TwitterはこちらInstagramはこちら

釣り糸の種類

釣り

今回は釣り方ではなく釣り糸に関して紹介していきます。

ナイロン、フロロ、PE、エステルなどと釣り糸の種類は実に様々。何が違うのかわからないという方に向けてそれぞれの特性などを解説していきます。

スポンサーリンク

釣り糸の素材

釣り糸の種類は大別すると以下3種類。

  • ナイロンライン
  • フロロカーボンライン
  • PEライン

それぞれ素材によって特性が異なるメリットデメリットが存在します。以下で特徴を見ていきましょう。

ナイロンライン

最も一般的なナイロン製のラインです。低価格で初心者の方でも扱い易く様々な釣りで多く使われています。

ナイロンラインの特性

ナイロンラインの特徴をそれぞれ確認していきましょう。

ライントラブルが少ない

しなやかですがある程度コシがある為、ヨレにくくほどき易い特徴があります。

低価格

ラインの中では最も低価格ですので買い替え等が容易です。

伸びる

メリットともデメリット共言える特性です。伸びる為衝撃を吸収する効果が高く突発的な引きによる糸が切れたりするリスクが少ないです。一方、伸びる為感度が悪くルアーなどではアクションがつけ難い弱点があります。

劣化が早い

ナイロンラインの注意しておくべき特性です。吸水性がある為一度でも水をにつけて使用すると劣化が始まってしまいます。長期間に新品時と比較すると強度はどんどん落ちていく為、長期間使用していない場合でもしばらく交換していないラインは交換しておく必要があります。

フロロカーボン

ナイロンと比較すると硬い素材のフロロカーボン。ハリスとしても使用されている素材です。

フロロカーボンの特性

フロロカーボンのメリットやデメリットは以下です。

根ズレに強い

硬い材質の為、擦れに強く障害物周りを攻めるのに有効です。

伸びが少ない

硬く伸び難い材質で感度が良いメリットと伸びない事で瞬間的な力に弱いデメリットがあります。

水中で目立ちにくい

ナイロンラインと比較すると水中に存在した時の光の反射が異なります。ナイロンは光に対して反射しますが、フロロカーボンは透過性が高く水中では目立ちにくく魚に違和感を与え難い特性があります。

コシが強い

硬い素材の為、コシが強くクセがつき易いデメリットがあります。この為、ライントラブルなどは起こり易いラインと言えます。

沈みやすい

ラインに浮力が少なく沈み易い特徴があります。仕掛けを沈めたりし易く風や波の影響を受けにくくできますが反面ライン操作がし辛くなります。

劣化しにくい

ナイロンと比較すると吸水率は低く劣化し難い為強度は落ち難いです。しかしながらクセもつき易く全く劣化しない訳でもないのでこちらもマメに交換する方が無難です。白く濁ってきた場合は劣化しているので交換の目安としましょう。

PEライン

近年は低価格化が進み様々な釣りで使用される様になったラインです。主にルアーフィッシングや船釣りとかで多く使用されているラインです。

PEラインの特性

PEラインは細い繊維を撚り合わせて作られた糸です。メリットも多いですが注意点も多々あるので確認しておきましょう。

伸びが少なく感度が良い

フロロカーボン以上に伸びが少なく感度がとても良く、ルアーなどにも力が伝わり易い為、アクションさせ易いです。

直線強度がとても高い

直線強度はとても強くナイロンラインの3倍程度と言われています。強度が高い為、より細いラインを使用できます。細いラインを使用するメリットとしては

  • 感度が上がる
  • 飛距離が伸びる
  • 潮流などの影響を受け難い   など

と強度が高いラインを使用できるメリットはかなりあります。

障害物などの擦れに弱い

細い糸をより合わせて作られている為、ちょっとした擦れで傷がいってしまいラインブレイクに繋がり易いデメリットがあります。障害物や魚のヒレや歯などは注意が必要です。

糸が軽く、風などに弱い

糸が軽く水に浮く性質がある為、軽い仕掛けを使用している時などは風の影響を受けて流されたりし易い弱点があります。

結束部が弱い

結束強度が弱くPEライン単体で結ぶと結束部分が切れやすいです。また結び方次第では材質上滑ってしっかり止まらないという扱いにくい部分もあります。PEラインは結束部が非常に弱い為、リーダーを用いてその弱点を補ってあげる必要があります。

PEラインにはリーダーが必須

前述した通りPEラインにリーダーは必須です。PEラインの先端にフロロカーボン(ナイロン)の糸をリーダーとして1m~2m程接続します。リーダーは基本フロロカーボン主流。

PEラインの結び方

簡単な電車結び

この際の結び方にも注意が必要です。筆者個人的には”電車結び”が最も簡単で接続し易いですがこの結び方ではPEラインの強度の半分程度しか引き出せない様な結び方になります。

編み込んで止めるFGノット

PEラインの強度を引き出す結び方としては”FGノット”、”PRノット”がおすすめです。どちらの結び方も少し複雑ですがFGノットが比較的マスターし易い為、まずはFGノットをマスターしましょう。検索するとたくさん出てきます。

ラインの特性を理解して使い分けを!

紹介してきたようにラインの素材によって様々な特性があります。それぞれ目的にあったラインを使い分ける事で釣果に繋がりますので是非最適なラインを見つけて下さい。

今回の記事はここまでです。読んで頂いてありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました