TwitterはこちらInstagramはこちら

タチウオを釣る!〜ワインド入門〜

釣り

今回はワームとジグヘッドを用いたワインド釣法について紹介していきます。タチウオを手軽に釣る方法として人気の釣り方です。

他の釣り方に関しては別の記事でもまとめていますのでぜひチェックして下さいね!

  1. タチウオを釣る!〜ウキ釣り入門〜
  2. タチウオを釣る!〜テンヤの引き釣り入門〜
  3. タチウオを釣る!〜ルアー入門〜
スポンサーリンク

ワインド釣法って?

ワインド釣法は専用のジグヘッドとワームを使用してタチウオを釣る方法です。

三角形のジグヘッドはロッドアクションを入れることで左右にダート、横方向からみると上下に動くように設計され跳ねるようなアクションで広い範囲にアピールします。

エサ釣りより手返しが良く活性が高い時の数釣りに向いている釣り方です。

タチウオワインドのタックル

テンヤの引き釣りとかなり近い道具の構成で釣りが可能です。それぞれ最適なアイテムを確認していきましょう。

タチウオワインドのロッド

ロッドを動かして仕掛けを動かす動作が多いワインドは専用に設計されたロッドが操作し易くおすすめです。

エギングロッドなどでも代用可能ですがワインドロッドより少し柔らかいので仕掛けにアクションが伝わりにくいです。

タチウオワインドのリール

竿を操作し続ける釣りのためできるだけ軽量のモデルがおすすめ。サイズは2500番から3000番程度が良いでしょう。

大人気の入門モデルレブロスが軽量化してパワーアップしたレブロスLTがコスパ抜群!
とりあえずの1台はコレ。

PEライン・リーダー

PEラインは0.6号〜1号程度の範囲で150m程度巻いておけば問題ありません。

リーダーは3号から4号程度を1mほど接続しましょう。

ワイヤーリーダーが必須!

動きが多いワインドではリーダー部がタチウオの牙と接触するリスクが高いです。短めのワイヤーリーダーも用意して対策しましょう。

ワインドジグヘッド・ワーム

ジグヘッドは状況に合わせて様々な重さのジグヘッドを用意しましょう。活性が低い場合などは軽めのジグヘッドが有効な事が多く、波風が強い場合やポイントが遠い・深場にいる場合は重ためのジグヘッドが有効です。

ジグヘッドはOZ(オンス)という単位での重さの表記がちょくちょくあります。
1OZ=約28gです。1/2OZと表記されていれば約14gです。ちょっとややこしい表記ですが覚えておきましょう!

ワインドのワームはお好みで。夜光系のカラーがアピール力高くおすすめです。

蓄光ライトでアピール力アップ!

光を当てると蓄光してアピール力もアップするのでヘッドライトや専用の蓄光ライトでマメに光を当てておいてください(^ ^)

ケミホタルでもアピール力アップ!

ワームの中にはケミホタルを挿入できるタイプもあります。常時発光してアピールできますのでぜひ試してみて下さい。

セットでお手軽に!

上記で紹介してきたジグヘッド、ワーム、発光体(ケミホタル)にワイヤーリーダーも付属したセットも発売されています。アイテム選びに困らず楽なのでまずはコレ!

タチウオワインドの釣り方

タチウオワインドの基本操作などをしっかり確認しておきましょう。

基本操作

基本操作の流れとしては以下です

  1. キャストして着水後沈めたい水深まで沈める
  2. 一定のリズムでロッドを跳ね上げながら巻き取り
  3. アタリがなければ沈める水深を変えて2の繰り返し
  4. アタリがあれば素早くフッキングです。

流れはざっくりこんな感じです。以下でコツをいくつか確認していくましょう。

沈める水深をきっちり把握

最初は仕掛けが着底するまで秒数をカウントしておきましょう。20秒で着底するのであれば表層は5秒くらい中層は10秒くらいを探る際の基準にしていきましょう。

一定のリズムで操作

リズムがバラつくと探っている水深もバラけてきて釣れたパターンが再現しにくいため、できるだけ一定のリズムでロッドのジャークをしながら巻き取るのがおすすめ。

ワームは丁寧に装着

ワームは綺麗にジグヘッドに挿しましょう。まっすぐ挿さっていないとアクションにバラつきが出て喰いが悪くなります。釣りの途中でもズレていないかマメにチェックしておきましょう。

トレーラーフックでフッキング率アップ!

鈎掛かりが悪い場合はトレーラーフックを付けることでフッキング率はアップします。シングルタイプが糸絡み少なく初心者の方でも扱い易いのでおすすめです。

ワインドは高活性時に有効!

一定の層を面で探ることができるワインドは決まったタナで高活性のタチウオが群れている時には最も効率がよく釣ることができる方法です。ぜひマスターしてタチウオをたくさん釣って下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました