TwitterはこちらInstagramはこちら

【フカセ釣り入門】チヌのフカセ釣りに必要な道具と釣り方を解説!

波止釣り

チヌは全国の海に広く生息しており、手軽に狙えるターゲットで、パワーのある引きが楽しめます。

チヌを狙う釣り方はたくさんありますが、年中釣果を出しやすいフカセ釣りはおすすめの釣り方です。

本記事では元釣具屋の筆者がチヌのフカセ釣りに必要な道具と釣り方などを解説します。

チヌのフカセ釣りを始められる方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

チヌってどんな魚?

チヌ フカセ釣り

チヌはクロダイとも呼ばれるタイの仲間です。

雑食性の魚で本州沿岸域を中心に広く生息しています。

臭いが強いため、食さない釣り人も多いですが、綺麗な海域で育っているものの食味は抜群です。

フカセ釣りって?

フカセ釣り

フカセ釣りはオキアミと集魚剤を混ぜたコマセを利用し、魚を寄せて釣る方法です。

コマセでじっくりとポイントを作り、ウキ釣り仕掛けを流してチヌを狙います。

流れやポイントなどの状況を把握して、上手くコマセと刺しエサを同調させるのが

釣果を上げるコツです。

フカセ釣りのタックル

チヌ フカセ釣り タックル 

フカセ釣りで使用するのは半遊動のウキ釣り仕掛けです。

竿、リール、ラインなどフカセ釣りに適したタックルを確認しておきましょう。

竿

竿は0.6〜1.5号程度で5〜5.3m程度の磯竿がおすすめです。

専用のチヌ竿は磯竿より胴調子なのでハリスを労りながら引きを楽しめます。

磯釣りもする場合は1.25〜1.5号の磯竿を兼用するのがおすすめです。

tsuki
tsuki

【宇崎日新 N’sチヌ】

軽量で粘り強く、チヌフカセに最適な調子。

コストパフォーマンスに優れる、入門におすすめのロッドです。

チヌのフカセ釣りに適した竿の選び方やおすすめロッドなどは以下の記事でまとめています↓

リール

リールは2500〜3000サイズのスピニングリールを選びましょう。

レバーブレーキリールがやりとり時に便利でおすすめです。

一般的なスピニングリールでも十分釣りはできますが、余裕があればレバーブレーキリールを用意しておきましょう。

tsuki
tsuki

【ダイワ シグナス 2500LBD】

レバーブレーキリールのエントリーモデル。

マグシールド、ATD、バイターボブレーキ搭載で必要十分なスペックです。

リールの選び方などは以下も参考にしてください↓

ライン

道糸はナイロンラインの1.5〜2号程度を150m程度巻いておきましょう。

フロートタイプでもサスペンドタイプでもどちらでも構いませんが、堤防からのチヌ釣りではフロートタイプがライン操作もしやすくおすすめです。

カラーは自分にとって見やすい色を選びましょう。

tsuki
tsuki

【サンライン 磯スペシャル フカセちぬ競技】

粘り強いラインで大型チヌも浮かせられます。

80mマーキング付きで巻き替えも便利です。

フカセ釣りの仕掛け

チヌ フカセ釣り 仕掛け

半遊動のウキ釣り仕掛けに必要な小物はたくさんあります。

仕掛けが作れるように仕掛けの構造をきっちりと理解しておきましょう。

ウキ止め糸(ウキ止めゴム)

道糸に取り付けて、ウキ下の長さを調整し、狙った層に仕掛けを留めるためのアイテムです。

ウキ止めゴムは取り付けが簡単ですが、磯竿のガイドに引っ掛かりやすいため、基本はウキ止め糸がおすすめ。

使用する道糸に合ったものを選びましょう。

tsuki
tsuki

【オーナー ウキ止めウーリー】

ズレにくくおすすめのウキ止め糸です。

シモリ玉

ウキ止め糸とウキペットの間に入れるアイテムで、ウキ止め糸のストッパーの役割を担います。

シモリ玉がないとウキ止め糸はウキペットの中を通り抜けてしまうため、ウキ止め糸を使用する場合は必ず用意しましょう。

大き過ぎるものは仕掛けの流れ方に影響するため、できるだけ小さなものを選ぶのがおすすめです。

tsuki
tsuki

【デュエル フカセ専用シモリ玉】

小型のフカセ用シモリ。

仕掛けの動きに影響を与えにくいです。

ウキペット

ウキを道糸に接続するためのアイテムです。

糸抜けがよいものがおすすめ。

使用する道糸に合った規格のものを選びましょう。

tsuki
tsuki

【NTスイベル シモリペットプロ】

プラスチック製のウキペット。

錆びない、壊れにくい、糸抜けも十分でおすすめです。

からまん棒

からまん棒はウキが仕掛け部分に干渉しないようにするためのアイテムです。

サルカンからウキの長さより長めの間隔をとって取り付ければ、ウキにハリスが絡むことなく仕掛けを投入できます。

できるだけ見やすい色にしておけば仕掛けの動きも判りやすいため、おすすめです。

tsuki
tsuki

【釣研 フカセからまん棒】

視認性がよいからまん棒です。

仕掛けの動きが判りやすくなります。

サルカン

道糸とハリスを接続するためのアイテムです。

大き過ぎるものは仕掛けの違和感を増やしてしまうため、できるだけ小さなものを選びましょう。

糸ヨレを防ぐ効果もあります。

tsuki
tsuki

【ダイワ ローリングスイベル】

フッ素コートで回転がよいサルカンです。

糸ヨレを軽減します。

ガン玉

ガン玉はウキの浮力に合わせたものを選びます。

3BのウキならB+G1、BのウキならG2+G3などと段打ちするのがおすすめです。

ウキによって余浮力が大きいものもあるため、よくわからない場合はウキの浮力に対応した重さのガン玉と小さめのG8〜G7の小さめのガン玉を取り付けるのも一つの方法です。

tsuki
tsuki

【フジワラ ゴムコートガン玉セット】

ゴムコートでズレにくく、ハリスも傷つけにくいガン玉のセットです。

フカセ入門にはとりあえずこれ一つあればOK!

ハリス

ハリスは道糸の太さ以下のハリスを1〜2ヒロ(約1.5〜3m)接続します。

喰いが渋い場合はハリスの号数を落とすのもおすすめ。

1〜2号程度の範囲で数種類用意しておきましょう。

tsuki
tsuki

【サンライン スーパートルネード】

リーズナブルながら十分な性能のハリス。

スプール同士を重ねられて便利な設計です。

ハリ

ハリはチヌ針の2〜5号程度の範囲で数種類用意しておきましょう。

フッ素コートのハリがフッキングしやすくおすすめ。

低活性の場合はサイズを落とし、高活性の時はサイズを上げるのが基本です。

tsuki
tsuki

【がまかつ 掛りすぎチヌ】

短軸・細軸のチヌ針です。

掛かりは抜群で、貴重なチャンスを逃しません。

フカセ釣りのエサ

チヌ フカセ釣り エサ

フカセ釣りのエサは撒き餌に使用するコマセ(オキアミ+集魚剤)とチヌに喰わせる刺しエサを使用します。

それぞれ確認しておきましょう。

オキアミ

チヌの好物で撒き餌のメインです。

オキアミだけではまとまり悪く飛ばせないため、集魚剤と混ぜてまとまりを上げて使用します。

使用量の目安としては個人差もありますが、2時間程度で1.5kg、半日で3kg、1日で6kg程度です。

集魚剤

集魚剤はオキアミのまとまりをアップさせ、比重をコントロールするものやチヌが好む成分を配合したものなどさまざまなものがあります。

量はオキアミ1.5〜3kgに対して1袋程度が適切です。

慣れないうちは撒き餌のコントロールがつけやすくポイントも作りやすい、まとまりを重視したものを選びましょう。

tsuki
tsuki

【マルキユー ナンバー湾チヌⅡ】

まとまりよく扱いやすい集魚剤です。

海底に一気に沈んでポイントを作ります。

集魚剤については以下記事でもまとめていますので、ぜひ参考にしてください↓

刺しエサ

撒き餌はオキアミなので刺しエサも基本はオキアミを選びます。

チヌは雑食性のため、オキアミだけでなく、コーンやサナギ、練りエサなども実績の高いエサです。

日によって魚の反応は異なるため、さまざまなエサを用意しておきましょう。

tsuki
tsuki

【マルキユー くわせオキアミ食い込みイエロー】

黄色に染まってアピール力が高いオキアミです。

身が締まっていてエサ付けしやすく、アミノ酸配合で喰わせる力もあります。

その他必要なアイテム

フカセ釣りには仕掛けやタックル以外にも必要なアイテムがあります。

慣れないうちはリーズナブルなもので十分ですので、各種揃えておくようにしましょう。

バッカン

コマセをバッカンに入れておきます

基本は36〜40cm程度のものが一般的です。

どんなものでも構いませんが、折り畳まないハードバッカンタイプが撒き餌を纏めるのに便利です。

撒き餌杓

コマセを巻くためのアイテムです。

リーズナブルなもので十分。

長いほど遠投しやすく、短いほどコントロールしやすいです。

杓立て

杓を立ておくためのアイテムです。

水を張っておくとコマセのシャク離れが向上し、撒き餌のコントロールしやすくなります。

メーカーによって特に性能差はないため、好きなものを選んでください。

水汲みバケツ

水汲みバケツもマストアイテムです。

エサの水分量の調整、汚れた手を洗う、釣り場の清掃などに使用します。

オモリが内臓されているタイプが水を組みやすくおすすめです。

マゼラー(マゼ杓)

コマセを混ぜるためのアイテムです。

必需品ではありませんが、現場で混ぜる場合は用意しておきましょう。

リーズナブルなもので十分です。

フカセ釣りの釣り方

チヌ フカセ釣り 釣り方

フカセ釣りの基本の釣り方を紹介します。

さまざまな方法がありますが、まずは足元できっちりポイントを作って、近距離で釣る方法をマスターしましょう。

タナとり

チヌ釣り タナとり

釣りを始める前にウキの浮力以上のオモリを使用してタナとりを行います。

ウキ止めを設定した位置が浅すぎると、オモリの負荷が全てウキに掛かり、ウキが大きく沈み、設定深すぎると、仕掛けが底に着いてウキが寝ます。

チヌは基本底狙いなのでまずはウキのトップが10〜20cm程度沈んだ位置に設定しましょう。

エサ付け

チヌ フカセ エサの付け方

オキアミの場合は尻尾を取って、尾から真っ直ぐ刺すのが定番です。

できるだけ真っ直ぐに刺すのを意識しましょう。

喰いが渋い場合は頭を落としたりするのも有効です。

仕掛けの投入

チヌ フカセ キャスト

エサが飛ばないように仕掛けの投入はソフトに行いましょう。

投入後は仕掛けを軽く引っ張って仕掛けを一直線にして、仕掛け先行で流れるようにします。

一直線にした後は仕掛けを狙いのタナに速めに馴染ませたいため、仕掛けが馴染む(ウキ止め糸まで仕掛けが沈んでウキに力が掛かる→抵抗を受けて軽くウキが沈む)までは軽く糸フケを出し、馴染んだら軽く糸を張りつつ、流れに乗せていきましょう。

コマセの投入

チヌ フカセ 撒き餌

仕掛けを作る前や仕掛けを作っている間に少しずつコマセをして魚を寄せておきます。

仕掛けを作り終えたら、仕掛け投入する前にポイントに2回ほど撒き、仕掛けを投入した後にウキの周りに1回ほど撒くのを1流し毎に繰り返します。

フカセ釣りでは仕掛けとコマセを同調させるのが重要ですので、まずはあまり遠投せずに、ウキの周りに撒いてポイントをきっちり作りつつ同調させるのが確実です。

アタリ・アワセ

チヌ フカセ アワセ アタリ

アタリはウキが消しこむアタリから、少ししか動かないアタリなどさまざまです。

ウキに違和感があればゆっくりと糸フケをとりつつ、いつでもアワセられる準備をしましょう。

余裕があればキチンとウキのトップが水面下に入り込むまで待ってアワセるのが確実です。

やりとり

チヌ フカセ やりとり

チヌは根に走る魚ではありません。

障害物などが特にない場合は竿を立ててゆっくり落ち着いてやりとりしましょう。

無理矢理寄せると抵抗するので焦らずゆっくり寄せてくるのがコツです。

フカセ釣りで手軽にパワーファイトを楽しもう!

仕掛け作りや釣り方などは慣れるまでは難しいかもしれませんが、一度覚えてしまえば大したことはありません。

ぜひ、参考にしてチヌとのパワーファイトを楽しんでください。

当サイトで紹介したアイテム等を探されている方は、Amazon Primeに登録してAmazonから探すのが断然おすすめです!

  • お急ぎ便で荷物が早く届く!
  • TV番組、アニメ、映画がめっちゃ見れる!
  • PrimeMusicで200万曲以上聴き放題!
  • PrimeReadingで対象の本漫画読み放題!
  • AmazonPhotosで写真の保存可能!

月額500円ですが、30日間無料でいつでも解約可能。

prime会員以外のamazonやyahoo、楽天などは配送が遅くなることもあるため、負担でなければ入っておくのがいいです!

ショッピング以外のコンテンツも充実しててかなり便利ですよー↓

Amazonプライム

tsuki
tsuki

にほんブログ村ランキングに参加しています。

これからもより質の高い記事の更新を目指しますのでクリックで応援宜しくお願い致します↓

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました