TwitterはこちらInstagramはこちら

タイラバの釣り方【タイラバ入門】

釣り

今回はタイラバの釣り方について紹介していきます。タイラバの概要と仕掛け(タックル)の紹介は前回別記事でまとめていますので是非そちらを参考に!今回は釣り方の流れやコツにフォーカスをあてて紹介していきます。

スポンサーリンク

タイラバの釣り方

タイラバの釣り方に関して解説していきます。釣り方の基本は前回記事でも少し触れましたが基本的にはただ巻くだけ!このタダ巻くだけというのが最も重要です。

基本操作

底付近から重点的に

巻くだけでタイが釣れちゃうはず!?なんですが巻くだけという操作にもポイントがいくつかあって色々考えて行う必要があります( ;∀;)

まずはタイラバを着底させます。基本的にタイは底から中層までを10~20mくらいまでを泳いでいる事が多いので底から探り始めるのが重要です。

タイラバの重さに注意!

軽すぎるタイラバはダメ

タイラバの重さが軽すぎると潮の流れに押されてすぐに魚の層から外れてしまうので注意!

着底後は等速で巻き続ける

着底させる事ができればゆっくり同じ速度で巻き続けます。タイラバが底につけば出来るだけすぐに底からは離してください。タイラバが底で止まっている瞬間があると魚に違和感を感じ取られ易い為です。

ゆっくり巻く速度としてはリールのギア比などにもよりますがまずは1秒でハンドル1回転くらいで巻いてきます。

中層まで巻き上げたら再度タイラバを落として同じ動作を繰り返します。巻き速度が合っている場合この動作を繰り返している最中にアタリがでます。

巻き速度は日によって異なる

タイラバを巻くスピードは日によって最適なスピードが異なります。アタリがない場合はさらにゆっくり、もしくは速く巻くなど工夫をしていきましょう。釣っている人がいるならその人がリールを巻いている速度を観察するのも近道です。

釣れない時は?

釣れない時は何かの要素がマッチしてない時です。チェックすべきポイントを紹介しておきます。

ヘッドの重さ

単純に着底が判らないなどの場合は底が取れていない状態ですのでタイラバの重さを重くしましょう。

少しずつ重くしていく

単純に重くすると言いましたが60gのヘッドを使用しているなら一気に120gまで重たくするという意味ではなくて少しずつ重量をあげていきましょう。60g→80g→100gとできるだけ刻んでギリギリ着底がわかる重量にしていくのがコツです!

これはタイラバのヘッドが重いとそれだけタイに与える違和感が大きくなる為、できるだけオモリは小さくしておきましょうというのがポイントって事ですね。

各種パーツのカラー変更

それでも釣れない場合はラバーの部分(ネクタイ・スカート)の色や形を変えてしまうのも手です。動きやカラーが変わるだけで魚の反応が格段に変わる場合もある為、積極的に試してみて下さい。

トレーラーを使用してみる

また、トレーラーというものをつけるのも手です。トレーラーはフックに接続するワームの様なものです。魚にアピールする能力がある効果もあるのですがもう一つ効果があります。

トレーラーは鈎を浮き上がらせる効果が有りフッキング率を上昇させる効果があります!トレーラー自体が潮の抵抗を受けて浮き上がるので自然と鈎とスカートの距離が縮まり掛かり易くなるという事です(とりあえずアタリがあるけど掛からない場合などはつけてみて下さい)

大事なのはアワセない

そして大事なのはアタリがあってもアワセない。脊髄反射でアワセてしまうかもしれませんがここは我慢。巻き続けても勝手に掛かってくれますので!

アタリがあってから少し巻く速度を落としてあげるのもありです。

タイとのやり取り

うまく掛かれば慎重にやりとりしていきましょう。

細いラインを使用している為、リールのドラグ調整はマメに行って下さいね!

これらのポイントを抑えればタイは釣れるはずです。是非、皆様もチャレンジしてみて下さい!!

今回はここまでです。読んで頂いた方有難うございます( ´ ▽ ` )ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました