TwitterはこちらInstagramはこちら

リールのあれこれ〜スピニングリール編〜

釣り

釣りにおいて大事な道具のひとつである「リール」

糸を巻く、魚とやり取りする為に必要なアイテムです。今回は初歩的なお話ですがリールの中でもスピニングリールの構造や基本的な使い方について簡単に紹介していきます。是非、参考にしてください。

スポンサーリンク

スピニングリールについて

スピニングリール

リールの種類を大別するとスピニングリールとベイトリールに分けることができます。スピニングリールは多くの釣り人が使用するポピュラーなリールです。まずは各部分をみていきましょう。

ハンドル・ハンドルノブ

スピニングリール ハンドルノブ

まずは”ハンドル”および”ハンドルノブ”です。ハンドルが一回転することでリール(ベール)が回り糸をスプールに収納していきます。ハンドルノブは持ち手の部分です。

シングルハンドルとダブルハンドル

ハンドルにはシングルハンドル、ダブルハンドルと言う種類があります。ハンドルノブが1つか2つかの違いです。

使い分けとして簡単にまとめるとシングルハンドルは

  • ダブルハンドルより軽い
  • 巻き取りが楽

ダブルハンドルは以下

  • シングルハンドルより重い
  • 安定した巻き取り
  • 手元を見なくてもノブが掴みやすい

ざっくりとこんな感じです。それぞれのメリットとデメリットに関しては話が長くなるのでまた別記事で詳しく解説していきます。初心者の方はこだわらないのであればひとまずはシングルハンドルで十分です。

リールフット

スピニングリール リールフット

竿に取り付けする部分。リールのサイズが違えど大体のリールは釣り竿に取り付け可ですのでご心配なく。

ラインストッパー

スピニングリール ラインストッパー

糸の端を引っ掛けて止めておく部位です。

逆転ストッパー

スピニングリール 逆転ストッパー

”逆転ストッパー”はローターの逆転をON/OFFで切り替える事ができます。最近はこの無いリールも多く逆転しない仕様になっているものもありますね。

ベール・ローター

スピニングリール ベール

ベールは糸を巻き取るために必要な部位です。この部位を上げると糸が放出される様になりますので投げる時はベールを上げましょう。倒すと糸が掛かり巻き取る事ができる様になります。

ベールの土台部分がローターでハンドルを回すとローターとベールが回転して糸を巻き取ります。

ラインローラー

スピニングリール ラインローラー

ラインローラー部分に糸が引っかかります。

ドラグノブ

スプールを固定している上部のつまみがドラグノブです。ドラグの強弱を調整する部分です。時計回しでドラグが締まります。

ドラグって?

そもそもドラグって?という方へ。ドラグというのは糸が切れるのを防止する為の機能です。ドラグを弱くするとスプールが回って糸が出ていきます。強くするとスプールが固定され引っ張っても糸が出なくなります。

ドラグの調整をしっかりする事で糸に負担をかけ過ぎずに魚とも上手にやり取りする事ができます。

目安は強く引っ張った時に糸が出ていくくらいです。釣りをしながら調整していきましょう!

リールの表記

リールのスペックはたくさん情報があって良く判らない方も多いと思いますのでそれぞれ解説していきます。

外箱やカタログ、HPに記載されているスペックを元にどういったリールか判断して購入時の参考にしておけば失敗することも少ないですよ!

型番

上記の外箱でC3000HGSDHと記載されていますがこれはいわゆる型番です。もっと単純にC3000と記載されているものもありますが意味合いとしてはリールのサイズです。数字が大きいほど大きいサイズのリールです。

大きいリールほど太い糸が巻ける、巻き取り力が強い、リールが重たくなるという認識で良いでしょう。

後ろのアルファベットは?

後に続くHGというのはハイギアモデルでギア比のタイプを示し、Sはシャロースプールというスプールのタイプ、DHというのはダブルハンドルのモデルという意味です。

ギア比

ギア比というのはハンドル1回転に対してどれだけローターが回るかという表記です。つまりギア比が高いほどハンドル1回転で多くの糸が巻き取れます。

HG=ハイギアは普通のリールに比べて速く巻けるイメージでOKでしょう。記載が特にない場合はノーマルギアでPGと記載されていればパワーギア(ローギア)となります。

 HGとPG

HGとPGは釣りによって活躍の場は異なります。HGは速く巻き取りはできますがその回転時は巻き取りの重さがあります。逆にPGは巻き取りは軽いですがその分たくさんハンドルを回す必要があります。

ショアジギングなど遠投かつ速く巻く動作が多い釣りはHGで、スローに巻くタイラバやメバリングなどはPGが向いています。

ドラグ力

スピニングリール

ガチガチにドラグを締めた時に何キロの力で引っ張れば糸が出ていくかという表記です。弱すぎると大きい魚とやり取りすると簡単に糸を出され続けるため、対象魚に合ったリールを選びましょう!

ただ、実際の釣りはドラグ力だけで決まる訳でもないのでそこまで深く考える必要はないです。

自重

その名の通りリールの重さです。安価なリールは重たいものも多い( ;∀;)

ボールベアリング

ボールベアリングというのはリールの回転を良くするパーツでリールの各部に入っています。高いリールには多く入っている傾向です。ただ、ベアリング数が多ければ必ずしもいいリールという訳ではないのでご注意を!

最大巻上長

ハンドル1回転あたりで巻き取りができる糸の長さです。ギア比とスプールの大きさ(直径)で変化する数値です。

糸巻量

スプールに糸がどれだけ入るかの表記です。対象魚によってどの太さの糸がどれだけ必要かを加味した上でリールを選ばないと最悪釣りに使えないので注意してください。

スプールのタイプ

スプールのサイズはリールの大きさに比例するのですがPEラインの普及によりスプールのサイズも細分化されてきました。シャロースプールというのは普通より浅いタイプの溝で細糸用です。

他にもミディアムスプールなどもあります。リールに特に記載がない場合は深溝のタイプでナイロンラインや太めの糸を使用することを想定しています。糸巻き量もチェックして判断していきましょう。

スピニングリールのメリット

スピニングリール

スピニングリールの構造などについて細かく紹介してきましたがここでスピニングリールの強みについて簡単にみていきましょう。

誰でも簡単に使用できる

ベイトリールのようにバックラッシュがなくキャストしやすいため誰でも簡単に使用できます。釣りを始めるならまずはスピニングリールから。

軽いものが投げやすい

糸が出ていく時の抵抗が構造上少ないため重量が軽いものでも投げることができます。

ハンドルが左右付け替え可能

ハンドルの左右は簡単に付け替えが可能です。利き腕が異なる友達に貸すのに便利です。笑

スピニングリールのデメリット

スピニングリール

簡単に使えるスピニングリールですがデメリットも存在します。使用上の注意点を把握しておきましょう。

巻き取り力が弱い

スピニングリール

ベイトリールと比較すると巻き取り力が弱いです。ハンドルが縦回転に対して横方向に糸を巻き取っていくためパワーロスが発生します。深場や重たい仕掛けを扱う際は不利になってきます。

小型のスピニングは太糸と相性が悪い

リールに糸を巻き取る際に構造上糸ヨレが発生しやすく癖もつきやすいです。太い糸は特に癖がつき易くトラブルが発生し易いです。

リールのメンテナンス

使用後はできるだけ早めに流水で洗い流します(お湯はリールのオイルやグリスを流してしまうのでNG)。この時はドラグをできるだけ締めて洗います。ラインローラーは特に海水が溜まりやすい部分は入念に洗いましょう。

洗浄後はドラグを緩めて日陰の風通しの良い場所で乾燥させて終わり。これだけでかなり長持ちします。

メンテナンスオイル

リールのメンテナンスオイルも販売されていますが正しく使えないと逆効果の場合もあります。説明書を良く読んで自信がない方は素直にメーカーにメンテナンス出しましょう。

まずはスピニングリールから

初心者さんはトラブルが少ないスピニングリールから使うのがおすすめです。ただ、釣りの種類によってはベイトリールの方が有利な場合もありますのでどのような釣りをするかしっかり考えて選びましょう!

ベイトリールについては別の記事でまとめていますのでそちらも参考にして下さいね↓

ちょっと細かく長ったらしくなりましたが以上スピニングリールの説明でした。ここまで読んで頂いて有難うございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました