TwitterはこちらInstagramはこちら

タチウオを釣る!〜ルアー入門〜

釣り

関西で大人気のタチウオ釣り。手軽に波止から引きが強く美味しい魚が釣れることで親しまれています。様々な釣り方で楽しめますが今回はルアーを使用した釣り方について紹介していきます。

他の釣り方についてへ別記事でもまとめていますのでこちらも参考にして下さい↓

  1. タチウオを釣る!〜ウキ釣り入門〜
  2. タチウオを釣る!〜テンヤの引き釣り入門〜
  3. タチウオを釣る!〜ワインド入門〜
スポンサーリンク

ルアーで狙えるタチウオ

タチウオ ルアー

ウキ釣り、テンヤ、ワインドなど様々な釣法で狙うことができるタチウオはルアーでも勿論釣ることができます。

タチウオをルアーで狙う場合におすすめなのは「バイブレーション」or「ジグ」です。二種とも広い範囲と水深も自由に探ることができるため、棚がバラつきやすいタチウオの攻略もスピーディに行うことができます。

ルアーで狙うメリット

タチウオをルアーで狙うメリットについて紹介していきます。せっかく様々な釣り方で釣れる魚なので普段違う釣り方をしてる人も参考にして頂きチャレンジして貰えると幸いです。

手返しが抜群

餌付けが不要なので圧倒的に手返しが良いです。特に活性が高い時は餌と比較してスピーディーに釣ることもできるのでおすすめ!

広い範囲を探ることができる

ジグやバイブレーションは飛距離が出やすいと沈むスピードも速いのが特徴です。沖のポイントから深場まで他の釣りでは攻めにくい範囲も探ることができるのは大きなメリットです。

フッキング率が高い

ルアーにはトリプルフックが付属していますのでフッキングしやすいのも特徴です。

ウキ釣りの様に喰い込むまで待ってようやくアワセを入れる必要はなく当たったらすぐアワセてフッキングでOK!

タチウオルアーのタックル

タチウオルアーで使用するのはシーバスタックルもしくはショアジギングタックルが適切です。バイブレーションでもジグでも共通のものでOK。それぞれ必要なスペックを確認しておきましょう。

タチウオルアーのロッド

ロッドとしては20g~30g程度のルアーの扱いに長けるロッドが最も扱いやすいです。ある程度バットパワーがあるものであればタチウオを抜き上げる際も心配ありません。

ヤマガブランクスのアーリープラス86Mはショアジギロッドとシーバスロッドのちょうど間の様な使用感でタチウオルアーには最適です。

選ぶならシーバスロッドの硬めのものか、ショアジギングロッドの柔らかめのものにしましょう。長さは9ft前後が取り回し良いです。

タチウオルアーのリール

タチウオ用のリールは必要ありません。サイズ感としては3000〜4000サイズ程度のスピニングリールであればなんでも可です。

PEライン

PEラインは0.8号から1号程度の太さが150m程あれば十分です。リーダーに関してはタチウオの牙対策で6号~8号程度を1ヒロ(1.5m)程でOK。

細いPEと太いリーダーの結束は強度のバランスが悪いため理想としてはPEに3号程度のリーダーその先にさらに太めのリーダーを結束するのがベスト。

面倒な方直結でも大きな問題はありません。

ワイヤーリーダー

太めのリーダーでも牙によって傷つくとラインブレイクのリスクを含んでしまいます。交換が面倒な方はさらに高強度のワイヤーリーダーを採用しておきましょう。

バイブレーションの釣り方

タチウオ メタルバイブ

バイブレーションを使用したタチウオの釣り方を紹介していきます。基本は投げて巻くだけ!

基本操作

バイブレーションは自重で沈めて一定の層を巻いてくるのが基本です。

流れとしては

  1. 着水後しばらく待って沈めたい水深まで沈める
  2. 一定のスピードで巻き続ける
  3. アタリがなければ沈める水深を変えるもしくは巻きスピードを変える。
  4. アタリがあればしっかりアワセてやりとり

以上です。簡単ですね!

釣れない場合は竿を大きくあげて下げるリフトアンドフォールやバイブレーションの重さや形状を変えるなどいろいろ試してみましょう。

アピール力抜群のバイブレーション

ダイワのサムライ太刀 ケミバイブはアピール力抜群の太刀魚専用バイブレーションです。

ルミノーバという強発光の夜光塗料がボディに塗布されていて夜間でも他のルアーにないアピール力を持っています。

ダイワHPより

ケミホタルの25サイズを挿入することもできます。タチウオのバイブレーションならコレ!

メタルバイブレーションもおすすめ

金属製のバイブレーションは沈むスピードが速くスピーディーな釣りが可能です。

深いレンジを狙う場合には用意しておきたいタイプです。

ジグの釣り方

タチウオ ジグ

ジグを使用したタチウオの釣り方も確認しておきましょう。多彩なアクションが持ち味です。

基本操作

バイブレーションと同じような釣り方もOKですがロッドアクションによるイレギュラーな動きでタチウオを誘いましょう!

基本操作は以下

  1. キャスト後、底までもしくは中層程度まで沈める
  2. 3回ほど竿を大きく煽りながら巻き取り(ジャーク)
  3. 巻き取りはせずにロッドを上で止めてゆっくり降ろしてジグを沈める。(フォール)
  4. アタリがなければ2と3を繰り返したりアクションを変えながら反応を探る
  5. アタリがあればすかさずアワセてやりとり(3のフォール時のアタリが多いので集中しましょう)

釣れない場合はジグの重さを変えたりして沈めるスピードを変更するとタチウオの反応がガラッと変わったりします。

タチウオ用のジグ

タチウオカラーのジグも種類が増えて来ました。基本は夜間での釣りになりますので夜光塗料を採用したカラーが多いです。普通のジグでも釣れますが夜間ならタチウオ専用がおすすめ。

ジグサビキでタチウオ

実はジグサビキでもタチウオは釣れます。中でもタコベイト付きの根魚用はアピール力が高くタチウオも良く反応してくれます。

タチウオ ジグサビキ

牙対策にチューブなども用意して試してみてください。ダブルヒットなどもあるかもしれませんよ。

手軽なタチウオルアー

今回はルアーの中でもおすすめのジグやバイブレーションを紹介しましたが、ミノーやスピナーなどを用いてもタチウオは釣れます。いろんなアイテムを試してみてください。

エサでの釣りにはなりますが別記事で筆者お気に入りの釣り方も紹介しています。釣り方さえマスターすればかなり渋い状況でもタチウオをキャッチすることができます。ボウズ逃れの参考にして頂けると幸いです。

今回の記事は以上です、ここまで読んで頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました