TwitterはこちらInstagramはこちら

グレを釣る!〜グレ釣りの裏技【フカセ入門】〜

釣り

今回は磯でのフカセ釣りでグレが中々釣れない!という方に筆者おすすめの釣り方を紹介していきます。

今回は応用編にはなりますが別記事にて基本の道具や概要を紹介していますの是非こちらも参考にして下さい↓

  1. グレを釣る!【磯釣り入門】〜磯釣りって?〜
  2. グレを釣る!【磯釣り入門】〜道具編/磯竿とリール〜
  3. グレを釣る!【磯釣り入門】〜磯釣り仕掛け〜
  4. グレを釣る!【磯釣り入門】〜磯での釣り方〜
スポンサーリンク

釣れない時の裏技”沈め探り釣り”

グレ釣りの基本は抑えているはずなのに釣れない!そんな時に試して頂きたいのが「沈め探り釣り」という釣り方です。

筆者も釣れない時によくこの釣り方をするのですが実際釣果が上がる事は多いです。爆釣するという訳でもないですが広い範囲の魚にアプローチできますのでボウズ逃れの方法と言ったイメージです。

マスターすればきっと役に立つはず!

ウキを沈めて釣る!?

この釣りではウキを沈めて釣ってしまいます!

「ウキって浮かべるものじゃないの?」とか「ウキを沈めてアタリがわかるの?」と思われる方もいるかも知れません。この釣り方ではウキは沈めても釣れるし、アタリも道糸でしっかりとれる為ご安心を!

沈め探り釣りの特徴

この釣りのメリットとしては以下です

  • ウキを沈めて釣るので風や波の影響を受けにくい
  • ゆっくり沈めて行くのでいろんなタナを探る事ができる
  • 潮さえ動いているのであれば勝手に撒き餌と刺し餌が同調する
  • 沈めるタナによってはグレ以外の魚も狙いやすい(シマアジやイサキなど)
超美味しいシマアジも!

ただ、弱点もあります

  • 沈めて流していくのでどのタナでアタリがあるのかわかりずらい
  • 流しまくってアタリがない場合はかなり手返しが悪い
  • 餌がなくなったかどうかの判断が難しい
  • 潮が動いていないと成立しにくい

こんな感じの釣りですね。

沈め探り釣りの釣り方

この釣りでの釣り方を紹介していきます。基本の道具は普通のフカセ釣りの道具で構いません。

沈め探り釣りの仕掛け

では筆者が良く使う仕掛けの設定を紹介していきます。※潮流や風などで微調整は必要です。

まずウキの浮力ですがこちらは0号がおすすめ!状況によっては00号等も良いでしょう(00号は仕掛けが馴染めばウキ自体が沈んでいく浮力設定です)

ハリスの長さは2ヒロ(3m)で鈎は大き過ぎなければ何でも良いでしょう。(ハリスをかなり長めにとってより馴染み易くする釣りもあります)

ガン玉はG7を2つくらいかましたりします。※ガンダマに関しても流れの様子を見ながら都度調整していきます。

沈め探り釣りの操作

ではこの仕掛けの設定で操作をしていきましょう。まずは基本通り潮の流れに仕掛けを乗せていきます。仕掛けが馴染めばウキに力がかかり少しだけウキが沈む状態になります。

浮力はギリギリの設定にしておけばそのまま流していくとウキがさらに沈む、あるいはどんどん沈んでいく場所が見つかるかもしれません。

引き込まれる潮がチャンス

このような引き込む潮があればラッキー。撒き餌などもその潮に引き込まれているはずです。

そういう状態であれば撒き餌と魚がそのポイントに集まりやすいので引き込まれるコースをしっかり覚えましょう。

このポイントを見つける事ができればそのまま釣りをする場合でも狙い目にはなりますがウキがその潮に引っ張られてジワジワ沈むように浮力調整をすることで撒き餌との同調がさらにしやすくなります。

浮力の調整はつけているガン玉の重さをワンサイズ大きくするなどして対応していきましょう。

上手く潮に乗れば仕掛けは潮にどんどん引っ張られる状態になります。

道糸には手を添えておく

この状態の時、ベール上げ、道糸を張って手を添えておくことでパラパラと糸が出ていくのがわかります。

糸を出しすぎると流れから外れる場合もありますので手で少し抑えながら糸を送ってください。

これがゆっくり流れに乗って沈む

竿先は少し下げて水面の糸と竿先がノの字になっている状態にしておくとやりやすいです。

糸でアタリをとる

そのままパラリ、パラリ糸を送りながらゆっくり仕掛けを沈めいくとアタリがでるはずです!

糸を抑えている事で仕掛けにはある程度ハリができていてアタリは糸に伝わってきます。手で抑えていた糸が勢い良く出て行き竿を立てるだけで魚はかかります。この瞬間が滅茶苦茶気持ちいい!笑

ウキが見えなくてもアタリがわかるくらい明確に糸が出るので安心してください。

沖に出ていく潮がオススメ!

鳥は表層の流れの一つの目印です
あくまで表層だけですが

この釣りで最もわかりやすいのは自分の足元から沖に出て行く潮がある場合ですね!

撒き餌を撃ち、まっすぐ沖に投げて仕掛けを少し張って、また撒き餌をウキの周りに撃つ。

そのまま流れに乗せていけば釣れます。

流れに乗らない場合

糸が流れに乗って出ていかない場合は浮力の設定が間違えている、もしくはそもそも潮が動いていないか手前に向かっている。

仕掛けが絡んで戻ってくる場合はそういう状況なので仕掛けをいじるか釣り方を変更しましょう。

沈め探り釣りにおすすめのウキ

中には沈め探り釣り用のウキも出ているので試してみて下さい。

釣研のスーパーエキスパートUE0Cは自重が重く遠投がし易い、浮力の管理幅が他のウキと比較するとバラつきが少ない、パイプが大きめで糸の抜けが良いなど色んな点でおすすめのウキです。

0Cというのは00の浮力の中でさらに限定された浮力です。浮力は00ベースの為ガンダマを打ちすぎると沈み過ぎてしまう為ご注意を!

今回はここまでです。釣れない時の引き出しの一つとして是非試してみてください。

読んで頂いた方有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました