TwitterはこちらInstagramはこちら

タチウオを釣る!〜テンヤの引き釣り入門〜

釣り

今回はタチウオのな引き釣りについて紹介していきます。大阪湾ではドジョウをテンヤに巻き付けて釣るのがスタンダードなスタイル。

エサの食わせる能力とルアーチックな誘いができシーズン中のタチウオにもかなり高い効果を発揮する釣りですよ!

本記事ではテンヤの引き釣りに必要な道具や釣り方を紹介していきますのでぜひ、参考にしてチャレンジしてみてください。

他の釣り方については別の記事にてまとめていますので興味のある方はこちらもチェックしてくださいね↓

  1. タチウオを釣る!〜ウキ釣り入門〜
  2. タチウオを釣る!〜ワインド入門〜
  3. タチウオを釣る!〜ルアー入門〜
スポンサーリンク

テンヤの引き釣りについて

タチウオ 引き釣り

引き釣りは写真のようなテンヤを使用します。オモリと鈎が一体になっているものでこちらにドジョウやキビナゴの餌をワイヤーで巻き付けてタチウオを釣る方法です。

基本的には投げて巻くだけで釣れる釣り方のため、誰にでも簡単にできる釣りです。

引き釣りのタックル

タチウオ 引き釣り 仕掛け

必要な道具は多くなくシンプルです。それぞれ最適なものを紹介していきますのでぜひ、参考にしてください。

ロッド

タチウオの引き釣りに関しては専用ロッドが少ないのが現状です。メジャークラフトより専用ロッドが発売されていて長さや硬さとしては最適なものになっています。

操作としては投げて巻くだけでOKなのでエギングロッドやシーバスロッドでも十分に代用は可能です。

リール

スピニングリールの2500〜3000番程度であれば軽量で扱いやすく引き釣りには十分なスペックです。

ライン・リーダー

ラインはPEラインの0.6号〜1号程度の太さを150m程度巻いておけば十分です。

PEラインの先端にはフロロカーボンリーダーの3号〜4号程度のものを1m程度接続しておきましょう。

ワイヤーリーダーも必須

タチウオの歯は鋭く少し触れるだけでもラインに傷が入ってしまいます。これを防ぐためにテンヤにはワイヤーリーダーを接続しておきましょう。

長さは10cmから30cm程度の短めのもので良いです。

テンヤ

タチウオ 引き釣り テンヤ

タチウオテンヤも種類は色々ですが基本は10gから20g程度の重さのものを使用していきます。

軽ければ軽いほどタチウオの反応は良くなりますが、強風時は操作性が悪くなったり深場の場合は手返しも悪くなるため重さは様々なものを用意しましょう。

タチウオゲッター

シマノのタチウオゲッターはキビナゴ専用のテンヤです。挟むだけでワイヤー不要のため手返しも抜群でおすすめです。

ケミホタル

リーダーにはケミホタルを付けておくと夜間でもどの位置にテンヤがあるか把握できるため余計なトラブルを防げます。

集魚効果というよりはただの目印という役割の方が高いです。

トレーラーフック

タチウオは捕食が下手なのでトレーラーフックをセットすることでフッキング率をアップさせることができます。なかなか掛からない場合は試してください。

テンヤ収納に便利なケース

タチウオ テンヤ 引き釣り

テンヤの収納にはスリットフォームケースが綺麗に収納できるのでおすすめで便利!

エサ

タチウオテンヤにつける餌についてそれぞれ確認しておきましょう。

ドジョウ

引き釣り ドジョウ

タチウオの引き釣りでは定番の餌。1匹100円程度で釣具店にて販売されています。

生きた状態のドジョウは地面に叩きつけるなどして仮死状態にしてからテンヤに固定します。冷凍して使用も可能ですが餌もちが若干悪くなります。

ドジョウの尻尾の動きがタチウオにストライクなのか異常に釣れる餌です。

キビナゴ

ウキ釣りなどで使用するキビナゴも釣れる餌です。ドジョウと比較するとアピール力が低いですがドジョウより安価で滑りも少なく付けやすい餌です

ワーム

タチウオ 引き釣り ワーム

餌が苦手な方はワームもOK!

ドジョウそっくりなワームもあります。喰いは若干悪くなりますが活性が高い時はあまり変わらない時もあるので手返しが良くなるワームの方が有利になる場合もあります。

テンヤのアラバマリグ「タチバマ」

ダイワからテンヤを複数装着して投げるという奇怪な仕掛け「タチバマ」というアイテムが発売されています。ブラックバスで使用するアラバマリグのようなもので、テンヤを複数引いてくることができアピール力は抜群!

テンヤ タチバマ

重量が結構重たくなるので扱うには柔らかめのショアジギングロッドか硬めのシーバスロッドあたりがおすすめです。

ダイワ タチバマ

運が良ければダブルヒットとかもあるかも!?笑

引き釣りの釣り方

タチウオ 引き釣り 釣り方

テンヤの引き釣りでの基本操作を確認しておきましょう。基本は以下の2パターンで反応を得ることができるはずです。

タダ巻きでのパターン

基本巻くだけのパターンです。

  1. キャストして着水後数秒沈める
  2. 足元までロッドアクションせずに巻いてくる
  3. アタリがなければ沈める秒数を変えて再度1と2の繰り返し
  4. アタリがあればしっかりアワセてやり取り

基本は上記の流れです。釣れない場合は巻き取りのスピードを変えてみたり、途中で止めてみたりと変化を加えるのも良いでしょう。

誘いを入れるパターン

ロッドアクションでテンヤに動きを加えていくパターンです。

  1. キャストして着水後数秒沈める
  2. 竿をちょんちょんと上下に動かして足元まで巻いてくる。(ハンドル1回転に対して1回竿を上にあげるくらい)
  3. アタリがなければ沈める秒数を変えたり、竿を上下する幅を変えてみて再度1と2の繰り返し
  4. アタリがあればしっかりアワセてやり取り

基本は上記の流れです。巻き取りをやめてロッドを上まで高くスーッとあげてゆっくり下げ、糸ふけだけを巻き取るリフト&フォールも効果的です。

引き釣りでタチウオをたくさん釣ろう!

タチウオ テンヤ 引き釣り

タチウオの引き釣り、特にドジョウを用いたこの釣りはルアーの誘いと餌の喰わせ力を持った釣りで抜群の釣果を叩き出します。低活性時はウキ釣りに部がありますが手返しの良さも圧倒的で数を釣るのであれば絶対この釣りです。

ぜひ、本記事を参考にしてチャレンジしてみてください!

今回のここまでです。読んで頂いた方有難うございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました