TwitterはこちらInstagramはこちら

ライトジギングの釣り方【ジギング入門】

釣り

今回はライトジギングについて紹介します。対象魚は多く比較的手軽に始める事ができ入門にも最適なジギングです。

スポンサーリンク

ライトジギングのターゲット

ライトジギングのターゲットは様々。小型の青物(ツバス・ハマチなど)やシーバス、根魚等たくさんの魚種が狙えます!

ライトジギングのタックル

仕掛けは全体的にこんな感じ。道具としては通常のジギングとほぼ同じです。違いとしては使うジグが重いか軽いかぐらいの差です。

ロッド

竿はジギングロッドでもライトジギング用とされているものでOKです。ライトジギングのメインは100g以下のジグでの釣りですので100g前後に対応しているロッドが丁度良いです。

リール

リールはスピニングリールであれば4000番程度のもの。

ベイトリールもOKです。ライトジギング用のモデルもでてますよー

PEライン・リーダー

PEラインは1〜2号くらいを200m巻いておけば十分です。

リーダーはフロロカーボンの6号〜8号程度を1.5m接続。

ジグ

ジグに関しては100g前後を用意しましょう。カラーに関してはバリエーションは持っておいた方が良いでしょう。

アシストフックについて

ジグには鈎が付属していないものが多い為、アシストフックを選ぶ必要があります。

これも対象魚によって変えます。細軸のものなら掛かりが良く、太軸であれば強度が強いです。ライトジギングの場合は小型の魚がターゲットになる事が多い為、細軸で良いでしょう。大型青物も視野に入っているのなら太軸を選びましょう。

フックのサイズ・アシストラインの長さ

フックの大きさはジグに対してアンバランスでなければそんなにシビアでなくてもいいです。大きいジグに小さすぎる鈎だったり、小さいジグに大きすぎる鈎だったり…

この辺りは感覚的な部分もあるので色々試してみて下さい。

また、アシストフックのラインには長さもあって目安としてはジグの3分の1くらいの所に鈎先がくる程度が丁度良いバランスです。

フックはフロント側でOK

基本的にはジグのフロント(頭)側にセットでOK。後ろ側には無くても良いです!これは捕食してくる魚は頭〜腹を目がけて捕食してくる性質があるからです。

鈎先の位置を3分の1にするのはこの理由と糸絡みなどのトラブル、ジグの動きなどを考慮した上のセッティングです。

ライトジギングの基本操作

ジグの操作ですが、ジャークとフォールが基本アクションです。

ジャークというのは竿を大きくあげてジグを動かす操作です。力強く動かす事でジグが跳ねますよ!フォールは竿を下げてジグをゆらゆら沈めていく操作です。

これらを上手に組み合わせていく事で魚にアピールします。

まずはワンピッチジャーク

まずはワンピッチジャークを覚えていきましょう( ´ ▽ ` )ノ

1回竿を上げて同時にリールのハンドルを1回転して竿を下げてというのを1セットでリズム良く繰り返していく。

これを最低限マスターしておけばジギングの基本操作はOKでしょう。

動かし続けるのもありですが時々竿を下げてフォールのアクションも混ぜていくとより良いです。フォールで食わせるタイミングを作る事でアタリが増加する事もありますので!

水中でのジグの動きをイメージしながら色々試していきましょう。

ライトジギングの紹介はここまでです。ジグの細かい選び方などはまた別記事で紹介していこうと思います。

ここまで読んで頂いた方有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました