TwitterはこちらInstagramはこちら

チヌを釣る!〜チヌの釣り方【フカセ入門】〜

釣り

こんばんは。tsukiです!前回はチヌのフカセ釣りの道具について簡単に紹介しました。

前回の記事はこちら↓

今回も引き続きチヌのフカセ釣りです。

スポンサーリンク

フカセ釣りの釣り方

撒き餌や道具の準備できましたね?では、釣り場へ。チヌのフカセそれぞれの動作について解説していきます!

撒き餌を撒く

一番始めにやる事は仕掛けを作るのではなく撒き餌を撒きます!

撒き餌は撒いた瞬間から効く訳ではないので釣りを始める前にちまちま撒いてポイントに魚を集めておきましょう。

そして仕掛けを作りながらもちまちま撒いていきましょう。

撒き餌の撒き方はシャクに撒き餌をとってバッカンの隅に擦りつけて軽く固める。

バドミントンのラケットで羽を打つ感じで撒きましょう!

着いたらとりあえず10発くらい。仕掛けを作っている間も10発くらい撒いていきます。

撒き餌を撒くポイント

始めはピンポイントでなくてもOK!

魚を寄せるのが目的なので釣りをするであろうエリアに広めに撒いていきます。

10m範囲内くらい
もしくはもっと広くてもいいです

タナ取り

準備ができたら釣り開始!その前に水深をしっかり計りましょう。

タナ取りオモリかウキの浮力よりかなり重めのオモリを鈎につけます。

ウキが寝ているなら水深の設定=タナが深すぎます。ウキが見えないくらい沈んでいるなら水深の設定=タナは浅すぎます。

こんなイメージです。笑

チヌのフカセ釣りの基本は底ギリギリですのでウキ止め糸の位置を調整してそれくらいの設定を意識しましょう(もちろん例外もありますが)

仕掛けを入れて再度撒き餌

仕掛けを投げたらその周りにまた撒き餌を撒いていきましょう。投げる前に撒いてそこに仕掛けを入れるやり方もあります。

このタイミングに関してはいろんな意見がありますので迷ったら両方やってしまいましょう。笑

2発打って仕掛けを入れて2発打つくらいのイメージで。

後は流れに合わせて流していくだけです!(これが難しかったりしますが)

上手い事撒き餌と仕掛けが同調してくれてようやく魚が釣れます。

海中での様子を頑張ってイメージしてみて下さい。

ウキはしっかり見ておく

魚の反応があればウキにも反応があるはずです。ウキが急に沈んだりモゾモゾ動いたり。注意深く観察しましょう。

最初のうちは違和感があればとにかく合わせてみるのもいいでしょう!!

釣れない時は?

釣れなきゃ一休みもアリ。笑

釣れない時は色々調整してみましょう。ちょっとした事で変化がある場合もありますので色々と考える必要があります。

ガンダマの調整

釣れないなって時はガン玉の位置を変えてみる。筆者が知っている上手な人たちは皆ガン玉の使い方が上手です。

少し位置を変えるだけでアタリの出方が変わったり、仕掛けの馴染み方が変わったり。

ハリスに打つ数を変えたりとまあいろいろされてますねー。

タナを調整する

その他はウキ止め糸の位置を変えて狙う水深を変えてみる。

先程はチヌの基本は底と言いましたが思っているよりチヌが浮いてきている場合もありますのであまり固執しない様にしましょう。

流れが早い場所だと撒き餌は底に溜まらず魚が結構浮いてきている事もしばしば。

活性が高い時も浮きますね。

刺し餌を変えてみる

後は、刺し餌の付け方や種類なども変えてみるなどいろいろ試してみて下さい。中には偏食するチヌもいます。

やり取り

さて待望のチヌが掛かれば後はあげるだけ。しっかり竿を立てて竿の弾力をフルで使い魚をあげましょう。

玉網で取り込んでゲットです!

チヌは思いっきり走ったりせずに底の方でモタモタ引くタイプなので焦ってやり取りしなくていいです。

むしろ無理なやり取りをすると突っ込もうとするのでゆっくりあげてきましょう。

以上がチヌのフカセ釣り紹介でした!

是非参考にしてチャレンジしてみて下さい参考になれば幸いです。

ここまで読んで頂いた方有難う御座います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました