TwitterはこちらInstagramはこちら

タコを釣る!〜タコの釣り方【タコジグ入門】〜

釣り

今回は波止からのタコ釣りの中でタコジグでの釣り方を紹介していきます。

タコエギでの釣り方は別の記事でもまとめていますので興味がある方はそちらも参考にして下さいね↓

スポンサーリンク

タコジグって?

そもそもタコジグって何?というところからお話していきましょう。

これがタコジグです。こんな道具で釣れるんか?釣れますので安心して下さい。タコからすると甲殻類に見えているのか良く判りませんが好奇心旺盛のタコはこんなものでも触りに来ます。

タコエギは沖の底の障害物を中心に狙うのに対してこのタコジグは壁際を狙う釣りです。投げたりする必要がないので初心者さん向けとも言えます。

タコジグの仕掛け

タコジグ 仕掛け

道具はこんな感じでとってもシンプルです!それぞれ細かいところをご紹介していきます。

ロッド

まずはタコ竿。短い竿が壁際ギリギリにタコジグを落としていくのに適しています。そしてタコを壁際から引き剝がすのに硬めであることも必須条件。上等な竿は必要ありません。

3000円くらいで十分手に入りますよ!

リール

リールはベイトリールならなんでも良いですがタコ専用のものもあります。太めのPEラインが付いているのとそれなりの強度があるのでできればタコ用のものを選びましょう。

PEラインは3号~10号程度と切れない範囲であれば何でもOKです。投げたりする訳ではないのでそこまでシビアになる必要はありません。

タコジグ

タコジグは引っかかった時の事も考えて2つ3つは持っていきましょう。カラーに関しても何でも良いですが個人的には赤などが甲殻類っぽく見えて反応し易いかなと感じています。

タコジグの釣り方

タコジグ 壁

さて、釣り方としては壁際をゆっくり落として行くだけ!手で糸を引っ張り出して少しずつ落としていきましょう。

タコがタコジグを掴めば落ちて行くのが止まりますので少しタコの感触を感じたくらいに糸ふけをとって一気に竿をあげます!そのままゆっくり巻いてタコゲットです。

タコジグは巻き上げない

底までタコジグ行っても壁際を巻き上げてこないで下さい。鈎が上を向いているのでまず引っ掛かります。壁際を攻めるのは落とす時のみにしましょう。

タコジグで狙うポイント

タコジグ ポイント
ポイントのイメージです。
図作るの上手くなりてぇ…

また狙うポイントとしては防波堤の繋ぎ目を目印にすると良いです!こういう繋ぎ目は水中では割れていたりしますのでそこにタコが潜んでいる確率が高め。また、防波堤は石やテトラを積んで基礎が作られていますので底付近もポイントになります!

狙いを定めて効率良く釣っていきましょう!!

先行者が多ければタコエギの方が良い

タコジグでの釣りは目に見えてポイントがわかりやすいのでおすすめです。ただ、それは皆さん一緒なので先に釣られちゃっている場合もあります。

タコエギ

そういう時はタコエギで目に見えない障害物を狙っていく方が釣れるでしょう。状況はそれぞれなので是非、両方チャレンジしてみて下さい。

そういや面白いもの見つけました。これ被ったら釣れるかも!?笑

失礼致しました。今回の記事はここまでです。読んで頂いた方有難うございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました