TwitterはこちらInstagramはこちら

タチウオを釣る!〜ウキ釣り入門〜

釣り

こんにちは。tsukiです。

今回はタチウオ釣り、ウキ釣りでの釣り方にスポットして紹介していきます。

前回記事はこちら↓

ウキ釣りはエサを使ってタチウオを釣る方法です。

発光体(ケミホタル50)とキビナゴ

ウキから仕掛け・エサまでの距離=タナが間違っていなければ、

余計な操作は必要ないので初心者の方でも簡単に釣ってもらう事ができます。

まったりやりたい人におすすめですね!!

釣り場では他の釣りをしながらする人やポケモンGOをしながらやってる人wなど見かけた事があります。笑

とりあえず必要なのものは以下↓

雑ですが仕掛け図です。笑
  • 磯竿遠投仕様、規格は3号〜4号で3.6m~5.3mくらいの竿
  • スピニングリール3000~4000番
  • ナイロンライン3号〜4号150m以上
  • 電気ウキ、発光体(ケミホタルなど)、他仕掛け諸々…
  • エサ(キビナゴorサンマやサバの切り身)

上記の要点だけ説明していきましょう。

まず竿ですがウキ釣りの仕掛けを作っていくと自然と仕掛けが長くなってきます。

この為短い竿だとかなり投げにくくなってくるので3.6m以上のものを用意しておいた方がいいです。

竿の硬さもある程度あった方がタチウオを抜きあげたりするのが楽なので号数は3号〜4号くらいのものがベター。

ダイワ リバティクラブタチウオ3-48

遠投仕様というのは糸を通すガイドの部分が通常のものと比べて大きくなっているものを指します。重ための仕掛けも投げやすくなってますのでできるだけ遠投仕様でいきましょう。

こんな感じのガイドです。

スピニングリール、ナイロンラインは上述のリールサイズ、ラインの強度が適正です。

選ぶのが大変な方は地元釣り具店などでセット販売されているものもございますのでそちらで十分でしょう。

6000円前後で手に入ると思います。

操作が多い釣りではございませんのであまり高級な道具でなくてもOK!

仕掛けは細かいものが多いのでこちらもセット仕掛けを最初は選んでみましょう。

¥2000前後で手に入ります!

ウキの浮力は3号くらいがオールラウンドで使い易いです。

仕掛けは上から順にウキ止めゴム→電気ウキ→発光体(ケミホタルなど)→オモリ→仕掛けの順になります。

訳がわからないという人もいると思うので別記事で詳しく解説していきますね( ´ ▽ ` )ノ

こちらの記事で仕掛けの詳細について説明しています↓

エサは釣具店で冷凍のキビナゴ、サンマ・サバの切り身があると思いますのでそちらで。

個人的にはサンマの切り身やサバの切り身がエサもちが若干良いと感じているのでおすすめ。

いろんな餌がありますね

準備ができたらスタートです。

地域性やその日の活性にもよりますがタナ(ウキ止めから仕掛けまでの距離)は2ヒロくらいからはじめてみましょう。

ヒロというのは1.5mです。両手を広げた時の長さが大体それくらいですので2ヒロ(3m)くらいで設定しておきましょう。

海中では3mくらいの水深で餌が漂う事になります。

ウキに反応がなければタナを少し変えてみるのが釣果アップのコツです。

1ヒロ半や3ヒロな色々試してみて下さい!

ウキが沈んだりしたらタチウオがエサにアタックしているサイン。

ここで焦って竿をあげたり糸を巻いたりしない事!

タチウオは獰猛ですが捕食が結構下手です。

じっくりタチウオが餌を咥え込んでくれるまで待ちましょう。

ウキが沈んでしばらくの間浮いてこない、ウキがどんどん引っ張られていくなどがサインです。

アタリがあってしばらくしたらゆっくり糸を巻いて竿と仕掛けを一直線に。

竿をゆっくり立てるとタチウオが引っ張っているのもわかると思います。

竿に重みを感じたらしっかりアワせて下さい!

タチウオがかかれば結構強烈に引いたり急に引かなくなりスーッと寄ってくる場合もあります。

油断せず足元まで寄せてこれたら一気に抜きあげてタチウオゲットです!

周りに注意してくださいね(^ ^)

ザックリ紹介しましたが参考になれば幸いです。

仕掛けなど細かい部分に関しては次回の記事で紹介していきたいと思います。

ここまで読んで頂いた方有難うございます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました