TwitterはこちらInstagramはこちら

タコを釣る!〜タコの釣り方【タコエギ入門】〜

釣り

今回は堤防からタコエギと言う疑似餌を使ってタコを釣る方法を紹介していきます。仕掛けなども手軽で初心者さんでも手軽にできる釣りですよ!

スポンサーリンク

タコエギって?

これがタコ用のエギ「タコエギ」です。タコを狙うために設計されているので針が上を向いていて底を引き摺っても根掛かりしにくくなっています。

特にこのデュエルのタコやんはオモリとエギが離れていて特に根掛かりしにくくなっているため初心者の方が初めてタコ釣りをするのにはおすすめのアイテムです。

タコエギのタックル

タコエギの道具について紹介していきます。初心者さんでも手軽に扱えるスピニングタックルを紹介していきます。

ロッド

最近ではタコ釣り専用のロッドもたくさん発売されています。タコエギを使用するのに最適な長さでタコを底から引き剥がすのにも丁度良い硬さに設計されています。

エギングロッドも代用可能!

エギングロッドも代用は可能です。ただし柔らか過ぎる竿は負荷が掛かり易いタコ釣りでは破損などの恐れもあります。少し硬めのMHクラスのロッドがおすすめです。

リール

リールはスピニングリールであれば3000番程度のものを選びましょう。大きいリールはパワーもありますが重量もあるためアクションがしんどくなります。

PEライン

PEラインは1号~2号程度が強度的にはおすすめです。あまり糸が太いと感度と遠投性が下がるためできるだけ細い方が良いです。PEライン以外はノビがあるためアワセが上手く決まらずタコが底に貼り付いてしまうのでおすすめではありません。

直結でも大丈夫ですが結束強度も下がるため4号程度のリーダーを1mほど接続しておくのがおすすめ!

タコエギ

タコエギは根掛かりも考えて複数用意しましょう。定番のカラーは黄色です。

オールラウンドに釣れる!?タコやんギニアカラー

タコエギ タコやん ギニア

定番カラーの黄色、シルエットがはっきりでる赤、ナチュラルアピールの緑とオールラウンドに通用するエギです。まずは1個ならこのタコエギですね!

タコエギの釣り方

タコエギ 釣り方
出典:デュエル

タコエギでの釣り方は基本的にずっと底狙いです。上記はタコやんのパッケージに記載されている釣り方でこちらを元に見ていきましょう。

①エギの着底

サミング
サミング

キャストしてエギが着水、沈んでいくと糸は出ていきます。糸が出ていくのが止まると着底のサインです。指で軽く糸を抑えるサミングをしておくと判断し易いです。

②エギの操作

底の変化を感じながらエギを引きずってきます。竿を立ててそのままスーッと横に動かすと底の変化を感じ取りやすく起伏に応じてコツコツと竿先が動きます。

この間に竿を小刻みにチョンチョン動かしてアクションを入れてあげるとさらに良いでしょう( ´ ▽ ` )ノ

③リフト&フォール

大きく竿を上げて下げることでエギが跳ねてまた沈みます。広い範囲のタコにアピールできるので時々この動作も入れてあげると良いです。

④シェイキングでアピール

②で引きずりながら竿を動かす動作がありましたがピンポイントで竿を小刻みに動かしてエギにアクションさせるのも良いです。

引きずってきて少し引っかかりがある場所などは大きめの岩やゴミなど障害物がある可能性が高くタコが潜んでいる可能性は大ですのでそこでしばらく誘ってみましょう。

⑤アワセ

タコエギ アワセ

これが慣れるまで結構難しいかもしれません。竿を動かしている時にその動きが少し押さえつけられるイメージ?竿のはね返りがあまりない?上手く説明できませんがそんな感じです。

このようなタコの重さを感じたら一気に大きい幅でアワセて底にへばり付かれない様引き剝がす!!アワセが遅れるとへばり付かれてタコが取れないのでしっかり見極めましょう。

アワセの動作の前にリールをゆっくり巻いて糸フケをとっておくのも良いです。

手軽に楽しめるタコエギ

タコエギ

タコエギはシンプルな仕掛けで手軽に楽しめます。特に沖の沈んだ障害物や岸際のカケアガリ周りにいるタコを狙うのには高い効果を発揮します。

壁際にいるタコはタコジグの方がおすすめでこちらは別記事でまとめていますのでこっちも興味がある方は是非参考にして下さい↓

釣れるマダコはスーパーで販売されている外国産のタコより旨味があって美味しいですよ!是非チャレンジしてみて下さい。

今回の記事はここまでです。読んで頂いた方有難うございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました