TwitterはこちらInstagramはこちら

厳寒期でも釣れる青イソメメバリング【大阪・みさき公園裏】

エリア別釣行記事

釣りも快適とは言えないシーズンの2月。それでも釣果があれば楽しめるのが釣り人とうものです。

今回は寒い中、青イソメメバリングで色々釣ってみました!

スポンサーリンク

大阪・みさき公園裏へ

大阪の南、岬町に位置する人気ポイントです。突堤が数本あるのが特徴のポイント。春にはアオリイカの実績も高いポイントです。

青イソメでメバリング。笑

少し邪道ですが厳寒期の活性の低さ対策に活き餌でメバリングです。笑

喰い込みはワームと比較して良くなるので低活性時の少ないチャンスもモノにできます。

興味がある方は別記事で釣り方等をまとめましたので是非参考にして下さい↓

使用タックル

6ftのメバリングロッドと小型のスピニングリールにPE0.4号とリーダー2号のセッティング。青イソメに大物外道が掛かるリスクも考えて少し太めのセッティングです。

バスロッドで同じ釣法をした事もありますがアタリが弾かれまくるのでやっぱり専用ロッドがおすすめです。笑

青イソメメバリングには虫ヘッド

メバリングで使用する虫ヘッドは0.5gか強風時に1gを使用します。基本的には表層しか攻めないのでいつも軽めのジグヘッドを選択します。

オーナーの虫ヘッドは活き餌キーパーがついていて青イソメが外れにくくなっている専用設計。普通のジグヘッドでもできますが虫ヘッドの方が余計な青イソメのロスが少ないです。

表層ただ巻きで連続ヒット!

突堤の先端から斜め方向に投げてゆっくり竿を立てて巻き続けているとココンっとアタリが。

即アワセせずに竿が引き込まれるまで待ってヒット。

早速本命のメバルでした!

即アワセは我慢がコツ

青イソメメバリングの場合はイソメの先端だけ加えている場合も多いです。即アワセの結果、青イソメが千切れるだけという現象も多発する為、しっかり食い込むまではアワセを入れず巻き続けるのが良いです。

餌だから基本的に待てばしっかり喰い込んでくれます。

メバル以外も!

メバル以外にも青イソメは人気でした。良く走るなーと思ったらセイゴ。

少し沈めるとガシラも釣れました。

メバリングするなら凪の日がオススメ

この日も寒かったですが比較的穏やかな天候で釣りはし易かったです。通常のメバリングでも青イソメメバリングでも軽いリグを使用したいのでやっぱり凪の日が良いですね!

この日の釣果はメバルとセイゴ、ガシラ。結局寒くて1時間程の短時間釣行で済ませましたが十分楽しめました。

厳寒期でもアタリが出易い青イソメメバリング!試してみては如何でしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました