TwitterはこちらInstagramはこちら

【エギング入門】エギの選び方とおすすめのエギ

釣り

エギングでは釣り方やポイント選びも重要ですが適切なエギを選択するも同じくらい重要です。今回はエギの選び方と筆者のおすすめのエギを紹介していきますのでエギ選びの参考にして下さい。

道具や釣り方については別の記事でまとめていますのでそちらもチェックして下さいね↓

  1. 【エギング入門】アオリイカを狙う|道具編
  2. エギング入門】アオリイカを狙う|釣り方編
スポンサーリンク

エギについて

エギング エギ 選び方

イカを釣るために試行錯誤が繰り返され現在の形に辿りついたエギ(餌木)。布地のボディとイカを引っ掛けるカンナの部分がルアーとは一線を画する特徴です。

近年のエギング人気によってこのエギもサイズ、カラー、形状、沈下速度などバリエーションが多く、たくさんの種類が販売され選ぶのは大変。

そこで今回はエギング好きな筆者がエギを選ぶ際に判断している3つのポイントを以下で紹介していきます。ぜひ、参考にしてください。

エギの選び方1.号数

エギ 号数

号数はエギの大きさを指します。エギングで使用する号数の代表的なものとしては2.5号・3号・3.5号・4号が一般的です。基本的には号数が大きいほど大きく重たいエギという認識でOK!

サイズを使い分ける際のポイントとしては3点。

  • イカのサイズに合わせる
  • イカの反応に合わせる
  • 水深など釣り場に合わせる

それぞれ解説は以下で解説していきます。

イカのサイズに合わせる

アオリイカはシーズンによって個体サイズが変わる地域がほとんどです。イカは自分に対してサイズが大きいものを積極的には狙わないため、小さい個体を大きいエギで釣るのは困難になってきます。

エギはできるだけ大きい方がアピール力も高く多くの個体を誘い出すことができますが、上記の理由で小さい個体が多い時期は小さいエギを成長した個体がいれば大きいエギを使用していくというのがセオリーです。

イカの反応に合わせる

釣り場によってイカが普段捕食している餌のサイズは様々です。餌と近いサイズ感のエギを使用すると反応がより良くなる場合もあるためサイズのバリエーションは必要です。

水深など釣り場に合わせる

サイズが上がるほど重量が重たくなります。浅場ではすぐに着底してしまいイカにアピールする時間が限られたり、根掛かりが発生したりする場合もあります。

逆に深場で小さいエギを使用してもイカがいる層まで届くのに時間が掛かって手返しの悪い釣りにもなりますので釣り場の水深に合わせて適したサイズを選んでいくことも必要です。

潮流が速い場所でも同じように重量がないと釣り自体が成立しにくいので気をつけましょう。

どうしても小さいエギを使用したい場合はシンカーをつけるといった方法もおすすめです。

号数の目安

個人的には時期によるアオリイカのサイズに合わせて号数を決めることが多いです。

エリアによって個体の成長スピードも異なるため絶対ではありませんが、筆者が釣行している近畿圏では以下の使い分けで対応できます。

2.5号

小型サイズのエギは秋のアオリイカ向け。

8月後半から9月いっぱい頃までは小型のアオリイカが多いため、この号数中心で攻めましょう。他の時期でも喰い渋り対策に使用してみるのもアリ。

3.0号

秋アオリが大きくなってきた10月頃から12月頃までが目安。他の時期でもアオリイカが小さ過ぎなければ問題なく使用できます。

3.5号

10月後半から次の年の7月頃まで出番が多いサイズ。大きくなったアオリイカ用のサイズにはなりますが飛距離とアピール力が高くおすすめ。

ざっくりまとめると…
小さいイカは2.5号
ちょっと大きくなったら3.0号
春アオリなど大型は3.5号です。

エギの選び方2.タイプ

サイズが同じでもエギのタイプによって沈下速度が異なるタイプという設定がされています。通常のノーマルタイプに加えシャロータイプ、ディープタイプの3種類があります。

サイズ感は変えたくないけど釣り場の状況によって沈下速度を変えたい時に有効。それぞれ特徴を確認しておきましょう。

ノーマルタイプ

特に説明不要のノーマルタイプ。一般的な釣り場で多い水深3m〜5m程度のエリアであればどこでも使っていけます。

特にパッケージなどに記載がなければほとんどのエギはこのノーマルタイプに分類されます。

シャロータイプ(スーパーシャロー)

ノーマルタイプより沈下速度が遅くなるように設計されたのがシャロータイプ。水深が1mや2m程度の浅場で活躍できます。

また、沈下速度が遅いため、イカに対してゆっくりアピールすることができ活性が低い個体に効きます。

エギによってはシャロータイプ以上にゆっくり沈むスーパーシャロータイプやエクストラスローシンキングなどの規格もあります。こちらはさらなる浅場に有効ですがフォールが長い分手返しも悪くなるため、浅場以外での使用はあまりおすすめではありません。

ディープタイプ

ノーマルタイプより沈下速度が速く設計されているのがディープタイプです。重量が増え、飛距離も上がり、深場や潮流の速い場所でもしっかり沈むように設計されています。

深場や通常のエギでは流されるような潮流な速い場所、底を重点的に狙いたい場合に有効なタイプです。

エギの選び方3.カラー

エギ カラー

筆者の経験ではエギのカラーを変えた瞬間に釣れだしたシーンも多々ありますので、カラー選択次第でエギの反応はガラッと変わると思ってます。

エギのカラーは背中の色と下地(テープ)の色に分かれています。迷いがちなカラー選択ですがそれぞれ適切に選ぶことで釣果に繋がるのでしっかり確認していきましょう。

背の色

アオリイカにアピールするのに重要な役割をします。潮の色に合わせて有効なカラーが異なります。

青・緑などのナチュラルカラー

潮の透明度が高い時は上記のカラーを選びましょう。透明度が高く、アオリイカからも良く見えるため、できるだけナチュラルなものの方が見切られにくくなります。

ピンク・オレンジなどのアピールカラー

少し濁り気味の時や薄暗い時間などは派手めのピンクやオレンジがおすすめ。アピール力が高く水中でも見えやすい色です。

薄暗い時間=釣れやすい時間である朝夕や曇り時のため、結構出番が多く定番のカラーともいえます。

赤・紫

赤や紫などの濃い色はアピール力は低いですが、シルエットがハッキリ出るカラーです。濁りが強い時や夜間に威力を発揮するカラーです。

下地(テープ)

ヤマシタHP

エギの下地の色もバリエーションは豊富です。テープのカラーによって適切な使い所もあるため確認しておきましょう。

金・銀・ホロ

光が当たるとキラッと光るカラー。つまりアピール力は高めです。日中に使用するとフラッシング効果が高くイカにアピールできますので日中、特に晴天の時に使用するのがおすすめです。

ピンク・オレンジ・虹

アピール力を持ちつつシルエットがハッキリするカラーです。特に虹テープは様々な色の性質をもつため迷ったら虹テープを選んでみてください。

赤・紫

暗い中でもシルエットがハッキリでるカラーです。特に赤テープは夜間のエギングでの実績が高いのでナイトエギング中心の方は赤テープを選びましょう。

おすすめのエギ「ダートマックス 」・「エギ王K」

エギ王K ダートマックス

カラーの選び方がわかったところで筆者が個人的にお気に入りのエギを紹介しておきます。以下紹介する2種はほんとに良く釣れるのでぜひ試してみてください。

【マルキュー】ダートマックス

ダートマックス  エギ

アイが上部についているエギで軽いロッド操作で誰でも簡単にアクションを引き出すことができます。キレのあるダートでアピール力も高いため、スレていない秋アオリなどに良く使用しています。

また、このエギはボディ後方に浮力があるためイカが抱きやすい姿勢を常に維持してくれます。

良く飛んでカーボン製のカンナも掛かりが抜群とトータルバランスも良いです。

以下でおすすめカラーをざっと紹介!

ダートマックス  パープル

万能な「パープルボーダーパープル」。どんな時でもアオリイカの反応が得られるオールラウンドカラー

ダートマックス  アジ

日中で高いアピール力を発揮するアジカラー。ヤエンより釣った記憶もあります。

ダートマックス  レッドパープル

ナイトエギングでは赤テープ系が最強です。

浅場は苦手

ダートマックスは3号で3秒/m、3.5号で2.7秒/mの沈下速度で結構速めです。

水深1mや2mの浅場ではアピール時間が少なすぎるため扱いにくくなります。2.5号なら問題なく使用できます。

ヤマリア(ヤマシタ)エギ王Kシリーズ

エギ王K

ロングセラーのエギ王Kシリーズもおすすめ。

ボディ後方部についたハイドロフィンに夜安定したフォール姿勢と大きすぎないダートが低活性時や警戒心の高い春アオリ狙いに有効。

シャロータイプ、スーパーシャロー、シャローリーフスペシャル、黒潮スペシャルと豊富なバリエーションも魅力です。

個人的に実績ありでおすすめのをそれぞれ紹介していきます。

シャロータイプ(スーパーシャロー)

エギ王K シャロー

浅場やよりゆっくり誘いたい時に有効のシャロータイプ。水深2m程度の場所であればシャロー、それ以上の浅場であればスーパーシャローがおすすめ。

黒潮スペシャル

エギ王K 黒潮スペシャル

ドット発光するテープで深場や夜間に有効なモデル。独特のアピール力でスレているイカにも有効です。

シャローリーフスペシャル

エギ王 シャローリーフスペシャル

キラタフコート採用で布の強度とアピール力がアップしたモデルです。浅場かつ布の破れが生じやすい磯などでの使用におすすめ。

適切なエギを選択してたくさん釣ろう!

エギ選択がうまくできるようになればそれだけ色んな状況に対応できるようになり釣果に繋がります。ぜひ、色々と試してみて下さい。

今回の記事はここまでです。読んで頂き有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました