TwitterはこちらInstagramはこちら

リールのあれこれ〜ベイトリール編〜

釣り

今回はベイトリールについてお話していきます。ちょっと初歩的なお話にはなりますがまだベイトリールを使ったことがない方などは是非参考にして頂けると幸いです。

スピニングリールについても別記事でまとめていますのでこちらも是非参考にして下さい↓

スポンサーリンク

ベイトリールについて

ベイトリール 機能

ベイトリールについて解説。まずは各部の名称や役割などを確認していきましょう。

ハンドル・ハンドルノブ

この部分はスピニングリールとあまり変わりません。シングルハンドルは巻き上げが楽、ダブルハンドルは細かいとピッチで安定して巻き易いなどのメリットがあります。

釣りの種類によって最適なものは異なります。

ドラグ

ベイトリール ドラグ
スタードラグとも言います

ハンドル側に付属している星型?のつまみみたいな部分がドラグです。こちらを締めることでドラグが強くなりますし、緩める事で弱くなります。魚とのやり取り時はこの部分で負荷を調整します。

スプール

ベイトリール スプール

スプールに糸が巻かれていきます。スピニングリールと異なるのはハンドルを回すとスプール自体が回って糸を巻き取りスプール自体が逆転することで糸が放出されます。

レベルワインダー

ベイトリール レベルワインダー

レベルワインダーに糸を通して使用します。ハンドルの回転と共に左右に動いてくれる事で糸を左右に綺麗に割り振って巻き取り時の偏りを無くします。

クラッチレバー

ベイトリール クラッチ

クラッチレバーをカチッと押す事でスプールが逆転し糸が出ていくようになります。投げる時にはクラッチを押して下ろしましょう。

巻き取り時はクラッチを上げます。ハンドルを巻くことでクラッチは上がってくれます。

メカニカルブレーキノブ

ベイトリール メカニカルブレーキ
丸い部分です

糸の出ていく速度を調整することができます。言い換えるとスプールの回転を制御するブレーキ力を調整できます。ここを調整することで投げた時や仕掛けを落とした時の糸の出具合を調整します。

バックラッシュに注意!

ベイトリール特有の構造としてスプールが回転して糸を放出します。この時メカニカルブレーキの調整ができていないと糸が出ていく速度よりもスプールが回転する速度上回る「バックラッシュ」という現象が発生します。

ラインがぐちゃぐちゃになってしまうためメカニカルブレーキの調整が大事です。

イメージしにくい人はトイレットペーパーを抑えずに思いっきり引っ張ってみてください。
紙がロールに巻き込まれていきます。

リールフット

ベイトリール リールフット

説明は不要な部分かと思いますが一応。竿に取り付ける部分です。リールが上側(自分側)にあるのが正しい取付です。

ベイトリールのメリット

ベイトリール

構造を踏まえた上でベイトリールを使用することによるメリットを解説していきます。

巻き取る力が強い

スピニングリールと異なるのはハンドルを回すとスプールが同じように縦方向に回転してくれます。このため力のロスが少なく巻き取る力が強いです。

コントロールが容易

リールが上向きにあることで重心が安定しキャスト時のブレが少ないのと、スプールが常に指で抑えられる状態とため狙った位置に落とし易くコントロールが容易です。

仕掛けを落とす動作が楽

親指でクラッチを下げるだけで糸をだすことができるため非常に楽です。船釣りや穴釣りなど縦方向にする釣りでは手返しが良くなり有り難みを感じます。

フォール中のアタリが判りやすい

こちらは主に船釣りでのメリットですがスプールが回転して仕掛けが落ちていくため、フォール中魚のアタリがあるとスプールが止まったりするためとてもアタリが判りやすいです。

ベイトリールのデメリット

ベイトリール

デメリットもあります。使用方法などで改善される部分もありますので是非参考にして下さい。

バックラッシュ

先にもお話しましたがベイトリール最大の敵はバックラッシュです。構造上100%防ぐことは難しいです。

バックラッシュを防ぐ方法

バックラッシュを防ぐには腕の力で全力で投げようとしないことです。7割くらいの力で投げるくらいがコツです。

メカニカルブレーキも調整しましょう。重たいルアーなら強めのブレーキ設定、軽いルアーならその逆です。

ルアーが着水する前にはサミングでスプールを抑えるようにしておくのも超重要です。

軽いルアーは投げにくい

スプールが回転してラインが出ていく構造のため、キャスト時は抵抗が大きく軽いルアーは投げにくいです。

軽いルアーに対応するベイトリール

BFS=ベイトフィネスリールはスプールの軽量化やブレーキの改良がされていてかなり軽い重量のルアーでもキャストできるようになっています。

渓流釣りやライトソルトの場合はベイトフィネスモデルを選びましょう!

ベイトリールのメンテナンス

使用後はできるだけ早めに流水で洗い流します(お湯はリールのオイルやグリスを流してしまうのでNG)。この時はドラグをできるだけ締めてハンドルやスプールを回しながら洗います。海水が溜まりやすい部分は入念に洗いましょう。

洗浄後はドラグを緩めて日陰の風通しの良い場所で乾燥させて終わり。これだけでかなり長持ちします。

メンテナンスオイル

リールのメンテナンスオイルも販売されていますが正しく使えないと逆効果の場合もあります。説明書を良く読んで自信がない方は素直にメーカーにメンテナンス出しましょう。

今回はここまでです。読んで頂いた方有難うございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました