TwitterはこちらInstagramはこちら

【ワインド入門】ワインド釣法って?必要なアイテムや釣り方などを解説!

波止釣り

タチウオを堤防から狙う場合には手軽に数釣りが楽しめ、ゲーム性も高いワインド釣法も人気の釣り方のひとつです。

本記事では元釣具屋の筆者がワインド釣法に必要なアイテムや釣り方、コツ、釣れるタイミングなどを紹介していきます。

これからワインド釣法でタチウオを狙う方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ワインド釣法って?

タチウオ ワインド

ワインド釣法は専用のジグヘッドとワームを使用してタチウオを釣る方法です。

三角形のジグヘッドはロッドアクションを入れることで左右にダート、横方向からみると上下に動くように設計され跳ねるようなアクションで広い範囲にアピールします。

エサ釣りより手返しが良く、活性が高い時に効率よく数釣りができる優れた釣法です。

ワインドの釣れる時間帯・時期

ワインド 釣れる時期

ワインドが有効な時間帯や時期を理解して、適切なタイミングで釣行しましょう。

基本的なタイミングはウキ釣りなど他のタチウオの釣り方と同様です。

時間帯

ワインド 時間

ワインドが有効な時間はタチウオの活性が高い、朝まずめや夕まずめです。

夜間でも釣れますが、リアクションで反応させるワインドでは活性が高い朝夕に効果がでやすいです。

釣行するなら夜明け前や日没前から狙うのがおすすめで、水深がある沖堤防などは日中でも釣れることもあります。

時期

釣れる時期は接岸してくる個体数が多い秋の時期が最もよく釣れます。

大阪湾方面では9月〜11月までが最盛期で、お盆明け頃から年末頃までは十分に狙える時期です。

冬季は難しいですが水温が安定している場所であれば釣果が上がることもあります。

ワインドの釣れるポイント

ワインド ポイント

狙うべきポイントは外海に面した潮通しのよい堤防が狙い目です。

先端や角付近などが特におすすめ。

エサとなるベイトフィッシュが多い秋の時期では小魚を追い込んで内湾や運河などにも入ってきて、思わぬ釣果を叩き出す場合もあるのでハイシーズンはさまざまな場所を狙ってみましょう。

タチウオワインドのタックル

ワインドのタックルはエギングと似たようなタックルで可能です。

必要なロッドやリールを確認しておきましょう。

ロッド

長さは8〜8.6ft程度の長さで、28g(1oz)程度の重さが扱えるロッドがオールラウンドでおすすめです。

ロッドアクションが多いため、操作がしやすい専用ロッドを選びましょう。

シーバスロッドやエギングロッドなどでも代用可能ですが、ワインドロッドより少し柔らかいので仕掛けにアクションが伝わりにくいです。

tsuki
tsuki

入門モデルではダイワのワインドXが完成度高くおすすめ。

軽量でバットもしっかりしているため、ジグヘッドを跳ね上げるアクションをきっちりサポートしてくれます。

ワインドに適したロッドの選び方やおすすめ機種を別の記事でまとめていますのでこちらもぜひ参考にしてください↓

リール

PEラインの0.6〜1号を150m以上巻ける2500〜3000番程度のスピニングリールを選びましょう。

ロッドアクションを軽快にするためにできるだけ軽量なモデルがおすすめ。

ハイギアモデルが糸フケや仕掛けの回収に便利です。

tsuki
tsuki

ダイワのレブロスがリーズナブルながら上級機種並みに軽量で、凄くおすすめです。

エギングやシーバスにも使えるので、迷ったらこの1台。

タチウオのワインドに適したリールの選び方やおすすめ機種などを紹介↓

PEライン

PEラインは0.6号〜1号程度の範囲で150m以上巻いておきましょう。

PEラインには4本撚りと8本撚りとありますが、どちらでも問題ありません。

8本撚りのラインの方が値段は上がりますが、直線強度が高いのとラインの凹凸が少なくガイドへの抵抗が少なく糸鳴りの軽減や飛距離アップの効果もあるため、おすすめです。

tsuki
tsuki

デュエルのスーパーエックスワイヤーは8本よりの中でも低価格ですが、強度としなやかさはバッチリです。

リーダー

PEラインの先端にはフロロカーボンのリーダーを接続します。

太さは3〜4号(12〜16lb)程度のものを1mほど接続しましょう。

結束はFGノットなどがおすすめです。

ワイヤーリーダー

動きが多いワインドではリーダー部分がタチウオの牙と接触してラインブレイクするリスクが高いです。

短めのワイヤーリーダーも用意しリーダーの先に取り付けて対策しましょう。

ワインドジグヘッド・ワーム

ワインドジグヘッドは状況に合わせて様々な重さのジグヘッドを用意しましょう。

活性が低い場合などは軽めのジグヘッドが有効な事が多く、波風が強い場合やポイントが遠い・深場にいる場合は重ためのジグヘッドが有効です。

ワインドのワームは状況にもよりますが、基本は夜光系のカラーがアピール力高くおすすめです。

tsuki
tsuki

慣れないうちはセットのパックを買っておくとセッティングなどが楽です。

ダイワのワインドダート爆超パックはジグヘッド、ワーム、発光体(ケミホタル)にワイヤーリーダーも付きでアイテム選びに困らず楽なのでまずはコレ!

ワインドのジグヘッドやワームなどについての詳細はこちら↓

タチウオワインドの釣り方

タチウオワインドの基本操作を紹介。

海中でのジグヘッドの動きをイメージしながら慣れていってください。

キャスティングから着底

キャストしてリールのベールは開けたまま糸を送って、底まで沈めます。

最初は水深も把握するために底に着くまでの秒数を数えておきましょう。

糸が出ていくのが止まったら着底の合図です。

誘い

着底したらリールを巻きながら一定のリズムでロッドを跳ね上げてアクションさせます。

ロッドで跳ね上げた時に出た糸フケ分をリールで巻き取りながら手前まで誘って来るイメージです。

アタリがなければ沈める水深を変えたりしてさまざまな層を探りましょう。

アワセ〜やりとり

アタリがあれば素早くフッキングして、掛かったらそのままリールを巻いてきます。

無理に巻きすぎると身切れでバラす場合もあるため、一定のテンションを保ちつつ適度なスピードで巻いてください。

小型なら抜き上げ、重量を感じるようなら玉網を使いましょう。

ワインドでタチウオを釣るコツ

ワインド コツ

ワインドで釣果を上げるポイントを紹介します。

釣行の際はぜひ実践してみてください。

攻める水深をきっちり把握

仕掛けが着底するまでが20秒くらいなら中層を狙う場合は10秒沈めて誘い、表層狙いなら5秒くらい沈めて誘いと自分の中で基準を設けて攻め分けましょう。

まずめ時のタチウオは浮いて来ることも多いため、時間帯によっては上の層から釣っていくのが効率がよくなることもあります。

一定のリズムで操作

誘いのリズムは基本一定で行います。

バラつくと探っている水深もバラけてきて釣れたパターンが再現しにくいため、できるだけ一定のリズムでロッドのジャークをしながら巻き取るのがおすすめ。

どうしても釣れない時に変化をつけてみてください。

ワームは丁寧に装着

ワームは綺麗にジグヘッドに挿しましょう。

まっすぐ挿さっていないとアクションにバラつきが出て喰いが悪くなります。

釣りの途中でもズレていないかマメにチェックしておきましょう。

ワインドは高活性時に有効!

一定の層を面で探ることができるワインドは決まったタナで高活性のタチウオが群れている時には最も効率がよく釣ることができる方法なので、ぜひマスターしてタチウオをたくさん釣って下さい。

ウキ釣りなどのエサ釣りと比較するとワインドは渋い時間帯では釣果が上がらない場合もありますが、そんな時は別の釣り方を試すのもありです。

ワインド以外にもたくさんのタチウオの釣り方があり、各釣法もまとめていますので興味がある方はぜひチェックしてください↓

当サイトで紹介したアイテム等を探されている方は、Amazon Primeに登録してAmazonから探すのが断然おすすめです!

  • お急ぎ便で荷物が早く届く!
  • TV番組、アニメ、映画がめっちゃ見れる!
  • PrimeMusicで200万曲以上聴き放題!
  • PrimeReadingで対象の本漫画読み放題!
  • AmazonPhotosで写真の保存可能!

月額500円ですが、30日間無料でいつでも解約可能。

prime会員以外のamazonやyahoo、楽天などは配送が遅くなることもあるため、負担でなければ入っておくのがいいです!

ショッピング以外のコンテンツも充実しててかなり便利ですよー↓

Amazonプライム

コメント

タイトルとURLをコピーしました