TwitterはこちらInstagramはこちら

船カワハギの釣り方・誘い方【船カワハギ入門】

釣り

船カワハギの概要と仕掛けなどについては別記事で紹介しましたので今回は釣り方について解説していきます。

スポンサーリンク

カワハギの釣り方

ざっくりではありますが船からのカワハギ釣りの釣り方について解説していきます。初心者の方でもまずは1匹釣る事は難しくないですがポイントはしっかり抑えておきましょう。

基本は底狙い

まずはわかりやすい底からの釣りで攻めていきましょう!仕掛けを底まで落としたら糸がでていくのが止まりますのでまずは少しずつ仕掛けを動かしていきます。

竿を上げ下げして少し底から離してまた落とすを繰り返していきます。これだけでもカワハギは釣れます。

仕掛けはマメに操作する!

遊漁船では他の人の仕掛けがたくさん!カワハギの数も限られていますので他の人より速くカワハギのアタリを見分けて掛けていく必要があります。

ここで大事なのが仕掛けを動かし続けてカワハギにアピールしながらアタリを感知していく事!

仕掛けをアピールするにはまずはタタキという動作。速いピッチで竿を叩く様にゆすります。パシパシパシっと言った感じですかね。(いつか動画とります。)

そしてまた竿を上げ下げしてカワハギのアタリを感じる様にしていきます。

ただ、カワハギは遊泳力が高い魚ではありませんので仕掛けを動かす範囲が広すぎるとついてきません。

中オモリを操作する

大事なのが中オモリだけを操作するという動作です。メインのオモリは底につけたままで中オモリを支点に仕掛けだけを動かす操作ですね!

オモリを持ち上げない様にして竿を操作して仕掛けを動かして下さい。これで定点でのアピールができるはずです。

時々、仕掛けは底につけておき糸は張らず緩めずくらいで仕掛けを漂わせるゼロテンションと言われる動作もやってみましょう。

この動作を頻繁に行い、時々止めてまた繰り返す事などでアタリがでるはずです。

コツコツっといったアタリがあればすかさずアワセの動作に入って釣り上げましょう( ´ ▽ ` )ノ

釣れない場合は少し沖を狙う

それでも釣れない場合は少し沖に仕掛けを投げて広い範囲を同じ様に探ります。

足元でも投げても仕掛けは常に動かしておくイメージと時々、止めて喰わせるタイミングを作ってあげる動作を意識しておきましょう。

底以外の釣り(宙の釣り)

また、カワハギは底だけでなく少し浮いた層にいる場合もあります。この釣りの場合少し難易度が上がりますがやる事は一緒です。宙の釣りやレンジの釣りと言いますね。

まずは底から離してゆっくり上げ下げ、時々激しく叩いてなどを組み合わせて釣ります。

慣れるまでは難しいと思うのでまずは底の釣りを中心に組み立てていきましょう!

アタリがわかりにくいという方は、竿先に集中して竿をゆっくりあげる動作を行うと感覚が掴めてくると思います。

ざっくりですがこんな感じでカワハギは釣れるはずです。

釣れない時はチェック

その他釣れない時にチェックしておくべきなのは以下です

  • 鈎先は上を向いているか
  • 餌はマメに変えているか
  • 鈎のサイズはあっているか

などですね!

鈎の向き

鈎先は仕掛に対して上を向いているかどうかで掛かりやすさが変わってきます。

マメにチェックして交換などを行いましょう!

エサの有無

後は、餌が付いてないと釣りになりません!アタリが少ないと感じたらまず疑いましょう!!

鈎のサイズ

最後に、泳いでいるカワハギに対して大きすぎる鈎を使うともちろん掛かりません( ;∀;)ワンサイズ小さくするなど検討しましょう。

これらのポイントを抑えておけばカワハギが釣れるはずです。

他にももっとたくさんの技があって奥深い釣りですので、カワハギ名人目指して是非チャレンジしてみてください!!

以上が船のカワハギの釣り方でしたー

ここまで読んで頂いた方、有難うございます。

肝が食べたい〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました