TwitterはこちらInstagramはこちら

中深海ジギングの釣り方【ジギング入門】

釣り

近年じわじわ拡がりつつある中深海ジギング。近海ではお目にかかれない高級魚もゲットできるのが魅力です。今回は中深海ジギングについて紹介。

スポンサーリンク

中深海ジギングって?

中深海の定義は難しいですが大体水深300m程のラインを指します。通常の重さのジグでは攻略しにくい為、300g程度の重めのジグと感度・操作性が良い細ラインを使用するのが一般的。

中深海で狙えるターゲット

アカムツ(ノドグロ)

中深海ジギングではアカムツ(ノドグロ)やキンメダイなどレアリティが高く美味しい魚が狙えます。釣りたてのノドグロが食べれる!!

その他にもクロムツ、チカメキントキやユメカサゴ、その他色んな深海の魚が釣れます。

ヒレナガユメタチ?変なタチウオです

見たこともない魚も釣れてドキドキの釣りです!

中深海ジギングのタックル

仕掛け全体はこんな感じです。通常のジギングと異なるのは細めのPEラインを長く巻いておく必要があるという事と深海用の重たいジグが操作できるロッドが必要というところです。

ロッド

ロッドは中深海専用のものか普通のジギングロッドも可です。

適正ウエイトは少々オーバーしてもバシバシとジャークして誘っていく訳ではないので200gくらいまで対応のジギングロッドでも可能です。

リール

リールに関してはベイトリールのPEライン1号〜1.2号辺りを600m以上巻けるのが条件ですので少し大きめのリールになると思います。シマノのオシアジガーは鉄板です。

ビギナーは電動リールもアリ!

正直慣れていない人が水深300mから重たいジグを回収したりするのってマジでしんどいです!笑

そんな方には電動リールがおすすめ。

ダイワ シーボーグ200の糸巻き量ならPEライン1号が約600m程入ります♪

シマノ フォースマスター 800ならPE1.2号が約600m巻けます。この辺りの電動リールがおすすめですよー

PEライン・リーダー

PEラインは伸びにくい”低伸度ライン”を選択しましょう。できるだけ伸びが少ない方が操作も伝わりやすく、アタリもわかりやすいです。

バークレイのファイヤーラインは伸び難く中深海界隈ではかなり人気です。

リーダーは6号ぐらいを接続し歯が鋭い魚が多ければその先にさらに太めの10号前後を接続します!

ジグ

ジグに関しては250g〜400gくらいまでが中深海対応の重さです。重さが軽過ぎると釣りが成立しない為、適切なウェイト選択を心がけましょう。目安は水深300mなら300g前後くらいでOKです。潮流の影響によって若干誤差がある為、できるだけ重さの選択肢は幅広く持っておきましょう。

中深海ジギングのフックセッティング

アシストフックは段差のフックをフロントとリアにセット!アシストラインはフロントとリアが接触しない程度の長さにしましょう。

魚を絡め取るイメージのセッティングが普通のジギングと少し違うところですね。

中深海ジギングの基本操作

さて、釣り方ですが普通のジグはガンガンジャークしていきますが中深海ではゆっくり大きくが基本動作になります。

グッと竿を持ち上げてストンと落とすイメージ。落とした時にジグがスライドする動きが発生し魚にアピールします!

そもそも中深海のジグは重たすぎてガンガン操作はできませんので注意。

違和感があればアワセ

アタリに関しては仕掛けとの距離がありすぎるので判りにくいアタリが多いです。違和感があればしっかりアワセていきましょう!

やり取りは慎重に!

魚が掛かればゆっくり一定で巻き続けます。深場からガンガン巻き上げてしまうと鈎穴が大きく広がってしまい抜けやすくなってしまいます!特にアカムツなどは口も弱く雑なやり取りをしてしまうと口切れでバラすリスクもあります。慎重さがコツです。

ドキドキで巻き上げてアカムツとかだったら最高ですね( ´ ▽ ` )ノ

釣りたてノドグロは最高!

新鮮なノドグロは中々市場でも出回りません。鮮度抜群のノドグロなんか贅沢にも程がありますね。

深海の高級魚を釣りたい方やちょっと違ったジギングをやってみたい方におすすめな釣りですので是非やってみて下さい。

以上が中深海ジギングの釣り方でした。ここまで読んで頂いた方有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました