TwitterはこちらInstagramはこちら

ヘラブナの釣り方【ヘラ釣り入門】

釣り

今回はヘラブナ釣りについて紹介していきます。玄人向きの釣りのイメージはあるかもしれませんが実は初心者でも十分に楽しめる要素もある釣りです。管理釣り場などを利用すれば魚とのコンタクトも多く退屈することは少ないでしょう。

スポンサーリンク

ヘラブナって?

日本全国の池や沼に生息するフナを一瞬です。フナの種類では体高が高く大型になる種です。引きは強くゲーム性も高いためヘラブナ釣りは古くから多くの人に親しまれています。

入門には管理釣り場がおすすめ!

ヘラブナの管理釣り場は比較的リーズナブルに長い時間楽しめる施設が多いです。魚は放流されていてたくさんいるので手軽に楽しめますしここで釣り方を覚えて野池などにチャレンジするのもいいでしょう!

道具のレンタルなども施設によってはあります。

ヘラブナの道具

ヘラブナ釣りに必要なアイテムを紹介します。とりあえず管理釣り場で釣りを始める場合にはたくさんの道具は必要ありません。

ヘラ竿

まずは竿です。ヘラブナの竿は1尺=30cmで規格が表されています。ポイントや水深によって竿の長さを変える必要があります。基本的に管理釣り場では近くのポイントで釣れるため、長い竿は必要なく基準として8尺〜10尺程度の竿であれば大体の施設に対応できます。

ウキ

様々な状況に対応するためにウキの浮力は様々なものを揃えておきましょう。入門にはセットがおすすめです。

仕掛け

仕掛けに関してもはじめのうちはセットの仕掛けで十分です。仕掛けが長い場合は竿の長さに合わせてカットしておきましょう。

ヘラエサ

水を混ぜて使用するエサです。様々な種類のエサが販売されていてそれぞれの特性があります。単品で扱い易いものがおすすめ。マルキューのパウダーベイトヘラは単品で手軽に使用可能で水分量の調整次第で様々な釣りに対応できるバランスの良いエサです。迷ったらコレでOK!

計量カップ・ボウル

エサを混ぜるためのボウルは必須です。100均などの洗面器なんかで十分です。笑

また正確な水分量を混ぜるため軽量カップがあると良いでしょう!

ヘラブナの釣り方

実際の釣り方を紹介していきます。上手に釣るコツを抑えておきましょう!

餌作り

ボウルと軽量カップを用いてエサを作っていきます。ヘラエサのパッケージの裏などに分量が記載されていますのでそちらを参考にして作っていきましょう!

エサ付け

できたヘラエサを鈎につけます。基本は団子状にして鈎は隠すようにつけます。鈎のチモトの部分は軽く締めておくとエサは抜けにくいです。

鈎が二本ある両ダンゴの仕掛けでは上の鈎にバラケ餌、下の鈎に食わせ餌が基本で食わせ餌は少し硬めに仕上げておくと良いです。エサの練り加減や水分量でエサの硬さが調整できます。

オモリの調整

少し難しいのは仕掛けのセッティングですね。板オモリを取り付けて仕掛けを水中に。板オモリは少しずつ切って重さを調整していきます。

ウキが沈む場合

ウキのトップが沈んでしまう場合は板オモリの重さが重すぎます。エサの重量を考えるとさらに沈んでしまうため板オモリを切って軽くしましょう。

ウキが寝る場合

ウキが寝る場合は仕掛けが軽い状態です。オモリを重たくしましょう。ウキのトップが少し出ているくらいでウキが立っている状態にしておくのが丁度良い調整です。

ウキトップの確認

餌をつけて仕掛けを投げ込むとウキのトップが少し沈むくらいの調整にできたらOK!そして餌はバラけて仕掛けの重量が軽くなっていくためジワジワと少しずつウキのトップが浮いていきます。

この浮いてくる過程でアタリをとっていくのがヘラブナ釣りの基本です。

アタリとアワセ

何度か餌を付け直して繰り返しているとこのウキが浮いてくる過程でツンっとウキが沈む瞬間があります。それがヘラブナのアタリなのでアワセましょう!このアワセが結構難しく掛からないことも多いと思います。

ヘラブナは餌を何度も吸って入って食べるため口に入れている時間が短いくアワセは早く鋭くしないと掛かりません。

アタリが判りにくい場合

ウキへのアタリは魚の活性や餌のタッチ(硬さ)によって強弱が変わってきます。餌のタッチはマメに変えてウキの反応を見ましょう!

やり取りは慎重に

細いハリスを使用するため無理なやり取りをするとハリス切れが起こります。腕を柔軟に使ってヘラブナの動きをコントロールしましょう。

ヘラの上ずり

長時間釣りをしていると魚が多く寄って次第にどんどん上に上がってくる「上ずり」という状態になります。これが起こると仕掛けが馴染む前にアタリが出たりして釣りづらくなるため、この状態の場合は比重の重たい硬いエサなどに変更して対策してあげる必要があります。

釣るのは簡単!極めるのは難しい

管理釣り場にたくさん泳いでいるヘラブナを釣ること自体は簡単です。ただ、周りより数を釣るのは非常に難しい釣りです。たくさん釣るためにはヘラの活性を常にイメージしていきながら動きをコントロールする必要があります。

とっても奥が深く楽しいですので是非やったことのない方はチャレンジしてみてください!今回はここまでです。読んで頂いた方有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました