はこんな感じです。船釣りの中では結構シンプルな仕掛けです。

ロッド

竿はひとつテンヤ専用のロッド、その他にはタイラバの竿やイカメタル・ティップラン(エギング)のロッドでも可能でしょう。

専用ロッドはテンヤの操作がしやすくタイのアタリがあった時も掛けやすい調子になっていますよ。

リール

リールに関してはスピニングでもベイトリールでも可!

軽いひとつテンヤならスピニングリールの方が扱い易いです。また、一日竿で誘い続ける釣りのためできるだけ軽量のモデルを選びましょう。

重たいテンヤならベイトリールの方が巻き上げなどが楽です。カウンター付きリールを使用するとアタリがあったタナも把握し易く釣果に繋がり易いです。

PEライン・リーダー

ラインに関してはできるだけ細めのPEラインを使用しましょう。号数は0.6号〜1号くらいが適正です。扱うひとつテンヤ自体が軽いものですので糸が太すぎると沈むのが遅く潮に流されていってしまう状況になってしまいます( ;∀;)

リーダーはフロロカーボンの2号〜3号くらいですが思わぬ大物がくる事もあるので4号あたりを選択するのも良いです。

ひとつテンヤ

ひとつテンヤの選び方に関しては重さが色々ありますが潮流などにもよるので水深何mで何号というのは決まっていません。おすすめは着底が確認できる範囲で軽めのものを選択するのが良いです。

釣りをする範囲としては30m~80mラインが多くこの範囲では8号、10号、12号くらいと幅がありますがこのあたりを用意しておけば釣り可能でしょう!

水深が深い70m〜80m程になってくると15号や20号のテンヤも用意しておくのが良いですね。状況に合わせて色々な重さを用意しておくのが釣果への近道ですよー!

ひとつテンヤのエビ

ひとつテンヤのエサはエビです。

小さいエビは2個つける

船宿さんによっては活きたエビを用意してくれる場合もあるのでそちらがおすすめ。

活きたエビは高水温に弱いため、使用する場合は活かしておくクーラーとエアーポンプも用意しておきましょう。活きたエビの利点としては頭が取れにくい為アピール力が維持できます。

用意が困難な場合は冷凍のエビ。

もしくはワームで釣りが可能です。

ひとつテンヤの概要は道具などに関しては以上です。実際の釣り方などについては別の記事でまとめていますので是非そちらも参考にして下さい↓

ここまで読んで頂いて有難うございます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました