TwitterはこちらInstagramはこちら

【エギング入門】アオリイカを狙う|道具編

釣り

堤防から手軽にイカを釣ることができるエギング。シンプルな道具で美味しいイカが釣れるため非常に人気の高い釣りです。

本記事ではアオリイカのエギングにおいて知っておくべきことや必要な道具についてまとめています。ぜひ、エギングをはじめる際の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

アオリイカって?

エギング アオリイカ

エギングでのメインターゲット、アオリイカについて簡単に紹介します。

北海道の南部以南のほぼ全国の沿岸部に生息するイカです。年中水温が安定するエリア以外では夏に生まれ秋に成長、冬は水温が安定する沖に移動し、春に接岸して海藻が生えている場所などに産卵するというサイクルで生活しています。

春は親のアオリイカを狙うことができ2kg以上の大型サイズも釣れることが有り、秋は子イカの数釣りが楽しむことができます。

アオリイカ 味

食味はイカの中でもとても美味。甘みが強いのが特徴。新鮮なアオリイカは市場価値もとても高いです。

エギングって?

エギング

エギングはアオリイカを釣る方法の一つとしてエギ(餌木)という擬似餌を用いて釣る方法です。

エギは竿の操作によってイカを誘う動きを発生します。アオリイカの好物であるエビなどの甲殻類や小魚の動きに見えるようで不思議と良く釣れます。

エサを使用しなくて良いため、初心者の方でも手軽にできる釣りです。

アオリイカ以外のターゲット

エギングではアオリイカだけでなく様々な軟体系ターゲットを狙うことができます。

地域や時期によりますがケンサキイカやヤリイカ、コウイカ、マダコなどもエギングのターゲットです。

エギングのタックル

エギング タックル

エギングに必要な道具をそれぞれ確認していきましょう。通年使用できる入門向けのモデルを中心に紹介していきます。

ロッド

エギング ロッド

竿に関してはエギング専用ロッドを選びましょう。エギングにおいて扱いやすい長さと軽さに設計されています。また、ハリがあるのが特徴でエギにしっかりアクションを伝えられるような硬さに仕上がっているのが特徴です。

秋アオリ狙いなら小型のエギ操作が得意な柔らかいロッド、春アオリ狙いなら大型エギの操作が得意なロッドと細分化されていきますがまずは1本なら中間の硬さを選びましょう。長さはどんな釣り場でも8フィートくらい(2m40cm程度)が扱い易くおすすめです。

シマノのソルティーアドバンス83MLは入門モデルながらめっちゃ軽量です。エギのサイズは小型の2.5号から大きめの3.5号までバッチリ対応で通年を通して活躍できるモデルです。

筆者もエギング初心者の頃は前モデルの83MLを購入しました。軽快な操作性で非常に扱い易かったです。

リール

エギング リール

エギングのリールはコンパクトで軽量なものを選びましょう。一日手に持って竿を操作し続けるため基本は軽ければ軽いほど有利です。

サイズとしては2500番〜3000番程度の規格が適切な大きさです。

レブロスLTはダイワの最新入門モデルです。リーズナブルながら軽量かつクオリティも高いので初めての1台では最もおすすめできるリールです。

ライン

エギングでは伸びが少ないPEラインを使用しましょう。ナイロンラインでは糸が伸びてアクションが伝わりにくかったりイカのアタリもわかりにくくなります。

号数としては0.6号〜0.8号程度のものを150m以上巻いておけばOKです。

ただ、PEライン単体では擦れにとても弱いです。そのため先端にリーダーという別の糸を接続して使用するのが一般的。障害物との接触が多い、エギングでは必須となりますので用意しましょう。

号数は2号~3号程度が適切な太さです。

糸については別の記事でまとめていますのでこちらもチェックして下さい↓

エギ

エギング エギ

エギングでも重要なアイテムのエギ。種類もたくさんのものが発売されています。選び方としてはそれぞれあるのですが、まずは代表的なエギのサイズ(号数)をみておきましょう。

2.5号

小型のサイズです。主に秋シーズンの小型アオリイカを狙うのに適しています。アオリイカのサイズが小さい場合には大きすぎるエギにアタックしてこないので小型のサイズが必要になってきます。

3号

中間のサイズ。秋が深まってきてアオリイカのサイズが大きくなりだした頃に出番が多くなるサイズです。エギのサイズが大きくなることで飛距離とアピール力がアップします。

3.5号

大きめのサイズ。春の親アオリイカ狙いがメイン。秋でも大きめの個体はこのサイズでも積極的にアタックしてくるので年間を通して出番が多いサイズとも言えます。

エリアによってアオリイカの成長パターンも異なりますが筆者の使い分けとしては以下のような感じ

8月〜9月:2.5号メイン

10月〜11月:2.5号、3号、3.5号使い分け

12月〜7月:3.5号以上をメイン

エギの選び方についてはもう少し詳しく別の記事でまとめていますのでこちらも是非、チェックして下さい。細かく別記事でまとめます。

スナップ

必需品ではありませんがエギの手早い交換のためにはあった方が良いアイテムです。

釣り方やコツを覚えてアオリイカを釣ろう!

エギングに必要な道具などについて簡単に紹介してきました。実際の釣り方などについては別の記事でまとめていますのでこちらもぜひ、参考にしてください。

今回はここまでです。読んで頂いた方有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました