TwitterはこちらInstagramはこちら

【エギング入門】アオリイカを狙う|釣り方編

釣り

堤防からアオリイカを狙う方法として人気の釣り方のエギング。今回はエギングで釣るための知識や釣り方の基本操作について紹介していきます。

エギングに必要な道具やエギング自体については別の記事でまとめていますのでそちらもご確認下さい↓

スポンサーリンク

エギングのポイント

エギング ポイント

エギングではポイント選びもかなり重要な要素です。アオリイカの習性からどんな場所を好むのかイメージしておくと釣果に繋がりやすいです。

堤防

アオリイカ ポイント 堤防

外海に面していたり沖に出ている堤防は潮通しが良くアオリイカが回遊してきやすいポイントとなります。

アオリイカ ポイント 藻場

特に海藻が生えているような場所はアオリイカの産卵場所や子イカが育つ場所となります。海草が多く生育している場所は漁港以外でも好ポイントとなりますのでしっかりチェックしておきましょう。

墨跡を探そう!

アオリイカ 墨跡

墨跡がたくさんある場所はそれだけ沢山のアオリイカが釣れた証拠です。できるだけ墨跡が多い場所を足元を確認しながら探しましょう。

ミオ筋

漁港の出入り口でいわゆる船が通る筋のことをミオ筋と言います。港から船が出やすいように海底が深く掘られて溝があってカケアガリなどの地形変化となり好ポイントになります。

船が通る瞬間は危険なため絶対に投げないようにしましょう。

漁船周り

漁船周りもアオリイカが身を隠せる好ポイントです。特に秋の小型アオリイカが良くいるポイントです。

ロープなどには十分注意を払った上で狙ってみましょう。

夜は常夜灯周りも◎

夜間になると点灯する常夜灯周りもおすすめ。明かりにプランクトンが集まり、小魚も良く集まります。それを捕食しにアオリイカも回遊してくるので夜は積極的に狙うべきポイントです。

テトラ帯

エギング テトラ帯

テトラ帯は海中まで変化がある地形で海草と絡んでいると多くの生物が集まるポイントになります。

足元に気をつけながら狙ってみましょう。

エギング 磯

変化も多く、魚影も多いポイントです。釣り人が少ないため、イカのプレッシャーへの低く釣り易い個体が多くいます。

磯は滑りやすかったりと危険が特に多いため、スパイクシューズやフローティングベストは必ず装備してチャレンジしましょう!

エギングで釣れる時間帯・時期

エギング タイミング

エギングで狙うべき時間帯や時期を把握しておきましょう。かなり重要な要素ですのでしっかり覚えておいて下さい。

時間帯

エギング 時間帯

釣れる時間帯は朝と夕方が基本です。多くの釣りで共通して釣れる時間帯として知られていてエギングも例外ではありません。魚が活発に捕食活動をする時間でアオリイカも同様、活発に活動しまするため朝夕は積極的に狙っていきましょう。

また、夜もアオリイカの警戒心は薄くなるためおすすめです。美味しい時間としては

朝・夕>夜間>日中と行った感じです。

潮も大事

エギング 潮

海には潮の満ち引きがあり、周期的に小潮・中潮・大潮、1日の中で潮が満ちる満潮と引いていく干潮があります。

堤防からのエギングにおいては満潮のタイミングにアオリイカが最も岸に近づいてくる可能性が高いです(浅場であればあるほどこの影響は大きいです。)

したがって狙うべきタイミングとしては満潮の前後1〜2時間程度。中潮の終わり〜大潮のタイミングでは潮が良く動き魚の活性は上がりやすいのでそのあたりを狙ってみましょう。

アプリなどでも確認できます。
おすすめは「潮汐なび」

潮汐と朝夕のピークの時間が重なれば大チャンス。エリアによって効果的な潮が異なる場合もありますが基本は朝夕のタイミングで満潮前後(できれば大潮)が美味しい時間帯です。

時期

ポイントによっては季節感がないエリアもありますが、季節によるパターンを確認しておきましょう。

春アオリ

アオリイカの産卵期で大型の個体が浅場に近づいてきます。この親イカは個体数が多くなく狙うのは難しいですが大型を狙うならこの時期です。

エギング 夏
8月末に釣れたキロオーバー。大阪・岬町

7月から8月はほぼオフシーズンですが、産卵がまだの個体など大型を狙うこともできます。また、早く生まれた個体であればターゲットにもなる時期ですが個体は少ないため微妙な時期です。

大型狙いには遅すぎ、小型狙いには早すぎと行った時期ですが釣れないこともなく他のエギンガーも少ないため意外と狙い目の時期とも言えますが難易度はやはり高め。

秋アオリ

生まれたアオリイカが成長する時期です。個体数が多いのと積極的に餌を捕食しているため最も釣り易い時期です。数も釣れて楽しめるので入門には最適なシーズンと言えます。

冬アオリ
 関西では和歌山方面なら冬季も釣れる

水温が下がる日本海側では厳しい季節。本州や四国・九州では黒潮の影響で水温が安定するエリアであれば厳寒期でも釣果が望めます。

エギングの基本操作

エギングの基本操作について確認していきましょう。基本がしっかりできていれば1匹釣るまではそんなに遠くありません。

キャスト

垂らしは長めで遠心力を活かして投げましょう。腕の力だけで無理に投げても飛距離はそれほど出ません。

しっかり竿に重みを乗せて上手なタイミングでリリースしましょう。ロッドを前方に出して斜め上に45度くらいの角度であれば綺麗に飛んで行きます。

フォール

エギング サミング
着水後は指を軽く添えておく(サミング)

エギングをキャストして着水後は軽く糸フケをとってから沈める動作=フォールをさせていきます。この時リールのベールを空けておくとエギが沈むのと同時にラインが出ていきます。

糸の放出時に軽く指で抑えるサミングを行っておきます。糸の放出が止まるのが判り着底のタイミングやアタリを判断できますので習慣としてやっておくのをおすすめします。

シャクり(ジャーク)

着底後はエギを跳ね上げて誘う動作を行います。シャクる、ジャークするなどと呼ばれ、ロッドを勢い良く上方向に煽って、エギにアクションを伝える動作です。

1回ジャークする度に糸フケがでるため、ハンドル1回転分程度を同時に巻き取ってあげる必要があります。慣れるまでタイミングが難しいので練習しましょう。

基本の攻め方としては着底後に2~3回ジャークを行って、止めてエギをフォールさせる。この動作を繰り返して手前まで寄せて来たら再度キャストの繰り返しです。

アタリのとり方

こうすれば違和感は感じとりやすいっ!?かも。笑

エギングでのアタリはフォール動作中にでることが多いです。見分け方としてはラインが張ったり、フォール中に止まったりします。魚ほど明確なアタリではないため慣れるまでは判断が困難です。

フォール中にラインを軽く触っておくと違和感を感じ取り易くおすすめです。

やりとり

エギにアオリイカをかけることができればリールを一定の速度で巻き続けましょう。速すぎる速度で巻くと身切れなどでバラすリスクもあるので無理は禁物です。ドラグの調整もしっかり行いましょう。

イカ墨はなかなかとれません。

釣り上げた時にはイカの頭の向きに注意。そして勢い良く地面に落とさないようにしましょう。墨のサービスが待ち受けています。

適切なエギを選んで釣果アップ!

基本さえ理解していれば手軽にアオリイカを釣ることができます。ぜひ、本記事を参考にしてチャレンジしてみてください。おすすめは秋のシーズンにはじめるのが最も釣れる確率が高いのでぜひ秋にデビューしましょう。

今回紹介したのはあくまで基本のため、ジャークのパターンなどを変えてみたり自分にあったスタイルで色々試して行くと幅が広がっていきよりエギングを楽しむことができます。

また、ポイントや釣り方と同じくらいエギ選びも重要です。エギの選び方については別の記事で詳しく解説していきますのでぜひ、チェックしてください。

準備中

今回の記事は以上です。ここまで読んで頂いた方有り難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました